917件中 31 - 40件表示
  • 1月2日

    1月2日から見た飛行機飛行機

    1959年 - 大分空港発、岩国経由大阪行の全日空機で飛び降り自殺。飛行機の便所から不発のダイナマイト25本が発見された。(全日空機爆破未遂事件)1月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 1月30日

    1月30日から見た飛行機飛行機

    1948年 - オーヴィル・ライト、飛行機の発明者(* 1871年)1月30日 フレッシュアイペディアより)

  • 航空機

    航空機から見た飛行機飛行機

    日本の航空法では「人が乗つて航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機(グライダー)、飛行船、その他政令で定める航空の用に供することができる機器」のことをいう。航空機 フレッシュアイペディアより)

  • 空気

    空気から見た飛行機飛行機

    地球を覆う気体の層を「大気圏」といい、その気体そのものを日常会話や工業分野などでは「空気」、気象学など地球科学の分野では「大気」とも呼ぶ。ふつう日常会話で「空気」という場合には、人間が暮らしている中で身の回りに存在する地上の空気を指し、場合によっては飛行機が航行する高度のような上空の空気を指す。一方、地球科学においては同じものを「大気」という。空気 フレッシュアイペディアより)

  • 未確認飛行物体

    未確認飛行物体から見た飛行機飛行機

    「未確認飛行物体」という用語は、本来航空・軍事用語であり、当局で把握できていない航空機や観測気球、他国からのミサイル 等々さまざまなものを指す。進路を見失った飛行機、他国のスパイ機、仮想敵国の先制攻撃、さらにはミサイルの可能性があり、事故のみならず国家の安全を脅かす可能性すらあるためにスクランブル(緊急発進)の対象となる。空軍などの航空交通管制においては、レーダーに捕捉された正体不明の飛行物体に対しては、それが何であるか確認出来るまで、警戒態勢を取る緊急の必要があるため(特に、金属製の物はミサイルかもしれず危険な可能性がある)、「何かがこちらに向かって飛んで来ます!」という注意を喚起するために「未確認飛行物体接近!」と表現する。未確認飛行物体 フレッシュアイペディアより)

  • オービタ

    オービタから見た飛行機飛行機

    スペースシャトル・オービターはロケットであり宇宙船であり飛行機でもある有翼の"スペースプレーン"である。このスペースプレーンは地球を周回する軌道へ乗員と貨物を輸送し、大気圏を滑空機のように飛行して帰還する。オービタ フレッシュアイペディアより)

  • グアム

    グアムから見た飛行機飛行機

    訪島手段として飛行機と船舶がある。飛行場はグアム国際空港、港はアプラ港を利用することが多い。アプラ港はミクロネシア最大の港である。グアム フレッシュアイペディアより)

  • フーゴー・ユンカース

    フーゴー・ユンカースから見た飛行機飛行機

    フーゴー・ユンカース(Hugo Junkers 、1859年2月3日 - 1935年2月3日)はドイツの技術者・発明家・実業家。航空機・内燃機関等のメーカーであるユンカースの創設者であり、全金属製の飛行機、初期の高速ディーゼルエンジン開発の先駆者として知られる。フーゴー・ユンカース フレッシュアイペディアより)

  • 航空会社

    航空会社から見た飛行機飛行機

    航空会社(こうくうがいしゃ)とは、利用者から対価(航空運賃)を徴収して、航空機(主に飛行機)を用いて旅客や貨物を輸送する組織である。エアライン(Airline)とも。航空会社 フレッシュアイペディアより)

  • 輪行

    輪行から見た飛行機飛行機

    輪行(りんこう)とは、自転車の乗員が自転車を公共交通機関(鉄道?船?飛行機など)を使用して運ぶこと。サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部を自走せず省略するために使う手段。公共交通機関を利用しない自走以外の移動(例えば自家用車積載)は輪行とは呼ばない。輪行 フレッシュアイペディアより)

917件中 31 - 40件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード