前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示
  • 飛行機

    飛行機から見た森鴎外

    現在の日本語の表記である「飛行機」という言葉は、森鴎外が「小倉日記」1901年(明治34年)3月1日条に記したのが初出だとされる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たアルミ

    胴体には、パイロットを含む乗員・乗客・荷物(貨物)を搭載する。また前脚を格納する。さらに燃料タンク・主脚を搭載するものもある。操縦席部分は「コックピット」、客室部分は「キャビン」、床下貨物室部分は「ベリー」と呼ぶ。単発機や3発機では胴体の最前部または最後部に1発のエンジンを搭載する。最初の飛行機には胴体と呼べるものは無く、操縦席は木製骨組みの上に簡素なイスを載せたものであった。その後木製の骨組を丈夫な帆布で覆った構造になり、現在は縦横に組み合わせた骨組の表面にアルミ合金や繊維強化プラスチック製の薄い板を張ったセミモノコック構造が主流。なお空気の薄い(したがって酸素の薄い)高空を飛ぶ飛行機は、胴体内部の気圧を地上に近い状態に保っている(これを「与圧」と呼ぶ)。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たライト兄弟

    レシプロ機はライト兄弟の1号機から使われている方式。現在では趣味で乗る自家用機のほか、飛行訓練・写真撮影・農薬散布・アクロバット飛行・遊覧飛行・水上タクシー等に使用されている。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たビジネスジェット

    ビジネスジェット(ビジネス機)飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たスキー

    現在ほとんどの機種は前輪式と呼ばれる「脚柱(ストラット)+ 車輪(ホイール)」からなる脚が3個所に付いている形態を採用している。胴体前部にノーズギア(前脚)と呼ばれる小ぶりの脚があり、重心より少し後方の左右に一対の主脚が配置されている。主輪は機体重量の90%を支持している上に、着陸時にはさらに大きな負荷がかかるため、軽量且つ堅牢な構造と緩衝サスペンションが求められる。現在では、小型機を除く多くの飛行機は、空気抵抗を軽減するために、飛行中に降着装置を折りたたんで胴体や主翼に格納する「引き込み脚」を備えている。フロートを有した水上機や積雪地用にスキーを装備するものもある。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たサントス・デュモン

    1903年12月17日に米国でライト兄弟がライトフライヤー号による有人飛行を行い、1906年10月22日にはヨーロッパでサントス・デュモンが「14?bis号」で飛行を行った。この時代、骨組は木製、翼は布張りが一般的であった。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たファン

    排気反力に加え、タービンで大径ファンを駆動し、推力を得るターボファンエンジン飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たブレーキ

    着陸滑走時に使用するブレーキは油圧作動のディスクブレーキである。小型機の場合ディスクは1枚が多いが、大型機では複数のディスクを使用するセグメンテッド・ロータ方式が多い。アンチスキッド機能を有するものも多い。また車輪のタイヤは大型機では一本の脚に四輪や八輪のタイヤを装着している機体もある。多くのタイヤを並べて接地時のショックの分散を図り衝撃に耐えさせている。さらに不測のパンクにも備えるためである。いずれにしても過酷な条件で使用されるため寿命が短く、各機種ごとに着陸回数に応じてタイヤ交換やゴムの巻き代え時間が定められている。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たタイヤ

    着陸滑走時に使用するブレーキは油圧作動のディスクブレーキである。小型機の場合ディスクは1枚が多いが、大型機では複数のディスクを使用するセグメンテッド・ロータ方式が多い。アンチスキッド機能を有するものも多い。また車輪のタイヤは大型機では一本の脚に四輪や八輪のタイヤを装着している機体もある。多くのタイヤを並べて接地時のショックの分散を図り衝撃に耐えさせている。さらに不測のパンクにも備えるためである。いずれにしても過酷な条件で使用されるため寿命が短く、各機種ごとに着陸回数に応じてタイヤ交換やゴムの巻き代え時間が定められている。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た巡航ミサイル

    その他、過去に採用されたことがあるエンジンとしては、第二次世界大戦の前から終戦までのドイツでは、クルップとユンカースによる上下対向式(de)2サイクルディーゼルエンジン、ユモ 205やユモ 207を搭載したドルニエ Do 18(ドイツ語版)やブローム・ウント・フォス BV 138、BV 222水上輸送機、巡航ミサイルV1に用いられたパルスジェットエンジンのほか、やはりドイツで大戦末期に登場した戦闘機、Me 163や、アメリカの超音速実験機ベルX-1などのロケットエンジンがあった。このうち、ディーゼルエンジンについては、地球温暖化防止に効果があるとして、近年再興の可能性が出てきた。飛行機 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード