112件中 41 - 50件表示
  • 飛行機

    飛行機から見た民間機

    ジェット戦闘機に代表される速度と運動性を重視する機体では、機体に対して大きなエンジンは、空気抵抗低減と質量 (mass) 集中のため、単発、双発とも、エンジンは胴体内に置かれる。民生用の小型?中型機では、キャビン容積を重視して、主翼の上か下、もしくは尾部に置かれる。大型機では尾部にまとめるか、主翼下にパイロンで吊り、並列に配置するものが多い。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たドルニエ Do X

    重量と体積の大きいレシプロエンジンでは、エンジン搭載位置の自由度は低くなり、単発機はもちろん、奇数発機のエンジンのうちのひとつは、機首や機尾、パラソル式(支柱支持高翼配置)の主翼上など、平面視での機体中心線上に置かれる。左右非対称の機体(ブローム・ウント・フォス BV 141)でも、尾翼の付いた胴体側(操縦席の無い方)の中心線上にある。双発以上の偶数発機では、多くが主翼前縁に配置される。強度上の理由で、エンジンをまとめて設置するために2基一組にしたもの(ドルニエ Do X)や、速度を追求し、前面投影面積を増やさずに2基エンジンとしたもの(ドルニエ Do 335)ではタンデム配置のものもある。また、隣合う二つのエンジンをギアで連結し、2基のエンジンでひとつのプロペラを駆動するもの(ハインケル He 177)も見られたが、これらは全てドイツ生まれである。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たアイランダー

    コミューター=ブリティシュノーマンBN-2アイランダー飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たドルニエDo335

    重量と体積の大きいレシプロエンジンでは、エンジン搭載位置の自由度は低くなり、単発機はもちろん、奇数発機のエンジンのうちのひとつは、機首や機尾、パラソル式(支柱支持高翼配置)の主翼上など、平面視での機体中心線上に置かれる。左右非対称の機体(ブローム・ウント・フォス BV 141)でも、尾翼の付いた胴体側(操縦席の無い方)の中心線上にある。双発以上の偶数発機では、多くが主翼前縁に配置される。強度上の理由で、エンジンをまとめて設置するために2基一組にしたもの(ドルニエ Do X)や、速度を追求し、前面投影面積を増やさずに2基エンジンとしたもの(ドルニエ Do 335)ではタンデム配置のものもある。また、隣合う二つのエンジンをギアで連結し、2基のエンジンでひとつのプロペラを駆動するもの(ハインケル He 177)も見られたが、これらは全てドイツ生まれである。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た全翼機

    上記は代表的な構造である。ここに記したものと違った形態の機種も多く存在する。例えば、「B-2」のような胴体と尾翼を持たない全翼機も(少数ではあるが)実用化されている。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た航研機

    翼を長くすると揚力の面では優位であるが、当然の結果として付け根に過大な負荷がかかるのは避けられない。高速で飛ぶ飛行機の主翼には、高速での空気抵抗が少ない後退翼が採用される。つまり、後退角を付けると主翼の前縁に音速付近での直角方向速度成分が少なくなり、衝撃波の抗力を少なくできる利点がある。さらに揚力と速度の関係から、超音速機は速度が速く分翼が小さくて済むため、アスペクト比が極端に少ないデルタ翼やスルメのようなオージー翼を採用し、反対にアスペクト比(縦横比)の大きいほうの例としては、航続距離世界記録機の航研機や高々度を滑空飛行するスパイ偵察機「 U-2」 が挙げられる。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たウイングレット

    現在の飛行機は、特殊な場合を除き主翼は1枚(単葉)である。主翼後部(後縁部)にはエルロンや、離着陸の低速時に揚力を増大させるフラップなどの高揚力装置が装備される。主翼上面に揚力を減らすためのスポイラーを備えるものもある。また、主翼端に抵抗を減らすためのウイングレットを装着するものもある。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見た滑空機

    胴体に固定された翼で揚力を得る航空機である固定翼機(可変翼機を含む)のうち、動力により推力を発生させるものである(動力滑空機を除く)。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たHe 177 (航空機)

    重量と体積の大きいレシプロエンジンでは、エンジン搭載位置の自由度は低くなり、単発機はもちろん、奇数発機のエンジンのうちのひとつは、機首や機尾、パラソル式(支柱支持高翼配置)の主翼上など、平面視での機体中心線上に置かれる。左右非対称の機体(ブローム・ウント・フォス BV 141)でも、尾翼の付いた胴体側(操縦席の無い方)の中心線上にある。双発以上の偶数発機では、多くが主翼前縁に配置される。強度上の理由で、エンジンをまとめて設置するために2基一組にしたもの(ドルニエ Do X)や、速度を追求し、前面投影面積を増やさずに2基エンジンとしたもの(ドルニエ Do 335)ではタンデム配置のものもある。また、隣合う二つのエンジンをギアで連結し、2基のエンジンでひとつのプロペラを駆動するもの(ハインケル He 177)も見られたが、これらは全てドイツ生まれである。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たP-51 (航空機)

    低翼・中・高翼(貨物の出し入れが容易なため輸送機に多い)[[Image:Wing angles.jpg|thumb|200px|right|航空機の主翼の形状(薄緑の部分)左から矩形(テーパー)翼(P-51飛行機 フレッシュアイペディアより)

112件中 41 - 50件表示

「空の交通情報」のニューストピックワード

  • 若狭おばま お魚祭り

  • アクセルワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏

  • アクセルワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏(ミレニアム・トワイライト)