145件中 51 - 60件表示
  • 引退試合

    引退試合から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    これらのことを受け2017年シーズン途中から、引退試合を行う選手に限って現在登録している選手を抹消せず1日限定で出場登録選手の枠を超えて登録が可能となる特例措置が導入された。この特例により引退試合を行う選手は1試合に限り28人の出場登録選手の枠を超えて登録することが可能となる。登録できる選手の数に制限はないが、試合でベンチ入りできる選手は25人で変わらない。またこの登録をされた選手は次の日に自動的に登録抹消となりその後はクライマックスシリーズを含めたリーグ公式戦終了まで登録できなくなる。ただしこの制度を適用しない日本選手権シリーズでは登録可能となる。また登録後当該試合が中止となった場合は球団が指定する日に再び登録することが出来る。2017年9月24日に引退試合を行う井口資仁(千葉ロッテ)、及び森野将彦(中日)が、この制度の最初の適用者になった(出場選手登録の頁を併せて参照)。なお引退試合はあくまでもセレモニーであり、この特例を使用しなかった場合、任意引退等の公示がなされない間はその試合後も選手として出場することは差し支えない。こういった選手の場合、引退試合では胴上げを行わずCSあるいは日本シリーズの全日程終了後(あるいは敗退決定後)に、改めて引退の胴上げを行ったケースもある(一例として、小久保裕紀[ソフトバンク。2012年]、稲葉篤紀及び金子誠[北海道日本ハム。2014年]などが該当)。引退試合 フレッシュアイペディアより)

  • 初打席本塁打

    初打席本塁打から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    日本プロ野球(NPB)では61人の選手(うち24人は外国人選手)によって達成されている。この中で通算最多本塁打は稲葉篤紀の261本である。高木守道が日本野球殿堂と名球会入りの両方を唯一果たしており、他に名球会入りしているのは駒田徳広と稲葉である。初打席本塁打 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    10月15日 - 【国際】NPBは代表チームのコーチ陣を発表。ヘッドコーチに奈良原浩、投手コーチに鹿取義隆、打撃コーチに稲葉篤紀とアマチュア日本代表の小島啓民、バッテリーコーチに矢野燿大、内野守備走塁コーチに仁志敏久、外野守備走塁コーチに村松有人がそれぞれ就任。2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 川島慶三

    川島慶三から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    初出場:2006年4月2日、対オリックス・バファローズ3回戦(大阪ドーム)、7回表に稲葉篤紀の代打で出場川島慶三 フレッシュアイペディアより)

  • トレイ・ヒルマン

    トレイ・ヒルマンから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2007年の日本シリーズ開幕直前にロイヤルズで入団会見を行ったことについてはファンはもとより中心選手の森本稀哲や稲葉篤紀からも批判の声が挙がった他、ヒルマンを評価していた野村克也や豊田泰光からも「敵前逃亡に等しい行為」と酷評された。一時の帰国がロイヤルズの監督就任の口実だったことが分かると、チーム内には白けた空気が漂ったという。トレイ・ヒルマン フレッシュアイペディアより)

  • マイカ・ホフパワー

    マイカ・ホフパワーから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    一塁と外野両翼を守ることができるが、守備はいまいちで守備防御点やUZRでも平均以下の数値が残っている。しかし、送球の捕球能力は非常に高く、ワンバウンド送球を後ろに逸らすことはポジションを争う稲葉篤紀と比べ非常に少ない。マイカ・ホフパワー フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の野球

    2001年の野球から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    ヤクルトの稲葉篤紀が対巨人戦(神宮)の9回裏に條辺剛からサヨナラ満塁本塁打、セ・リーグ史上26度目。2001年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    9月2日 - 日本ハムの稲葉篤紀が今季限りでの現役引退を表明2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2017 アジア プロ野球チャンピオンシップ 日本代表

    2017 アジア プロ野球チャンピオンシップ 日本代表から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    7月31日 - 代表監督に稲葉篤紀が就任し、都内で記者会見が行われた。2017 アジア プロ野球チャンピオンシップ 日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 王柏融

    王柏融から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    オフの10月11日に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップのチャイニーズタイペイ代表に選出された。侍ジャパン・トップチームの稲葉篤紀監督はロッテとの練習試合では不振に陥った王への内角攻めを宣言し、当大会にて王の打率は四割未満の三割三分三厘に抑えられる結果となったが、ベストナインの外野手部門で選出された。王柏融 フレッシュアイペディアより)

145件中 51 - 60件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード