1126件中 81 - 90件表示
  • 6月9日 (旧暦)

    6月9日 (旧暦)から見た飛行機飛行機

    慶応2年(グレゴリオ暦1866年7月20日) - 二宮忠八、日本の飛行機開発の先駆者(+ 1936年)6月9日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • エアコー

    エアコーから見た飛行機飛行機

    イギリスのデイリーグラフィック誌(The Daily Graphic)の御曹司ジョージ・トーマス (George Holt Thomas) が1912年に設立した。1909年頃から自作の飛行機を製作していたジェフリー・デハビランドが1914年にチーフ・エンジニアとして加わった。エアコー フレッシュアイペディアより)

  • グラーデ単葉機

    グラーデ単葉機から見た飛行機飛行機

    グラーデ単葉機(グラーデたんようき)は、日本初の動力飛行に使われた飛行機のひとつである。徳川好敏大尉のファルマン機とともに日野熊蔵大尉によって1910年(明治43年)12月19日、公式飛行を行った。グラーデ単葉機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行力学

    飛行力学から見た飛行機飛行機

    また、スペースプレーンのような飛行機形態のビークルで軌道投入が考えられている場合については、以上のような飛行力学的考え方と宇宙航行力学的考え方を同時に取り扱う必要がある。飛行力学 フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・グラーデ

    ハンス・グラーデから見た飛行機飛行機

    1903年からオートバイを作っていたが、1907年ころから飛行機を作り始めた。1910年にマクデブルクに飛行機会社をつくった。第一次世界大戦中は軍用機の修理などをした。戦後は飛行機会社をオーストリアのAVIATIKに売却して、自動車会社を興した。ハンス・グラーデ フレッシュアイペディアより)

  • スタビライザー

    スタビライザーから見た飛行機飛行機

    スタビライザーは、船、飛行機、自動車、自転車などの乗り物に取り付けられ、外乱や操縦によって発生する不規則で不要な揺れを抑える装置。転倒や転覆の防止にも効果がある。スタビライザー フレッシュアイペディアより)

  • フルガン (航空機)

    フルガン (航空機)から見た飛行機飛行機

    フルガン(スウェーデン語:Flugan)は、ライト兄弟の動力飛行成功の前の1890年代後半に実験された蒸気機関を動力とする飛行機のひとつである。スウェーデンの発明家カール・ニーベリ(Carl Rickard Nyberg)が1897年から製作し1922年まで実験を続けたがジャンプに成功しただけに終わった。名称は、スウェーデン語で「飛行」の意味。フルガン (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ルドルフ・ジルドライヤー

    ルドルフ・ジルドライヤーから見た飛行機飛行機

    ジルドライヤーによって、ベルギーの8つのスポーツ(陸上競技、サッカー、飛行機、クリケット、ホッケー、ゴルフ、また貢献度は低いがテニスと水泳)が恩恵を受けた。特に陸上競技とサッカーは彼の偏愛の対象だった。第一に、彼は1897年に110メートルハードルのベルギー国内チャンピオンとなり、10年間この競技を続けた。第二に、彼はブリュッセルにあったサッカークラブのRacing Club(KFC Rhodienne-Verrewinkelの前身)で1900年にベルギーリーグチャンピオンを獲得し、また1898年と1899年には大学チームの主将を務めた。結局彼は、26年間にわたって競技生活を続けた。ルドルフ・ジルドライヤー フレッシュアイペディアより)

  • アリオット・ヴァードン・ロー

    アリオット・ヴァードン・ローから見た飛行機飛行機

    アリオット・ヴァードン・ロー(Sir Edwin Alliott Verdon Roe 、1877年4月26日-1958年1月4日)はイギリスの航空エンジニア、企業家。自作の飛行機で自国の空を飛んだ最初のイギリス人と言われる(ただしローの1908年6月8日の飛行は非公式である。詳細は後述)。通称A・V・ロー。ロウとも表記。1910年に自らの名を取ったアブロを創立したことにより、イギリス航空産業の草分けとなった。1929年、ナイトに叙せられた。アリオット・ヴァードン・ロー フレッシュアイペディアより)

  • ベンチャースター

    ベンチャースターから見た飛行機飛行機

    ベンチャースターは、リフティングボディであり、4枚の尾翼を持つ機体が構想されていた。全長46m、全幅48m、総重量1,192tで、最高速度はマッハ25。主な目的は、スペースシャトルの後継機として、人工衛星を既存の10分の1のコストで打ち上げられる再利用型で無人のスペースプレーンとなることであった。無人での打ち上げが条件であったが、積荷として乗客を運ぶことも予想されていた。機体は垂直に離陸し、飛行機のように滑走路に着陸する。液体酸素・液体水素を推進剤とするリニアエアロスパイクエンジンを利用して、どの高度でも高い推進能力を有するよう設計されていた。耐熱装置も金属製の新型のものを採用し、スペースシャトルよりも整備が低費用で安全であることを目指した。機体中央部に貨物室を持ち、胴体背面にカーゴ・ベイが設けられる。ベンチャースター フレッシュアイペディアより)

1126件中 81 - 90件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード