94件中 61 - 70件表示
  • スカイチーム

    スカイチームから見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    一例では、シェレメーチエヴォ国際空港ターミナルD、バルセロナ・エル・プラット国際空港ターミナル1、 ロンドン・ヒースロー空港ターミナル4、北京首都国際空港ターミナル2にチェックインカウンター、自動チェックイン機、乗り継ぎデスク、ラウンジといった共同の設備が設置されている。スカイチーム フレッシュアイペディアより)

  • 富山空港

    富山空港から見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    サービス施設:空港ラウンジ「らいちょう」、多目的ホール、有料待合室、ビジネスデスク、マッサージチェア、授乳室、おいしい水コーナー富山空港 フレッシュアイペディアより)

  • ルフトハンザドイツ航空

    ルフトハンザドイツ航空から見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    ドイツ国内をはじめとする各国にファーストクラスラウンジ(フランクフルト空港・ミュンヘン国際空港のみ)、セネターラウンジ、ビジネスラウンジ、ウェルカムラウンジ(フランクフルト空港のみ)の4種類の空港ラウンジが存在し、予約クラスやMiles & More会員ステータスによって使用できるラウンジや同伴者の料金等が異なる。ルフトハンザドイツ航空 フレッシュアイペディアより)

  • プレミアム・エコノミー

    プレミアム・エコノミーから見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    機内食についてはエコノミークラスと同等の場合が多いが、シャンパンや軽食などの提供で差をつけている会社も多い。また、空港ラウンジの使用や特設カウンターの提供、機内アメニティの提供を行なうケースもある。プレミアム・エコノミー フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    米国内の空港を中心に、「SKY CLUB(スカイクラブ)の名称で空港ラウンジを提供している。利用対象はビジネスエリート・ファーストクラスの乗客やスカイマイルのメダリオン会員(上級会員)およびスカイチーム加盟航空会社の上級会員の一部を中心とするが、それ以外の乗客でも利用料を支払うことで入場できる。サービス内容はラウンジによってそれぞれ異なるが、飲料・軽食・雑誌・新聞類の提供はほぼ共通してなされる。日本においては、ハブ空港である成田空港において、第1サテライトと第2サテライトの二箇所でスカイクラブラウンジを運営していた。しかし、成田発着便の減便に伴い、第1サテライトのラウンジは2017年5月15日で営業終了した。一方、ミネアポリス線など就航した羽田空港では、提携ラウンジという形で成田ラウンジの削減を羽田でのラウンジ提供強化(以前は、上級会員でもエコノミーシートでは羽田の提携ラウンジは利用不可となっていた。これは成田ラウンジと異なる運用で、上級会員から不満が出ていた。現在は、成田ラウンジと同様、エコノミーでも上級会員であれば羽田の提携ラウンジが利用可能となっている)という形で補っている。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • ジェーシービー

    ジェーシービーから見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    黒地のプラチナカード。JAL JCBカード共通のサービスだけでなく、空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」や、プラチナ・コンシェルジュデスクなど、プラチナカード独自のサービスを受けることができる。JALマイレージバンクにおいても、ショッピングマイル自動入会に加え、「アドオンマイル」というプラチナカード独自のサービスを受けることができる。年会費は3万3,480円(2014年5月現在・日本国内)。ジェーシービー フレッシュアイペディアより)

  • 平壌国際空港

    平壌国際空港から見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    この新しい国際線旅客ターミナルは北朝鮮の空港として初めて出発と到着階が分かれている構造となっており、また北朝鮮の空港として初のボーディング・ブリッジが3本完備している。12か所のチェックインカウンターが備えられており、ほかにも、入国審査所、税関、検疫所、両替所、ATM(Ryugyong Commercial Bank、ただし海外の銀行のキャッシュカードの利用はできない)を備える他、免税店、レストラン、バー、ビジネスクラスラウンジ、地下駐車場やタクシー乗り場が完備されているなど、国際空港としての設備を備えている。平壌国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • エコノミークラス

    エコノミークラスから見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    エコノミー普通運賃で搭乗する乗客に対する空港ラウンジの提供(一部の航空会社)エコノミークラス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ国際空港

    ジョン・F・ケネディ国際空港から見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    ブリティッシュ・エアウェイズはヒースロー空港とジョン・F・ケネディ国際空港にコンコルド搭乗客専用の空港ラウンジ『コンコルド・ルーム』を用意していた。現在はファーストクラス専用ラウンジとして利用されている。ジョン・F・ケネディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • S7航空

    S7航空から見た空港ラウンジ空港ラウンジ

    モスクワ(ドモジェドヴォ空港)とノヴォシビリスク(トルマチョーヴォ空港)には、ビジネスクラスラウンジがある。また、モスクワには、「S7コンフォートラウンジ」と呼ばれるエコノミークラス搭乗者向けの空港ラウンジがあり、S7航空・グローバス・ワンワールド加盟航空会社のフライトの搭乗者、S7 Ticket LLCのボーナスプログラムメンバーが利用できる。S7航空 フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示

「空港ラウンジ」のニューストピックワード