193件中 91 - 100件表示
  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た中京大学附属中京高等学校

    中京大中京高校3年夏の愛知大会決勝で、そのイチローのいた愛工大名電高校に雨天再試合の結果,5-3で敗れた。卒業後は法政大学経営学部に進んだ。法政大では1年春から試合に出ており、先発出場時は中軸を打つこともあった。しかし、3学年上に当時四番を打つ鈴木秀範一塁手がおり、また、故障を抱えていたこともあり、一塁手に定着したのは3年春(1993年)からであった。特に2年春()は左翼手としての先発起用も検討されていたが、故障のため不出場に終わった。法政大はこの1992年春のシーズンでは、最終カードである明治大学との直接対決で勝ち点を挙げた方が優勝という展開に持ち込んでおり、それだけに法政大のファンは稲葉の欠場を残念がった(結局、明治大が2勝1敗で法政大を下して完全優勝を果たした)。(3年時)の春から一塁手としてレギュラーに定着。同年の第22回日米大学野球の代表に選ばれた。4年時には四番打者として法政大を秋季リーグ戦優勝に導いた。東京六大学野球の春季リーグでのベストナイン、第23回日米大学野球の代表にも選ばれた。リーグ通算成績は86試合出場、307打数86安打、打率.280、本塁打6、打点50であった。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た全国高等学校野球選手権愛知大会

    中京大中京高校3年夏の愛知大会決勝で、そのイチローのいた愛工大名電高校に雨天再試合の結果,5-3で敗れた。卒業後は法政大学経営学部に進んだ。法政大では1年春から試合に出ており、先発出場時は中軸を打つこともあった。しかし、3学年上に当時四番を打つ鈴木秀範一塁手がおり、また、故障を抱えていたこともあり、一塁手に定着したのは3年春(1993年)からであった。特に2年春()は左翼手としての先発起用も検討されていたが、故障のため不出場に終わった。法政大はこの1992年春のシーズンでは、最終カードである明治大学との直接対決で勝ち点を挙げた方が優勝という展開に持ち込んでおり、それだけに法政大のファンは稲葉の欠場を残念がった(結局、明治大が2勝1敗で法政大を下して完全優勝を果たした)。(3年時)の春から一塁手としてレギュラーに定着。同年の第22回日米大学野球の代表に選ばれた。4年時には四番打者として法政大を秋季リーグ戦優勝に導いた。東京六大学野球の春季リーグでのベストナイン、第23回日米大学野球の代表にも選ばれた。リーグ通算成績は86試合出場、307打数86安打、打率.280、本塁打6、打点50であった。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た阪神タイガース

    初盗塁:1995年8月3日、対阪神タイガース21回戦(阪神甲子園球場)、6回表に二盗(投手:藪恵壹、捕手:木戸克彦)稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た阪神甲子園球場

    初盗塁:1995年8月3日、対阪神タイガース21回戦(阪神甲子園球場)、6回表に二盗(投手:藪恵壹、捕手:木戸克彦)稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た宝島社

    『北海道に僕が残したいもの』(宝島社:2013年11月) ISBN 9784800209757稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た北海道テレビ放送

    現役引退後はテレビ朝日・北海道テレビの野球解説者に就任、随時『報道ステーション』のスポーツコーナーでプロ野球解説を担当している。その傍ら、北海道日本ハムファイターズのスポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)へ就任し、現役時代から引き続き背番号41を与えられている。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た北海道放送

    2012年HBC 北海道放送「NEWS1」出演時では佐々木希や矢口真里が愛用している「ランバン エクラ ドゥ アルページュEDP(オードパルファム)」を使用している。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見たベースボール・マガジン社

    『躍る北の大地』(ベースボール・マガジン社:2011年3月) ISBN 9784583103433稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見たKKロングセラーズ

    『HOP STEP 稲葉JUMP! いつも心に太陽を』(KKロングセラーズ:2009年4月) ISBN 9784845421473稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た大阪近鉄バファローズ

    1994年のプロ野球ドラフト会議でヤクルトスワローズに3位指名され、入団した。当時のヤクルトの監督だった野村克也は、息子の野村克則(当時、明治大学3年)の試合を観戦した際に、対戦相手である法政大の稲葉のプレー(この試合で本塁打を打っている)を目にとめ、ドラフト当日3位の枠が空いていてその時の野村監督の「あの法政の左はどうなっとんのや」という発言によって獲得に至った。野村曰く、「後で聞いたらどこからも誘いはなかった、枠が空いていたヤクルトが稲葉を指名することとなり、結果プロになりたかった稲葉は大変感謝していた」。とする一方で、稲葉本人は「近鉄バファローズから指名される予定だった」「ヤクルトが指名しなければもっと早い段階で梨田昌孝監督のもとで野球をしていたかもしれない」と語っている。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

193件中 91 - 100件表示

「稲葉篤紀」のニューストピックワード