112件中 31 - 40件表示
  • 飛行機

    飛行機から見たスポイラー (航空機)

    現在の飛行機は、特殊な場合を除き主翼は1枚(単葉)である。主翼後部(後縁部)にはエルロンや、離着陸の低速時に揚力を増大させるフラップなどの高揚力装置が装備される。主翼上面に揚力を減らすためのスポイラーを備えるものもある。また、主翼端に抵抗を減らすためのウイングレットを装着するものもある。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たU-2 (航空機)

    翼を長くすると揚力の面では優位であるが、当然の結果として付け根に過大な負荷がかかるのは避けられない。高速で飛ぶ飛行機の主翼には、高速での空気抵抗が少ない後退翼が採用される。つまり、後退角を付けると主翼の前縁に音速付近での直角方向速度成分が少なくなり、衝撃波の抗力を少なくできる利点がある。さらに揚力と速度の関係から、超音速機は速度が速く分翼が小さくて済むため、アスペクト比が極端に少ないデルタ翼やスルメのようなオージー翼を採用し、反対にアスペクト比(縦横比)の大きいほうの例としては、航続距離世界記録機の航研機や高々度を滑空飛行するスパイ偵察機「U-2」 が挙げられる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たF-16

    ※(マルチロール機)=F-16以降現在主要各国戦闘機は多用途機化が進んでいる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た昇降舵

    上下方向に装備されるものを垂直尾翼、左右に伸びるものを水平尾翼と呼んでいる。垂直尾翼は、胴体に固定された部分を垂直安定板、その後ろの可動部分を方向舵(あるいはラダー)と呼ぶ。水平尾翼は同様に水平安定板と昇降舵(エレベーター)からなるのが一般的。尾翼は一般に、モーメントを確保するために主翼から十分に離れた位置に置かれる。多くは胴体後端に設置されるが、胴体前部に設置した先尾翼機(エンテ型飛行機)もある。尾翼の構造は主翼に準じるが、主翼に比べ強度上の問題も小さく簡素である。尾翼(両方もしくは水平尾翼のみ)の無い飛行機は無尾翼機と呼ばれる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た方向舵

    上下方向に装備されるものを垂直尾翼、左右に伸びるものを水平尾翼と呼んでいる。垂直尾翼は、胴体に固定された部分を垂直安定板、その後ろの可動部分を方向舵(あるいはラダー)と呼ぶ。水平尾翼は同様に水平安定板と昇降舵(エレベーター)からなるのが一般的。尾翼は一般に、モーメントを確保するために主翼から十分に離れた位置に置かれる。多くは胴体後端に設置されるが、胴体前部に設置した先尾翼機(エンテ型飛行機)もある。尾翼の構造は主翼に準じるが、主翼に比べ強度上の問題も小さく簡素である。尾翼(両方もしくは水平尾翼のみ)の無い飛行機は無尾翼機と呼ばれる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た固定翼機

    胴体に固定された翼で揚力を得る航空機である固定翼機(可変翼機を含む)のうち、動力により推力を発生させるものである(動力滑空機を除く)。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たB-2 (航空機)

    上記は代表的な構造である。ここに記したものと違った形態の機種も多く存在する。例えば、「B-2」のような胴体と尾翼を持たない全翼機も(少数ではあるが)実用化されている。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た秋水

    ロケット※=音速機実験機ベルX-1・Me-163コメート・秋水・ナッター※ナッターは邀撃ミサイルではあるが有人有翼であるので飛行機として例示記載。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たライトフライヤー号

    1903年12月17日に米国でライト兄弟がライトフライヤー号による有人飛行を行い、1906年10月22日にはヨーロッパでサントス・デュモンが「14?bis号」で飛行を行った。この時代、骨組は木製、翼は布張りが一般的であった。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た固定翼

    推進装置(エンジン、プロペラなど)の力で前進し、固定翼に生ずる上向きの空気力(=揚力)によって、それ自体の全重量を支えて飛ぶもののこと。飛行機 フレッシュアイペディアより)

112件中 31 - 40件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード