1126件中 11 - 20件表示
  • 会式一号機

    会式一号機から見た飛行機飛行機

    会式一号機(かいしき いちごうき)は、1911年(明治44年)に日本で製作された飛行機の通称である。会式一号機 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレーイ・トゥーポレフ

    アンドレーイ・トゥーポレフから見た飛行機飛行機

    アンドレーイ・ニコラーエヴィチ・トゥーポレフ(; アンドリェーイ・ニカラーイェヴィチ・トゥーパリェフ、ラテン文字転写:Andrjej Nikolajevich Tupoljev 、1888年11月10日 - 1972年12月23日)は、ロシアの飛行機設計者でツポレフの創業者である。日本語ではアンドレイ・ツポレフと表記されることも多い。アンドレーイ・トゥーポレフ フレッシュアイペディアより)

  • 航空機の登録

    航空機の登録から見た飛行機飛行機

    飛行機の場合での表示方法とその場所は。航空機の登録 フレッシュアイペディアより)

  • オービタ

    オービタから見た飛行機飛行機

    スペースシャトル・オービターはロケットであり宇宙船であり飛行機でもある有翼の"スペースプレーン"である。このスペースプレーンは地球を周回する軌道へ乗員と貨物を輸送し、大気圏を滑空機のように飛行して帰還する。オービタ フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機恐怖症

    飛行機恐怖症から見た飛行機飛行機

    飛行機恐怖症(ひこうききょうふしょう)とは、飛行機に搭乗することに対して恐怖を感じる症状のことである。恐怖症のひとつ。飛行機恐怖症 フレッシュアイペディアより)

  • 全翼機

    全翼機から見た飛行機飛行機

    全翼機(ぜんよくき)Flying wing aircraftとは、胴体部や尾翼がなく、一枚の主翼のみによって機体全体が構成された飛行機のこと。全翼機 フレッシュアイペディアより)

  • 小松崎茂

    小松崎茂から見た飛行機飛行機

    第二次世界大戦ごろには小松崎の描く挿絵は俄然注目されるようになり、少国民向け雑誌に戦記小説の挿絵や、軍艦、戦車、飛行機などの戦争イラストを数多く発表する。1945年の東京大空襲で生家は全焼し、それまでの資料やスケッチも灰になった。小松崎茂 フレッシュアイペディアより)

  • フラッター現象

    フラッター現象から見た飛行機飛行機

    フラッター現象(フラッターげんしょう、英語:flutter)とは、はためきや回転むら等という意味で、橋やその他の構造物、特に高速飛行中の飛行機の翼や胴体などが、風や気流のエネルギーを受けて起こす破壊的な振動をさすことが多い。フラッター現象 フレッシュアイペディアより)

  • 航空機の離着陸方法

    航空機の離着陸方法から見た飛行機飛行機

    垂直離着陸機(VTOL機、Vertical TakeOff and Landing、ヴィトールき)は、ヘリコプターと同じように垂直に離着陸できる飛行機のことである。なお飛行船やヘリコプターを含む回転翼機はVTOL機とは言わない。航空機の離着陸方法 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道車両の歴史

    鉄道車両の歴史から見た飛行機飛行機

    まずは、比較的構造が簡単な交流電動機を使用できる三相交流電化の技術が開発され、スイスのブラウン・ボベリ社(Brown Boveri、後のアセア・ブラウン・ボベリ)が三相交流による電気機関車を1899年に製作して実験を行った。続いて、ドイツのシーメンスとAEGが合同で三相交流による高速試験を行い、1903年10月28日に210.2 km/hを達成している。これはまだ飛行機を手にしていない人類にとって、この世で最も速く移動できる乗り物であった。ライト兄弟がライトフライヤー号で初飛行をするのはこの年の12月17日のことであるが、速度は50 km/hに満たないものであった。三相交流のために複数の架線を張らなければならないという問題から、三相交流電化の技術はシンプロントンネルなど限られた場所に用いられただけで、より高い電圧の直流電化と単相交流電化へ向かうことになった。鉄道車両の歴史 フレッシュアイペディアより)

1126件中 11 - 20件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード