前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • 塵旋風

    塵旋風から見た突風突風

    塵旋風(じんせんぷう)とは、地表付近の大気が渦巻状に立ち上る突風の一種である。一般的には旋風(せんぷう、つむじかぜ)や辻風(つじかぜ)と呼ばれ、英語ではダストデビルと呼ばれる。竜巻と似ていることから誤認されることも多いが、塵旋風と竜巻は根本的に異なる気象現象である。塵旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪航空堺市墜落事故

    大阪航空堺市墜落事故から見た突風突風

    事故は、飛行中に突風を受けた際に、機体の回復操作を困難とする急激な操縦操作を行った事による。事故時には資格も経験も知識もない同乗者が操縦を行っていたために適切な回復操作がなされなかった。体験飛行と称し操縦をさせるといった行為が、いかに危険かを知らせる結果となった。大阪航空堺市墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルダネスファーストエイド

    ウィルダネスファーストエイドから見た突風突風

    アウトドアでは、自然環境に身を置くことになるため、予期せぬ天候不順から来る降雪、降雨や落雷、突風、地形変化から生じる落石、土砂崩れ、洪水、といった過酷な自然災害に見舞われる可能性がある。降雨による体温低下や落雷、突風による倒木、転倒、滑落といった事故や溺水への対処も、助けを呼べない・時間がかかるといった環境では、現場の救助者の力しか利用することはできない。そのため、救助者の安全を考慮した現場からの適切な退避と十分な傷病者への対応が求められる。ウィルダネスファーストエイド フレッシュアイペディアより)

  • アメダス

    アメダスから見た突風突風

    国内約1,300箇所に設置されているアメダス観測所で気象観測を行っている。観測網の密度は降水量が約17km(= 17km四方の正方形につき1か所)、4要素の観測点は約20kmであり、概ねメソβスケール(20km - 200km規模)の現象を捉えることができるとされている。都府県レベルの気象現象の把握には効果を発揮している。しかし、近年需要が高い、集中豪雨や雷、突風などのより狭い範囲の現象(局地現象)の把握は難しい(対応するためには観測点を数十倍に増やす必要がある)。局地現象に対しては気象レーダーの方が効率的であり、近年はこちらが増強される傾向にある。アメダス フレッシュアイペディアより)

  • 暖湿流

    暖湿流から見た突風突風

    暖湿流が、より温度が低い、または湿度が低い空気の塊に進入してくると、大気が不安定化して、対流雲(積雲や積乱雲)が発達し、驟雨(強度変化の激しい雨)、集中豪雨、雷、突風、霰・雹、気温の急変化などが発生することがある。暖湿流 フレッシュアイペディアより)

  • 模型航空機の安定

    模型航空機の安定から見た突風突風

    FF模型機の場合はいかなる場合も操縦によって姿勢を修正されることが無い。長時間にわたって種々の擾乱に繰り返し耐えて、自力で復元することが要求される。擾乱要素である突風の影響の強さは、機体の飛行速度に対する相対速度に比例するから、飛行速度が実機の1/10以下の模型機は常に台風並みの荒天に曝されていることになる。加えて、実機より小さい模型機は出力や翼面積に対して相対的に軽く、運動性が良い。実物飛行機では例外的である飛行も簡単に行なえるから、飛行状況の範囲が広く、それに対処する安定性の範囲も広区必要になる。従って、安定性はきわめて大きく設計される。模型航空機の安定 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機の安定

    飛行機の安定から見た突風突風

    静安定とは、突風などの外乱によって本来の釣り合いからずれた場合、元に戻ろうとする力(モーメント)の大きさである。例えば、迎え角5度で飛んでいた機体が、突風によって上を向き、10度になってしまった場合、それを元の5度に戻そうというモーメントの大きさで静安定の強さを示す。飛行機の安定 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年夏の局地的荒天続発

    2008年夏の局地的荒天続発から見た突風突風

    2008年の夏における局地的な荒天の続発は、2008年の7月から9月始めにかけて日本各地で相次いだ、集中豪雨(ゲリラ豪雨)、突風、雷などによる災害のことである。2008年夏の局地的荒天続発 フレッシュアイペディアより)

  • 強風警報システム

    強風警報システムから見た突風突風

    同システムは統計学に基づく独自のアルゴリズムを用い、観測した風速の変化を元に今後の風速の上限値を3分間隔で予測する。予測される風速か実際に観測された風速のいずれかが規制値を上回ると規制を行い、予測される風速と実際に観測された風速の双方が規制値を下回ると直ちに規制を解除できる。速度規制時間・運転中止時間は約3割削減できるとされる。同システムは現存の観測機器を流用でき、また観測箇所毎にデータベースを蓄積する必要がないため低コストで導入できる。一方で突風には構造上対応できないほか、観測した風速の変化状況によってはシステム導入前と規制時間が同じか、長くなるケースもあり得る。強風警報システム フレッシュアイペディアより)

  • 防災気象情報

    防災気象情報から見た突風突風

    竜巻やダウンバーストなどの突風に対する防災情報として、「突風等短時間予測情報」に先駆けて「竜巻注意情報」の発表を開始。雷注意報に付属して発表され、1時間以下の間隔で情報が更新される1。防災気象情報 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「突風」のニューストピックワード