137件中 101 - 110件表示
  • 汲み取り式便所

    汲み取り式便所から見た積水化学工業積水化学工業

    厚生省式改良便所を参考に、便槽と便器の間にU字管(トラップ)を設けてある構造の汲み取り式便所である。便器の直下に臭突へ分岐する管があり、そこからヒーターや換気扇(脱臭扇)を経て臭気を排出するため直下式便槽より臭気が少なく、それが無臭トイレの名前の由来となっている。前澤化成工業が製造したのを皮切りに積水化学工業・日立化成・ハマネツ・東亞合成・信越ポリマー・ネポン・永大産業・クボタ・大建工業・松下電工(現パナソニック電工→パナソニック)など化学・建材メーカーなどからも発売されたが、地方でも水洗化されるようになると需要は減少していくとともに、一部のメーカーでは生産から撤退している。汲み取り式便所 フレッシュアイペディアより)

  • 島本町

    島本町から見た積水化学工業積水化学工業

    日立金属磁性材料研究所・小野薬品工業水無瀬研究所・積水化学工業開発研究所・サントリー研究センター・技術開発センター等がある研究都市でもある。サントリー研究センターでは「青いバラ」の研究も行われている。島本町 フレッシュアイペディアより)

  • 積水化成品工業

    積水化成品工業から見た積水化学工業積水化学工業

    筆頭株主が積水化学工業であるため積水グループに属する。積水グループの中核会社・積水化学工業同様三和グループにも属するが、積水化学工業が三水会・みどり会両方に加盟しているのに対し積水化成品工業はみどり会のみに加盟している。連結子会社・持分法適用会社には積水化成品山口、湘南積水工業、積水化成品北海道、積水技研などがある。積水化成品工業 フレッシュアイペディアより)

  • おはようワイド・土曜の朝に

    おはようワイド・土曜の朝にから見た積水化学工業積水化学工業

    スポンサーは日本文化センターをはじめ、積水化学や毛染めパオンなど大阪に本社を置く企業が多かった。おはようワイド・土曜の朝に フレッシュアイペディアより)

  • 野口遵

    野口遵から見た積水化学工業積水化学工業

    野口 遵(のぐち したがう、1873年7月26日 - 1944年1月15日)は、日本の実業家。日本窒素肥料(現・チッソ)を中核とする日窒コンツェルンを一代で築いた。「電気化学工業の父」や「朝鮮半島の事業王」などと称された。チッソの他にも、旭化成、積水化学工業、積水ハウス、信越化学工業の実質的な創業者でもある。野口遵 フレッシュアイペディアより)

  • 大城光恵

    大城光恵から見た積水化学積水化学工業

    水色の冒険 (NTV系「輝け!噂のテンベストSHOW」挿入歌/「積水化学グループ」CMソング)大城光恵 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷大学短期大学部

    大谷大学短期大学部から見た積水化学工業積水化学工業

    全学科を含めると、トヨタホーム近畿・鶴屋吉信・綾羽・東レ・積水化学工業・NKE・村田製作所・京都インバン・ジェイティービー・アサカ・オンワード樫山・東洋捺染・ロレアル・梅田美容商事・カミネット・ロイヤルグレイス・ニッショードラッグ・ミタニ滋賀・スズキ自販滋賀・京都トヨタ自動車・京都トヨペット・びわこ銀行・京都銀行・三菱東京UFJ銀行・滋賀銀行・静岡銀行・りそなホールディングス・京都中央信用金庫・GEコンシューマー・ファイナンス・エース証券・草津市農業協同組合・北びわこ農業協同組合・静岡積水ハイム不動産・トランスコスモス・JR西日本ホテルズ・ブイ・アイ・ピー・マルハン・クリーク・パールトーンなど一般企業ほか、官公庁などへの就職実績がある。幼児教育科については、在学中に取得した資格や免許を活かして、各種幼稚園や保育園など児童関連の業務に携わっている人が多い。大谷大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年

    1971年から見た積水化学工業積水化学工業

    2月 - 積水化学工業がユニット住宅「セキスイハイム」を発売。1971年 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤幸男

    伊藤幸男から見た積水化学積水化学工業

    大鉄高等学校では、1960年にエースとして春の選抜に出場。しかし1回戦で東邦に逆転負けを喫する。高校同期に小野坂清、1期下に土井正博(2年で中退)、中井悦雄がいる。積水化学に進み、1962年の都市対抗では日本新薬の補強選手として出場。準々決勝では先発を任され、日本石油の佐々木吉郎と投げ合うが0-3で敗退。伊藤幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉禎彦

    児玉禎彦から見た積水化学工業積水化学工業

    卒業後は社会人野球の積水化学に進む。三番打者として起用され、小さな体に似ず力のある打撃で注目を集めた。3年間の通算打率.238にとどまるが、軽快なフットワークと鉄砲肩の異名をとるほどの強肩を利しての守備は天下一品であった。の都市対抗野球では、エース堤亨の好投もあり決勝に進出。富士鉄室蘭の佐藤進投手を攻略し初優勝を飾る。児玉禎彦 フレッシュアイペディアより)

137件中 101 - 110件表示

「積水化学工業」のニューストピックワード