917件中 51 - 60件表示
  • 20世紀

    20世紀から見た飛行機飛行機

    20世紀の人類の科学の発展はめざましかった。飛行機、潜水艦、宇宙ロケットの開発により、人類の行動可能な範囲は、空へ深海へ宇宙へと拡大した。そして、北極点、南極点への到達などにより、地球上での人類未踏の地はほぼなくなった。科学の発展は産業の発展をもたらし、大量生産、大量消費の社会を生み出し、人々の生活を豊かにした反面、環境問題など多くの解決しなければならない、諸問題をも生み出した。さらに高度な科学技術は、極めて破壊力の大きい兵器をも作り出し、現在では人類を何度も滅亡させることの出来るほどの核兵器、化学兵器が存在する。20世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 垂直尾翼

    垂直尾翼から見た飛行機飛行機

    垂直尾翼(すいちょくびよく)とは、飛行機を始めとする航空機の尾翼の一種の名称である。垂直尾翼 フレッシュアイペディアより)

  • 坂上二郎

    坂上二郎から見た飛行機飛行機

    坂上の訃報を受けて萩本欽一は、取材先の富山から飛行機で帰京した羽田空港にて報道陣に囲まれ「悲しい。さびしい。二郎さんのばか」と漏らした。また「コント55号は最高だった。二郎さんのおかげで楽しい笑い人生になった。坂上二郎を忘れません」と、長年の相方を偲ぶコメントも発表している。坂上二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 笹川良一

    笹川良一から見た飛行機飛行機

    大阪府三島郡豊川村(現・箕面市)に造り酒屋の長男として生まれる。1914年(大正3年)3月、豊川村尋常高等小学校(現・茨木市立豊川小学校)高等科卒業、作家の川端康成とは小学校の同級で、祖父同士が囲碁仲間であった。飛行機乗りを志し、陸軍の岐阜県各務原飛行第二連隊に入隊する。笹川良一 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事史

    軍事史から見た飛行機飛行機

    兵器も急速な進歩を遂げた。後装式のライフル銃の出現によって防御火力が増大したため、歩兵が戦闘隊形を組むことは自殺行為となり、散兵戦術が主流となった。さらに機関銃の発明によって戦線の突破自体が困難となり、第一次世界大戦(1914年 - 1918年)は塹壕に篭った両軍が多数の兵士を消耗しあう塹壕戦の様相を呈した。この戦争には戦車、飛行機、毒ガスといった新兵器も投入され、戦死者は900万人にのぼった。軍事史 フレッシュアイペディアより)

  • 虎の穴

    虎の穴から見た飛行機飛行機

    巨体のために飛行機に乗ることができず、檻に入れられたまま貨物船で来日。報道陣を招いてのデモンストレーションでは、乗客を乗せたバス5台を鎖で引っぱった。巨体を利用した肉弾メガトン落としが必殺技。虎の穴 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙鉄人キョーダイン

    宇宙鉄人キョーダインから見た飛行機飛行機

    長男・譲治の人格をコピーしたサイバロイド。基本カラーは赤。モチーフは飛行機で、頭部に補助翼、胸にインテークを持つなど、航空機の意匠を持つ。宇宙鉄人キョーダイン フレッシュアイペディアより)

  • 航空機の離着陸方法

    航空機の離着陸方法から見た飛行機飛行機

    垂直離着陸機(VTOL機、Vertical TakeOff and Landing、ヴィートールき)は、ヘリコプターと同じように垂直に離着陸できる飛行機のことである。なお飛行船や回転翼機であるヘリコプターはVTOL機とは言わない。航空機の離着陸方法 フレッシュアイペディアより)

  • みどりの守り神

    みどりの守り神から見た飛行機飛行機

    主人公深見みどりは、沖縄行きの飛行機に父と母の3人で家族旅行のため搭乗していたが、彼女らを乗せた飛行機は墜落事故を起こしてしまう。運良く助かり、目を覚ましたみどりが目にしたのは一面の密林だった。同じ飛行機に乗り合わせていた学生の坂口五郎と共に助けを求め、二人は歩き始めるが、おかしな事に行けども行けども密林は続く。ようやく人家を見つけるも人気はなく、それどころか動物の気配すらしない。この異常な事態に、坂口は「世界的な核戦争が起こり、全ての動物は中性子爆弾によって死滅したのではないか」という恐ろしい推測を口にする。みどりの守り神 フレッシュアイペディアより)

  • バラード入り江

    バラード入り江から見た飛行機飛行機

    入り江はジョージア海峡からポートムーディに向かってほぼ垂直に東方向に伸びており、沿岸部には近代的な港、工業地帯(下に詳述)が整備されている他、バンクーバー、ウェストバンクーバー、ノースバンクーバー、バーナビー、ポートムーディなどの住宅地が存在する。入り江の後ろ1/3は、ディープコーブとベルカーラの間から北側に水面下が非常に急峻なインディアン・アームと呼ばれるフィヨルドが形成されている。インディアン・アームは幅がおよそ2km弱の入り江ながら最深部では深さ200m以上ある。入り江はジョージア海峡からポートムーディまで25kmの距離があり、インディアン・アームも20kmの長さがある。入り江には、その奥に向かっての最初の狭窄部であるファーストナローズ(First Narrows)には道路橋のライオンズゲートブリッジが、2番目の狭窄部であるセカンドナローズ(Second Narrows)には道路橋のアイアンワーカーズメモリアル・セカンドナローズクロッシングおよび鉄道橋のセカンドナローズブリッジが架かっている。入り江の横断手段としては、旅客専用定期フェリーのシーバスも運航されており、バンクーバーのウォーターフロント駅とノースバンクーバーのロンズデール・キー間を結んでいる。ライオンズゲートブリッジからアイアンワーカーズメモリアル・セカンドナローズクロッシングの間では、大型旅客船を含め多くの船舶が航行し、水上飛行機も離発着を行う。バラード入り江 フレッシュアイペディアより)

917件中 51 - 60件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード