前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • 塵旋風

    塵旋風から見た突風突風

    塵旋風(じんせんぷう)とは、地表付近の大気が渦巻状に立ち上る突風の一種である。一般的には旋風(せんぷう、つむじかぜ)や辻風(つじかぜ)と呼ばれ、英語ではダストデビル(Dust devil)と呼ばれる。竜巻と誤認されることがあるが、塵旋風と竜巻は根本的に異なる気象現象である。塵旋風 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルダネスファーストエイド

    ウィルダネスファーストエイドから見た突風突風

    アウトドアでは、自然環境に身を置くことになるため、予期せぬ天候不順から来る降雪、降雨や落雷、突風、地形変化から生じる落石、土砂崩れ、洪水、といった過酷な自然災害に見舞われる可能性がある。降雨による体温低下や落雷、突風による倒木、転倒、滑落といった事故や溺水への対処も、助けを呼べない・時間がかかるといった環境では、現場の救助者の力しか利用することはできない。そのため、救助者の安全を考慮した現場からの適切な退避と十分な傷病者への対応が求められる。ウィルダネスファーストエイド フレッシュアイペディアより)

  • 大阪航空堺市墜落事故

    大阪航空堺市墜落事故から見た突風突風

    事故は、飛行中に突風を受けた際に、機体の回復操作を困難とする急激な操縦操作を行った事による。事故時には資格も経験も知識もない同乗者が操縦を行っていたために適切な回復操作がなされなかった。体験飛行と称し操縦をさせるといった行為が、いかに危険かを知らせる結果となった。大阪航空堺市墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • アメダス

    アメダスから見た突風突風

    国内約1,300か所に設置されているアメダス観測所で気象観測を行っている。観測網の密度は降水量が約17km(=17km四方の正方形につき1か所)、4要素の観測点は約20kmであり、概ねメソβスケール(20km - 200km規模)の現象を捉えることができるとされている。都府県レベルの気象現象の把握には効果を発揮している。しかし、近年需要が高い、集中豪雨や雷、突風などのより狭い範囲の現象(局地現象)の把握は難しい(対応するためには観測点を数十倍に増やす必要がある)。局地現象に対しては気象レーダーの方が効率的であり、近年はこちらが増強される傾向にある。アメダス フレッシュアイペディアより)

  • 暖湿流

    暖湿流から見た突風突風

    暖湿流が、より温度が低い、または湿度が低い空気の塊に進入してくると、大気が不安定化して、対流雲(積雲や積乱雲)が発達し、驟雨(強度変化の激しい雨)、集中豪雨、雷、突風、霰・雹、気温の急変化などが発生することがある。暖湿流 フレッシュアイペディアより)

  • 内陸性気候

    内陸性気候から見た突風突風

    周囲と高低差の大きい盆地では冬季、冷気湖と呼ばれる現象により、突然気温が低下したり突風が吹いたりすることがある。内陸性気候 フレッシュアイペディアより)

  • ドライライン

    ドライラインから見た突風突風

    ドライライン自体は、ほかの前線に比べて雲を発生させる力が弱い。しかし、ドライラインに温度傾度が大きいライン(他の前線など)が近づくと、対流を強めて雲を発達させ、大気をより不安定にする効果があり、結果的に雷雨や大雨、突風を生む。ドライライン フレッシュアイペディアより)

  • 防災気象情報

    防災気象情報から見た突風突風

    竜巻注意情報 - 雷注意報発表中に、竜巻やダウンバーストなどの激しい突風が発生する恐れが高くなった場合に発表。竜巻発生確度ナウキャストと連動している。有効期間は発表後約1時間で、府県単位。防災気象情報 フレッシュアイペディアより)

  • マプサウラー

    マプサウラーから見た突風突風

    マプサウラー(Mapsaura)は、ギリシア神話における突風の女神。マプサウラー フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の気象・地象・天象

    2011年の気象・地象・天象から見た突風突風

    11月18日 - 鹿児島県徳之島町で竜巻とみられる突風発生、3人死亡。2011年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「突風」のニューストピックワード