145件中 81 - 90件表示
  • 2013年のラジオ (日本)

    2013年のラジオ (日本)から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    文化放送 新春ビッグ対談「宮本慎也・稲葉篤紀 僕らのベースボール」(14:30)2013年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤真一

    佐藤真一から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2002年はキャンプ・オープン戦も二軍で過ごしたが、前年3番をつとめた稲葉篤紀が安定感に乏しく、5月に1軍に登録されると、6月には一時的に3番としてスタメンに返り咲いた。際立った成績は残せなかったものの、以降もセンターが手薄だったことから、強肩を期待されてたびたび起用されている。佐藤真一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一久

    石井一久から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    、8月7日、対ソフトバンク戦で通算2000奪三振を達成(プロ野球20人目)。記録達成に要した投球回数は1967回2/3であり、これまでの最速記録保持者であった江夏豊を超えるプロ野球最速記録となった。しかし、シーズンでは6勝、防御率4.31と先発ではあまり結果を残すことができず、シーズン終盤にはリリーフに回った。リリーフでは安定感を見せ、特にクライマックスシリーズファーストステージ第2戦では、8回無死一、三塁から西口文也をリリーフして、糸井嘉男、小谷野栄一、稲葉篤紀を完璧に抑え、日本シリーズ第1戦の石井一久との投げ合いからこれまでポストシーズンで勝ち星のなかった西口のポストシーズン初勝利とチームのクライマックスシリーズファイナルステージ進出に貢献した。石井一久 フレッシュアイペディアより)

  • 応援歌

    応援歌から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    「チャンス法政」(法政大学応援団創作)→(高校野球の応援を中心に流用が多く、プロ野球でも法政大出身のロッテ・島田茂、ヤクルト・稲葉篤紀の個人応援歌に用いられた)応援歌 フレッシュアイペディアより)

  • FFFFF

    FFFFFから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    2013年12月30日は13時55分から95分の年末スペシャルを放送。球団北海道移転10周年を記念しての現役選手(稲葉篤紀・金子誠・中嶋聡)とOB(岩本勉・立石尚行・坪井智哉・金村暁)に分かれてのスペシャルトーク、木佐貫洋の江差線の旅、岩本と斎藤佑樹の対談インタビュー、宮西尚生の1日AD体験が放送された。FFFFF フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木秀範

    鈴木秀範から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    高校卒業後は、法政大学へ進学し野球部に入部する。4番打者として田淵幸一・小早川毅彦に次ぐ通算11本塁打を記録し、1992年春季リーグ戦においてはシーズン記録の10二塁打を記録。これは未だに破られていない。2年後輩の稲葉篤紀と共にクリーンアップを組み、全日本大学野球選手権に出場した。同期生には青山正克がいる。鈴木秀範 フレッシュアイペディアより)

  • 青木久典

    青木久典から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    高校時代は、三重高校で主将・遊撃手として第62回選抜高等学校野球大会に出場してベスト8の成績を残して法政大学へ進学。大学では文学部史学科に在籍し、硬式野球部では4年時に副将を務めた。日本ハムの稲葉篤紀は大学の同期。青木久典 フレッシュアイペディアより)

  • チャンステーマ

    チャンステーマから見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    日本ハムは稲葉篤紀が在籍していた2014年まで、チャンスの場面で稲葉が打席に立つと、ファンファーレとともにファンが飛び跳ねる「稲葉ジャンプ」をチャンステーマとして取り入れていた。チャンステーマ フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市円山球場

    札幌市円山球場から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    円山での公式戦はファンからも概ね好評で、球団はその後も円山で定期的に公式戦を開催すべく検討を進めた結果、2007年(平成19年)5月26日に公式戦を1試合開催することを決めた。カードは前回と同じセ・パ交流戦の対東京ヤクルトスワローズ戦。試合はかつてヤクルトに在籍していた稲葉篤紀の決勝タイムリーなどで6-4と日本ハムが勝利した。札幌市円山球場 フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏之 (野球)

    小林宏之 (野球)から見た稲葉篤紀稲葉篤紀

    は、シーズンを通して先発ローテーションを守り、自己最多の投球回を達成。13勝を挙げて3年連続の二桁勝利となった。クライマックスシリーズでも第1ステージ第2戦・第2ステージ第2戦で先発したが、第1ステージでは2回途中6失点の大乱調で敗戦、第2ステージでは足の痙攣が治まらず4回途中に降板した。同年は北京五輪アジア予選日本代表に選出され、初戦の対フィリピン戦を打者3人、2奪三振で締めた。背番号はロッテでの41を稲葉篤紀に譲って14を着けた。オフにはポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍の希望を球団に訴えたが認められず、総額2億円+出来高の2年契約を結んだ。小林宏之 (野球) フレッシュアイペディアより)

145件中 81 - 90件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード