1126件中 61 - 70件表示
  • ウインドシア

    ウインドシアから見た飛行機飛行機

    ウインドシア(windshear)には、航空と気象の分野の定義があり、航空では飛行機が単位時間に受ける風ベクトルの変化量(ms-2)をいい、気象では2点間の風ベクトルの差を両地点の距離で除したもの(s-1)で、航空のウインドシアは飛行機の進行方向に沿う気象のウインドシアに飛行機の速度を乗じたものである。ウインドシア フレッシュアイペディアより)

  • 大草原の小さな天使 ブッシュベイビー

    大草原の小さな天使 ブッシュベイビーから見た飛行機飛行機

    原作はウィリアム・H・スティーブンソンの『カバの国への旅』(The Bushbabies)。1960年代と世界名作劇場としては非常に年代が新しく、第二次世界大戦以降を舞台とした作品は本作が初である。オリジナル作品である『七つの海のティコ』を除けばもっとも現代に近く、後に放送された『ポルフィの長い旅』と並んで第二次世界大戦後を時代背景とした作品である。加えて、アフリカが舞台ということもあり、異色の作品として捉えられることも多い。また本作は世界名作劇場の中で初めて飛行機が登場した。大草原の小さな天使 ブッシュベイビー フレッシュアイペディアより)

  • 無尾翼機

    無尾翼機から見た飛行機飛行機

    無尾翼機(むびよくき)とは、飛行機の種類のひとつであり、水平尾翼を持たないものを指す。無尾翼機 フレッシュアイペディアより)

  • おひさま (テレビドラマ)

    おひさま (テレビドラマ)から見た飛行機飛行機

    東京で飛行機の技術者をしていたが、余命わずかの紘子のために退社し、一家で安曇野へ転居。製糸工場へ転職し、工場長となる。おひさま (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 川崎重工業

    川崎重工業から見た飛行機飛行機

    1918年(大正7年) - 兵庫工場に飛行機科を設置。川崎重工業 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た飛行機飛行機

    -100型は全シリーズを通して最も小さな機体で、胴体の長さは28.6m、航続距離は3,440 kmである。受注のほとんどが-200型に集中したため、生産機のほぼ全てがルフトハンザドイツ航空で運行された。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • 20世紀

    20世紀から見た飛行機飛行機

    20世紀の人類の科学の発展は著しかった。飛行機、潜水艦、宇宙ロケットの開発により、人類の行動可能な範囲は、空へ深海へ宇宙へと拡大した。そして、北極点、南極点への到達などにより、地球上での人類未踏の地はほぼなくなった。科学の発展は産業の発展をもたらし、大量生産、大量消費の社会を生み出し、人々の生活を豊かにした反面、環境問題など多くの解決しなければならない、諸問題をも生み出した。さらに高度な科学技術は、極めて破壊力の大きい兵器をも作り出し、現在では人類を何度も滅亡させることの出来るほどの核兵器、化学兵器が存在する。20世紀 フレッシュアイペディアより)

  • エッチ・ケー・エス

    エッチ・ケー・エスから見た飛行機飛行機

    HKS(エッチ・ケー・エス)はターボチャージャーなどの過給機、マフラー、電子制御部品、サスペンションなどのチューニング部品を製造・販売している。(しかし、大手部品メーカーとしては珍しくエアロパーツの製造は行っていない。)また、レース用エンジンの開発や超軽量飛行機用エンジン、天然ガス自動車用燃料供給システムの製造を行っている。エッチ・ケー・エス フレッシュアイペディアより)

  • ピレニアン・シープドッグ・スムースフェイスド

    ピレニアン・シープドッグ・スムースフェイスドから見た飛行機飛行機

    スムースフェイスドも第一次世界大戦が起こった際には小柄な体で賢いところを買われ、軍用犬として徴兵された。軍用犬としての任務は飛行機から地上へパラシュートをつけて降り立ち、特定の人物のもとへメッセージを伝える伝令犬、隠れた敵の軍人を探し出す偵察犬、ケガ人を探して救急箱を届け、本部にケガ人がどこにいるのかを伝える救護犬などとして働くことであった。スムースフェイスドはロングヘア種に比べてメンタル的に強い犬であったが、やはり劣悪な環境下での飼育が体にたたったり、敵の銃弾に倒れる犬も多かった。然し、伝令犬として非常に優秀な働きをし、一部の犬は第二次世界大戦が起こった際にも引き続き使用された。ピレニアン・シープドッグ・スムースフェイスド フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (昭和後半)

    日本の鉄道史 (昭和後半)から見た飛行機飛行機

    1970年代になると、鉄道の競争相手としてトラック・バス・乗用車と飛行機が台頭し、路面電車・夜行列車・貨物列車が激減した。一方国鉄は大都市圏の通勤混在解消のための増線(通勤五方面作戦)や新幹線の延長等で大量投資を行ったが、それに見合う財政的な手当てが実施されず膨大な赤字を抱えることとなった。国鉄当局は現場の生産性改善のためにマル生運動を始めたが、進め方の不手際から組合側から「労働強化」と取られ、その後労使関係は著しく悪化した。これらの問題を解決すための根本的対策として国鉄分割民営化が検討され、1987年4月に国鉄が6社に分割された。日本の鉄道史 (昭和後半) フレッシュアイペディアより)

1126件中 61 - 70件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード