66件中 11 - 20件表示
  • メッシュ予報

    メッシュ予報から見た突風突風

    一方、「降水短時間予報」は1時間の降水量、「降水ナウキャスト」は10分間の降水量を予測するが、時間間隔が短く正方形の1辺も1kmと狭いため、「その地域の降水量がどのように変化するか」という観点はもちろんのこと、「1点の降水量がどう変化するか」という観点で見ても有用である。集中豪雨などは数十kmの規模で発生するため、1km四方の予報は集中豪雨の予測にも適したものだといえる。しかし、数百m?数m規模で発生する竜巻や突風には、これらの予報の精度では対応することができない。メッシュ予報 フレッシュアイペディアより)

  • U型テレビ

    U型テレビから見た突風突風

    2013年9月2日に放送した突風によりけが人が発生したニュースで東京都に「埼玉県越谷市」、神奈川県に「東京都」と地名を誤って表示した。U型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • アーチ雲

    アーチ雲から見た突風突風

    この雲が見られるということは、激しい対流が発生してそれが移動しているということを示し、その前後の時間に突風や大雨、雷、雹などの荒れた天気が発生することが多い。アーチ雲 フレッシュアイペディアより)

  • シクヴァル

    シクヴァルから見た突風突風

    「シクヴァル」とは「驟雨」「突風」の意を持つ。なお、日本語での表記は一定しておらず、シクヴァールやシュクヴァル、シュクヴァール、シェクヴァル、シャクヴァル等とも記述される。ロシア語の発音に最も近いと思われる表記はシュクヴァールである。シクヴァル フレッシュアイペディアより)

  • 模型航空機の安定

    模型航空機の安定から見た突風突風

    FF模型機の場合はいかなる場合も操縦によって姿勢を修正されることが無い。長時間にわたって種々の擾乱に繰り返し耐えて、自力で復元することが要求される。擾乱要素である突風の影響の強さは、機体の飛行速度に対する相対速度に比例するから、飛行速度が実機の1/10以下の模型機は常に台風並みの荒天に曝されていることになる。加えて、実機より小さい模型機は出力や翼面積に対して相対的に軽く、運動性が良い。実物飛行機では例外的である飛行も簡単に行なえるから、飛行状況の範囲が広く、それに対処する安定性の範囲も広区必要になる。従って、安定性はきわめて大きく設計される。模型航空機の安定 フレッシュアイペディアより)

  • 強風警報システム

    強風警報システムから見た突風突風

    同システムは統計学に基づく独自のアルゴリズム(法則)を用い、観測した風速の変化を元に今後の風速の上限値を3分間隔で予測する。予測される風速か実際に観測された風速のいずれかが規制値を上回ると規制を行い、予測される風速と実際に観測された風速の双方が規制値を下回ると直ちに規制を解除できる。速度規制時間・運転中止時間は約3割削減できるとされる。同システムは現存の観測機器を流用でき、また観測箇所ごとにデータベースを構築する必要がないため低コストで導入できる。一方で突風には構造上対応できないほか、観測した風速の変化状況によってはシステム導入前と規制時間が同じ、または長くなるケースもあり得る。強風警報システム フレッシュアイペディアより)

  • 大気安定度

    大気安定度から見た突風突風

    安定成層のもとでは、天候の変化は緩やかである。不安定成層のもとでは、成層の不安定度が高いと、積乱雲が発達しやすく、短時間強雨、雷、突風、急激な温度・湿度・気圧の変化などが起きやすい。大気安定度 フレッシュアイペディアより)

  • 気象レーダー

    気象レーダーから見た突風突風

    竜巻をはじめとした突風をもたらす現象を監視するため、気象庁ではドップラー・レーダーへの更新が行われた。気象レーダー フレッシュアイペディアより)

  • コスタ・コンコルディア

    コスタ・コンコルディアから見た突風突風

    2008年11月22日、イタリアはシチリア島の都市パレルモにあるでドック入りしていた本船は、スコール の中、突風に煽られてドックの側面にぶつかり、船首側面に穴が開くなどの損害を受けた。負傷者は出ていない。コスタ・コンコルディア フレッシュアイペディアより)

  • 9K114

    9K114から見た突風突風

    9K114 シュトゥールム(:突風、強襲の意)は、ソビエト連邦の対戦車ミサイルである。NATOコードネームはAT-6 スパイラル。9K114 フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示

「突風」のニューストピックワード