112件中 21 - 30件表示
  • 飛行機

    飛行機から見たロケット

    その他、過去に採用されたことがあるエンジンとしては、第二次世界大戦の前から終戦までのドイツでは、クルップとユンカースによる上下対向式(de)2サイクルディーゼルエンジン、ユモ 205やユモ 207を搭載したドルニエ Do 18(ドイツ語版)やブローム・ウント・フォス BV 138、BV 222水上輸送機、巡航ミサイルV1に用いられたパルスジェットエンジンのほか、やはりドイツで大戦末期に登場した戦闘機、Me 163や、アメリカの超音速実験機ベルX-1などのロケットエンジンがあった。このうち、ディーゼルエンジンについては、地球温暖化防止に効果があるとして、近年再興の可能性が出てきた。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た抗力

    静止した物体にある速さの風が当たる場合と、ある物体が同じ速さで反対方向に進む場合では、風の力の生じ方は変わらない。例えば静止した空気の中をジェット機が250m/sという速さで飛べば、250m/sという、ものすごい速さで風が前方から機体に当たってきている。風の力というのは風速の2乗に比例しており、台風の風速50-60m/sの風ですら、家屋を破壊するような巨大な力を持っていることを思えば、ジェット機に働く風の力の大きさを想像できるようになる。翼の揚力は、同じ迎え角であると、速度の2乗に比例して増加する、また同一の速度であると、迎え角が大きくなるほど揚力は増加する。飛行機は、ある高さを保って水平飛行を続ける時は、揚力が重力とつりあい、かつ、推進装置の推力と飛行機全体に働く抗力がつりあうようにしなければならない。よって(水平に飛ぶ時は)、高速で飛ぶ時は迎え角を小さくし、低速で飛ぶ時は迎え角を大きくして、揚力と重力がつりあうように調整して飛んでいる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た

    胴体に固定されたで揚力を得る航空機である固定翼機(可変翼機を含む)のうち、動力により推力を発生させるものである(動力滑空機を除く)。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たX-1 (航空機)

    その他、過去に採用されたことがあるエンジンとしては、第二次世界大戦の前から終戦までのドイツでは、クルップとユンカースによる上下対向式(de)2サイクルディーゼルエンジン、ユモ 205やユモ 207を搭載したドルニエ Do 18(ドイツ語版)やブローム・ウント・フォス BV 138、BV 222水上輸送機、巡航ミサイルV1に用いられたパルスジェットエンジンのほか、やはりドイツで大戦末期に登場した戦闘機、Me 163や、アメリカの超音速実験機ベルX-1などのロケットエンジンがあった。このうち、ディーゼルエンジンについては、地球温暖化防止に効果があるとして、近年再興の可能性が出てきた。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たモーメント

    補助翼は主翼の左右、後ろ側の縁に、ヒンジによって付けられている。補助翼というのは、一方を上げると他方が下がる仕組みになっている。例えば、右側を下げるとそれと連動して左側が上がり、左側を下げるとそれと連動して右側が上がる。例えば左側を下げ、右側の補助翼を上げると、左側の翼の揚力が増し、右側は減るので、機体を右に傾ける向きのモーメントが働く。このモーメントによって、機体を右に傾けることも可能であるし、左に傾きすぎていた機体を水平に戻すことも可能となる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た戦闘機

    桁の太さ・スキンの厚さと材質はその部分にかかる応力に応じて設定され、翼の先端近くでは桁は細くスキンは薄く設定される。最近ではこれらの構造を大きな金属槐から直接削り出す工法も採用されている。飛行中は揚力が主翼を上に曲げる方向に働くので、下面外板には引っ張りに強い素材、上面外板には圧縮に強い素材を選定する。戦闘機のような薄翼では、各場所にかかる応力に応じて素材を組み合わせて使う複合材料が多用される。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た

    推進装置(エンジン、プロペラなど)の力で前進し、固定翼に生ずる上向きの空気(=揚力)によって、それ自体の全重量を支えて飛ぶもののこと。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たディーゼルエンジン

    現在の飛行機用エンジンは、レシプロエンジン(ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのうちピストンを持つもの)と、ガスタービンエンジン(いわゆるジェットエンジン)とに大別される。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た主翼

    機体の構造の説明のしかたは様々である。平凡社『世界大百科事典』(1988年版)では「翼、推進装置、操縦装置、胴体、降着装置」を挙げた。『飛行機の基本と仕組み』によると、飛行機を形作っている部品の数はエアバス等の場合300万点を超えるが構造物として大別すればいずれの飛行機も胴体・主翼・尾部の3つの部位に分けられる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たMU-2

    ジェネラルアビエーション=三菱MU-2ムーニー飛行機 フレッシュアイペディアより)

112件中 21 - 30件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード