917件中 41 - 50件表示
  • 滑走路

    滑走路から見た飛行機飛行機

    滑走路(かっそうろ、runway)とは、空港、飛行場などに設置された施設で、飛行機が滑走し、離陸・着陸を行うための直線状の道のこと。空港の最重要設備である。滑走路 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング

    ボーイングから見た飛行機飛行機

    1923年に陸軍に採用された戦闘機P-12は海軍にもF4Bとして採用され、シリーズ総計586機が納入された。郵便機から発展した民間機分野では、1933年に画期的な旅客機ボーイング247(乗客10名)を開発した。当時の飛行機は複葉帆布張り固定脚であったが、247は全金属製・低翼・単葉・引き込み脚を採用し巡航速度300km/h以上を発揮し、アメリカの航空会社は競って導入した。1929年にはエンジンメーカープラット・アンド・ホイットニーなどと共に航空機の製造から運航までの全てを手がける巨大企業ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポートを設立した。ボーイング フレッシュアイペディアより)

  • タミヤ

    タミヤから見た飛行機飛行機

    艦艇、飛行機、AFV、車などのプラモデル、ラジコン・ミニ四駆・ダンガンレーサーといった可動模型、「楽しい工作シリーズ」といった木工工作模型、プラバンなどの素材、塗料・エアブラシ・コンプレッサーなどの塗装道具と模型に関連する広範囲の商品を扱っている。タミヤ フレッシュアイペディアより)

  • 揚力

    揚力から見た飛行機飛行機

    揚力を利用しているものには、動物の翼や飛行機の固定翼や水中翼船の水中翼のほか、凧、船舶の舵、プロペラやヘリコプターの回転翼などがある。揚力 フレッシュアイペディアより)

  • 航空に関する年表

    航空に関する年表から見た飛行機飛行機

    航空に関する年表は、航空機(飛行機)、飛行場(空港)、空運など航空に関する年表である。航空に関する年表 フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・サントス・デュモン

    アルベルト・サントス・デュモンから見た飛行機飛行機

    アルベルト・サントス・デュモン(フランス発音)(Alberto Santos-Dumont 、1873年7月20日 - 1932年7月23日)はブラジル人で、ヨーロッパの航空のパイオニアであり、主に飛行船の造船で有名。さらに、飛行機の公開実験にも成功しヨーロッパ初の飛行機製作者となっている。ブラジルでは飛行機の父、飛行機王と呼ばれるほど偉大な発明家であり、未完に終わったもののヘリコプターをも開発していたことで知られる。また、ブラジル有数の平和主義者であった。アルベルト・サントス・デュモン フレッシュアイペディアより)

  • 川崎重工業

    川崎重工業から見た飛行機飛行機

    1918年(大正7年) - 兵庫工場に飛行機科を設置。川崎重工業 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た飛行機飛行機

    芸能界きっての読書家としても知られ、多くのエッセー・書評も執筆している。年に数回海外旅行に行く際には、飛行機内で分厚い英語原文の小説を読むことが楽しみであったという。なお大好きなポール・リンゼイ『覇者』(講談社刊)の解説では、お気に入りの『FBI物語』とそのほかの作品を比べ、熱く述べている。また、NHKの書評番組『週刊ブックレビュー』の進行役を週替わりで務めた他に、日本図書館協会などが主宰するシンポジウムのコメンテーターも務めたことがある。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 操縦

    操縦から見た飛行機飛行機

    思いのままにあやつり動かすこと。特に飛行機に関してこの用語を用いる。操縦 フレッシュアイペディアより)

  • 人力飛行機

    人力飛行機から見た飛行機飛行機

    人力飛行機(じんりきひこうき、じんりょくひこうき/英:Human powered aircraft, Human powered airplane)は、人間の筋力のみを動力源とし飛行する飛行機のことである。純粋な人力飛行機においては推進力としてのモーター等の併用は認められないが、操縦系統などでサーボモータ等を使うことがある。人力飛行機という言葉は固定翼機の形態を指すことが多いが、広義には人力ヘリコプターや人力オーニソプターを含める場合もある。人力飛行機 フレッシュアイペディアより)

917件中 41 - 50件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード