112件中 91 - 100件表示
  • 飛行機

    飛行機から見た音速

    音速を基準として亜音速、遷音速(マッハ0.75?1.25)、超音速(1.25以上)に分類。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たエンテ型飛行機

    上下方向に装備されるものを垂直尾翼、左右に伸びるものを水平尾翼と呼んでいる。垂直尾翼は、胴体に固定された部分を垂直安定板、その後ろの可動部分を方向舵(あるいはラダー)と呼ぶ。水平尾翼は同様に水平安定板と昇降舵(エレベーター)からなるのが一般的。尾翼は一般に、モーメントを確保するために主翼から十分に離れた位置に置かれる。多くは胴体後端に設置されるが、胴体前部に設置した先尾翼機(エンテ型飛行機)もある。尾翼の構造は主翼に準じるが、主翼に比べ強度上の問題も小さく簡素である。尾翼(両方もしくは水平尾翼のみ)の無い飛行機は無尾翼機と呼ばれる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たターボプロップ

    比較的近距離の路線で頻繁に離着陸する中型?小型の機体は、ジェット機よりも離着陸性能の良いターボプロップ機の方が適している。そのため、コミューター機と呼ばれる10人?50人乗りの旅客機や、条件の悪い飛行場での運用を考慮した軍用輸送機はターボプロップ機が多い。自家用機程度の小型機でターボプロップエンジンを積むものもある。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た増槽

    主翼内部の空所を水密構造にして燃料タンクに使うことが多く、この方式をインテグラルタンクと呼ぶ。また主翼にエンジンや主脚などの降着装置を装備することが多い。攻撃機などでは主翼に爆弾・ミサイルや増加燃料タンクをずらりとぶら下げているが、いずれの場合も主翼には充分な強度が要求され、脚や兵装の取り付け部は充分な補強が実施されている。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たメッサーシュミット Me163

    ロケット※=音速機実験機ベルX-1・Me-163コメート・秋水・ナッター※ナッターは邀撃ミサイルではあるが有人有翼であるので飛行機として例示記載。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た降着装置

    機体の構造の説明のしかたは様々である。平凡社『世界大百科事典』(1988年版)では「翼、推進装置、操縦装置、胴体、降着装置」を挙げた。『飛行機の基本と仕組み』によると、飛行機を形作っている部品の数はエアバス等の場合300万点を超えるが構造物として大別すればいずれの飛行機も胴体・主翼・尾部の3つの部位に分けられる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た翼型

    主翼はその周りに循環を発生させて飛行方向に垂直な力(揚力)を発生する部位である。一般に、低亜音速機に用いられる翼断面形(翼型)は上側が膨れた凸状であるが、飛行速度や用途によってさまざまな翼型がある。翼型と翼平面形(上から見た主翼のカタチ)は飛行特性に大きな影響を与える。効率的に揚力を発生させるには細長い平面形状が適する。主翼の縦と横の比率をアスペクト比(縦横比とも)と呼んで平面形状の目安としている。高く遠くへ飛ぶ飛行機は主翼のアスペクト比を大きく設定した細長い翼が有利である。東大教授の鈴木真二によると、ライト兄弟の時代からアスペクト効果は理解されていたという。ただし、あまりアスペクト比を大きくすると強度の問題等が出てくる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た可変翼

    胴体に固定された翼で揚力を得る航空機である固定翼機(可変翼機を含む)のうち、動力により推力を発生させるものである(動力滑空機を除く)。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たエンジン

    推進装置(エンジン、プロペラなど)の力で前進し、固定翼に生ずる上向きの空気力(=揚力)によって、それ自体の全重量を支えて飛ぶもののこと。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たナッター

    ロケット※=音速機実験機ベルX-1・Me-163コメート・秋水・ナッター※ナッターは邀撃ミサイルではあるが有人有翼であるので飛行機として例示記載。飛行機 フレッシュアイペディアより)

112件中 91 - 100件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード