1126件中 71 - 80件表示
  • 空対空爆撃

    空対空爆撃から見た飛行機飛行機

    第一次世界大戦では、係留気球や飛行船を攻撃する手段の一つとして、空対空爆撃が使用された。大戦初期の段階において軍用飛行機は発展途上であり、ドイツ軍が戦略爆撃に使用したツェッペリン飛行船を撃墜するのは困難だった。そこでイギリス軍などは爆弾により飛行船を撃墜することを試みている。イギリス海軍航空隊のレジナルド・ワーンフォード(:en:Reginald Alexander John Warneford)は、機関銃によるドイツ飛行船「LZ39」の撃墜に失敗した後、1915年6月7日に今度は空対空爆撃によりドイツ飛行船「LZ37」を攻撃し、撃墜に成功した。この「LZ37」迎撃は史上初のツェッペリン飛行船撃墜例となり、ワーンフォードはヴィクトリア十字勲章を授与された。空対空爆撃 フレッシュアイペディアより)

  • 過飽和蒸気

    過飽和蒸気から見た飛行機飛行機

    準安定な蒸気であり、その温度における飽和蒸気量より高い蒸気圧を持つ。かく乱したり凝縮核を投入したりすると、急に滴を生じて飽和蒸気となる。飛行機が、過飽和に水蒸気を含む高空を飛ぶと、かく乱によって飛行機雲を生じるのはこの一例。過飽和蒸気 フレッシュアイペディアより)

  • SA800i

    SA800iから見た飛行機飛行機

    そのため、この機種を携帯している子供が飛行機への搭乗時に問題となるケースが夏休みに続出した(飛行機への搭乗時には携帯電話の電源を切ることが要請されているため)。SA800i フレッシュアイペディアより)

  • 離陸決心速度

    離陸決心速度から見た飛行機飛行機

    離陸決心速度(りりくけっしんそくど、decision speed)は、多発飛行機における制限速度 (V speeds) の一種。V1(ヴィーワン、ブイワン)と呼ばれることが多い。離陸決定速度(りりくけっていそくど)ともいう。離陸決心速度 フレッシュアイペディアより)

  • 防空監視哨

    防空監視哨から見た飛行機飛行機

    (1) 飛行隊の空中戦闘、すなわち防空飛行隊が命令一下、ただちに出動し、敵機を撃退させるには、まず飛行場の後端は都心から約 30km 前方に進出させる必要があり、戦闘地帯の縦深は両軍の飛行機および照空灯の性能その他によって異なるが、 20km あればよいとされ、すなわち飛行隊戦闘地帯の前端は都市から約 50km の線にあることになる。防空監視哨 フレッシュアイペディアより)

  • 騒音基準適合証明書

    騒音基準適合証明書から見た飛行機飛行機

    騒音基準適合証明書(そうおんきじゅんてきごうしょうめいしょ)とは、耐空証明を受けている航空機でジェットエンジンを装備するすべての飛行機に対して、ジェットエンジンの騒音が国土交通省の基準に適合していることを証明する証明書である。騒音基準適合証明書 フレッシュアイペディアより)

  • スカイトレッカー

    スカイトレッカーから見た飛行機飛行機

    スカイトレッカー(SkyTrekker) - ツイン・ダクテッドファン方式の飛行機の名称。スカイトレッカー フレッシュアイペディアより)

  • じゃが島興亡記

    じゃが島興亡記から見た飛行機飛行機

    滑走路と飛行機等の障害物が置いてある。じゃが島興亡記 フレッシュアイペディアより)

  • 映幻日

    映幻日から見た飛行機飛行機

    地平線下にあるため、普段は見ることができず、飛行機や高山からしか見られない。また、氷晶で太陽光が全反射して見えるため、太陽高度があまりに高いと全反射しなくなって見えなくなる。映幻日 フレッシュアイペディアより)

  • 山口喜一

    山口喜一から見た飛行機飛行機

    業務の傍ら、ロシア語、居合、刀剣鑑定、囲碁(二段)、飛行機の操縦、短歌などを学ぶなど多趣味な人物であった。山口喜一 フレッシュアイペディアより)

1126件中 71 - 80件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード