前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1126件中 1 - 10件表示
  • 航空機

    航空機から見た飛行機飛行機

    「軽航空機」(気球、飛行船等々)と「重航空機」(グライダー、飛行機等々)に大別される。軽航空機とは、空気よりも軽い気体が静浮力を持っていることを利用するものであり、重航空機とは翼に働く空気の動的揚力を利用するものである。飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船などが含まれる。航空機 フレッシュアイペディアより)

  • 翼

    から見た飛行機飛行機

    20世紀に入ると飛行機が登場し、「飛行機の翼」という概念が生まれると共に、流体力学などの新しい学問分野が発展し、「翼」という言葉も新しい定義を得ることとなった。 その定義とはおおむね、「流体との相互作用によって効率よく揚力を得られるような形状をした物体」というものである。 フレッシュアイペディアより)

  • プロペラ機

    プロペラ機から見た飛行機飛行機

    プロペラ機(プロペラき)とは、発動機から動力を伝達されたプロペラにより推進力を得る飛行機である。なお、仮にジェットエンジンを利用してプロペラを回転させていたとしても、それは一般的にジェット機とは言わず、プロペラ機に分類される。プロペラ機 フレッシュアイペディアより)

  • 航空

    航空から見た飛行機飛行機

    飛行に用いる装置を航空機と言い、空気より軽い「軽航空機」と空気より重い「重航空機」に分類され、航空という言葉は一般に重航空機の飛行に関して用いられる。軽航空機には気球や飛行船が含まれ、重航空機には固定翼や回転翼を備えた飛行機、グライダー、ヘリコプターなどが含まれる。航空 フレッシュアイペディアより)

  • FSP (化粧品)

    FSP (化粧品)から見た飛行機飛行機

    商品デザインはすべて白を基調にし、画材や海外の生活用品をモチーフにした一般的な化粧品とは一線を画すクールかつシンプルなものであり、広告デザインにおいては飛行機、空港、天気予報などシーズンごとに異なるモチーフが用いられた。(詳しくは歴史の項を参考のこと)FSP (化粧品) フレッシュアイペディアより)

  • 泣きながら生きて

    泣きながら生きてから見た飛行機飛行機

    東京経由ニューヨーク行きの飛行機で来日した娘は8年ぶりに父と再会した。泣きながら生きて フレッシュアイペディアより)

  • 操縦士

    操縦士から見た飛行機飛行機

    操縦士(そうじゅうし)とは、小型船舶、航空機(気球、飛行船、滑空機、飛行機)、宇宙船などを操縦する者のこと。操縦者(そうじゅうしゃ)、操縦手(そうじゅうしゅ)とも言い、飛行する乗り物の操縦士は飛行士(ひこうし)とも呼ばれる。操縦士 フレッシュアイペディアより)

  • フーゴー・ユンカース

    フーゴー・ユンカースから見た飛行機飛行機

    フーゴー・ユンカース(Hugo Junkers 、1859年2月3日 - 1935年2月3日)はドイツの技術者・発明家・実業家。航空機・内燃機関等のメーカーであるユンカースの創設者であり、全金属製の飛行機、初期の高速ディーゼルエンジン開発の先駆者として知られる。フーゴー・ユンカース フレッシュアイペディアより)

  • みどりの守り神

    みどりの守り神から見た飛行機飛行機

    主人公深見みどりは、沖縄行きの飛行機に父と母の3人で家族旅行のため搭乗していたが、彼女らを乗せた飛行機は事故を起こして高山に墜落してしまう。運良く助かり、目を覚ましたみどりが目にしたのは一面の密林だった。同じ飛行機に乗り合わせていた学生の坂口五郎と共に助けを求め、二人は歩き始めるが、おかしな事に行けども行けども密林は続く。ようやく人家を見つけるも人気はなく、それどころか動物の気配すらしない。この異常な事態に、坂口は「世界的な核戦争が起こり、全ての動物は中性子爆弾によって死滅したのではないか」という恐ろしい推測を口にする。旅を続けるうちに、空腹で堪らなくなると見たこともない美味な木の実があったり、長時間の歩行で傷んだ足が一晩で癒えたり、川で溺れて意識を失うと川岸のツタに絡まった状態で目を覚ますなどといった、奇妙なことが続く。やがて2人は密林の中に巨大なビルがそびえる地に辿りつく。そこは緑に覆われ変わり果てた東京であった。遺されたものを探るうちに、世界で何が起きたのかを2人は知ることになる。みどりの守り神 フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス MD-12

    マクドネル・ダグラス MD-12から見た飛行機飛行機

    マクドネル・ダグラス社は自社の大型旅客機でもあるMD-11の胴体を延長しボーイング747 クラスの乗客数にしたものを提案し、当初はMD-11 SS(スーパーストレッチ)としていたが、のちにMD-12Xと改称された。これは胴体を延長するが主翼は基本的に MD-11 のままであり、燃料容量が不足し、航続距離が短くなってしまったため受注が得られなかった。加えて DC-10 以来受け継いできた中央エンジンが垂直尾翼を貫通する構造のため、大型化したエンジンの搭載が困難であり、従来機種の発展形としては限界が見えていた。マクドネル・ダグラス MD-12 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1126件中 1 - 10件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード