917件中 81 - 90件表示
  • 黄金スペースシャトル

    黄金スペースシャトルから見た飛行機飛行機

    黄金スペースシャトル(おうごんスペースシャトル)とは、コロンビアの古い遺跡から発掘された、飛行機や宇宙往還機を思わせる黄金細工のこと。黄金シャトルや黄金ジェットとも呼ばれ、オーパーツの一種として紹介されることが多い。シヌー文化(紀元500年?800年)時代のものという説と、もっと古いプレ・インカ文明のものという説がある。黄金スペースシャトル フレッシュアイペディアより)

  • 模型航空機の安定

    模型航空機の安定から見た飛行機飛行機

    FF模型機の場合はいかなる場合も操縦によって姿勢を修正されることが無い。長時間にわたって種々の擾乱に繰り返し耐えて、自力で復元することが要求される。擾乱要素である突風の影響の強さは、機体の飛行速度に対する相対速度に比例するから、飛行速度が実機の1/10以下の模型機は常に台風並みの荒天に曝されていることになる。加えて、実機より小さい模型機は出力や翼面積に対して相対的に軽く、運動性が良い。実物飛行機では例外的である飛行も簡単に行なえるから、飛行状況の範囲が広く、それに対処する安定性の範囲も広区必要になる。従って、安定性はきわめて大きく設計される。模型航空機の安定 フレッシュアイペディアより)

  • 双胴機

    双胴機から見た飛行機飛行機

    双胴機(そうどうき、Twin-boom aircraft)とは、水平尾翼と垂直尾翼が二つの胴体の後端に取り付けられている航空機(一般には特に飛行機)のこと。もしくは、一つの胴体の両側に取り付けられた主翼またはエンジンナセルから張り出した部分に水平・垂直尾翼が取り付けられているものを指す。双胴機 フレッシュアイペディアより)

  • 内田幹樹

    内田幹樹から見た飛行機飛行機

    教官として下地島滞在中に執筆した小説『パイロット・イン・コマンド』を第14回サントリーミステリー大賞(1997年)に応募、優秀作品賞を受賞したのが小説家としてのデビュー。民間航空機のパイロットの目に映る事実や実際の出来事を織り込んで描く航空ミステリー小説、旅客を乗せて飛行機を飛ばした経験を綴るエッセイの著書がある。内田モトキは最初のペンネーム。内田幹樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松江水郷祭湖上花火大会

    松江水郷祭湖上花火大会から見た飛行機飛行機

    2008年は、両日とも、上空が飛行機の航路になっている関係で30分遅らせて打ち上げられた。松江水郷祭湖上花火大会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (昭和後半)

    日本の鉄道史 (昭和後半)から見た飛行機飛行機

    1970年代になると、鉄道の競争相手としてトラック・バス・乗用車と飛行機が台頭し、路面電車・夜行列車・貨物列車が激減した。一方国鉄は大都市圏の通勤混在解消のための増線(通勤五方面作戦)や新幹線の延長等で大量投資を行ったが、それに見合う財政的な手当てが実施されず膨大な赤字を抱えることとなった。国鉄当局は現場の生産性改善のためにマル生運動を始めたが、進め方の不手際から組合側から「労働強化」と取られ、その後労使関係は著しく悪化した。これらの問題を解決すための根本的対策として国鉄分割民営化が検討され、1987年4月に国鉄が6社に分割された。日本の鉄道史 (昭和後半) フレッシュアイペディアより)

  • 愛知産業大学工業高等学校

    愛知産業大学工業高等学校から見た飛行機飛行機

    マーチングバンド、飛行機、自動車、工業模型、書道、写真、美術、軽音楽、将棋、囲碁、アニメーション、生活情報、情報処理研究会、郵便友の会、計算技術、英会話、放送愛知産業大学工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • クラッシュワージネス

    クラッシュワージネスから見た飛行機飛行機

    理論の内容は、自動車や鉄道、飛行機において事故を起こした際の、車体内部の安全性を高めるための構造に関するものであった。クラッシュワージネス フレッシュアイペディアより)

  • M2-F1

    M2-F1から見た飛行機飛行機

    リフティングボディの概念は1950年代半ばにNASAの前身である国家航空諮問委員会(NACA)のエームズ研究所から提案されたもので、宇宙船が大気圏へ再突入した後に通常の飛行機と同じように水平着陸させるために考案された。そのような宇宙船を用いれば、アポロの指令船のような弾道的再突入軌道を取る場合に比べて操船範囲が広がり、カリフォルニア州程度の領域内に自由に着陸地点を決定することができるとされた。また、通常翼を用いる場合に比べ再突入時の熱応力によるダメージが緩和される効果も期待されていた。M2-F1 フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース・タワー

    JPモルガン・チェース・タワーから見た飛行機飛行機

    当初、タワーはテキサス・コマース・タワーとして、1981年にトラヴィス・ストリート600番地に建設された。建物は著名な建築家イオ・ミン・ペイの建築会社(イオ・ミン・ペイ・アンド・パートナーズ)により、デザインされた。また、地域の建築会社3D・インターナショナルも携わっている。初期の設計図において、建物は80階まで建てるよう計画されていたが、連邦航空局は近隣に位置するウィリアム・P・ホビー空港へ飛行機が離着陸する際に危険が伴うとして、建物の高さに懸念を示したことから現在の高さになった。JPモルガン・チェース・タワー フレッシュアイペディアより)

917件中 81 - 90件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード