56件中 11 - 20件表示
  • 風害

    風害から見た突風突風

    風害(ふうがい)は、風によって引き起こされる、災害全般のことである。主に台風・低気圧による強風(暴風)、竜巻やダウンバースト、塵旋風などによる突風などが原因となる。風害 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーシート

    ブルーシートから見た突風突風

    また、台風・突風などで屋根が破損した際の応急処置的にも利用されるが、平時には自治会レベルでストックされているブルーシートなどは自治会の催し物でも利用されていたりもする。ブルーシート フレッシュアイペディアより)

  • 原爆投下・10秒の衝撃

    原爆投下・10秒の衝撃から見た突風突風

    爆心地から1.6km離れた広島貯金支局のビルは4階建ての鉄筋コンクリート造りだったため無傷で残ったものの、中にいた84人が死亡した。番組では衝撃波のシミュレーション実験を行ない、3.4秒後に支局を襲った衝撃波が建物内部に爆風の渦を巻き起こしたと推定した。また、広島地方気象台は爆心地の南3.7kmにあり、衝撃波は9.1秒後に到達したと推定した。そこでは椀型風速計が風速200mを観測したという。なお、爆風が複数回襲ってきたという証言が得られている。その原因の1つとして、キノコ雲の上昇に伴い暴風が生じて雲に吸い上げる力が発生したことが考えられた。爆心地方向からの衝撃波でなぎ倒された物が吹き戻しの猛烈な風で爆心地方向へ引き倒されたとみられる事例もあるが、竜巻や突風が生じたとも考えられ、番組では事例のすべてが吹き戻しとは断言できないとした。原爆投下・10秒の衝撃 フレッシュアイペディアより)

  • 気象情報 (気象庁)

    気象情報 (気象庁)から見た突風突風

    突風に関する気象情報気象情報 (気象庁) フレッシュアイペディアより)

  • ドライライン

    ドライラインから見た突風突風

    ドライライン自体は、ほかの前線に比べて雲を発生させる力が弱い。しかし、ドライラインに温度傾度が大きいライン(他の前線など)が近づくと、対流を強めて雲を発達させ、大気をより不安定にする効果があり、結果的に雷雨や大雨、突風を生む。ドライライン フレッシュアイペディアより)

  • 北条 (つくば市)

    北条 (つくば市)から見た突風突風

    2012年(平成24年)5月6日午後1時頃、突風により当地区の一部の建物が被害を受け、死者1名・ケガ人が複数出た。気象庁は翌5月7日に、この突風現象は竜巻によるもので、強さは藤田スケールでF2と推定したと発表したが、6月8日にF3に変更された。北条 (つくば市) フレッシュアイペディアより)

  • スコールライン

    スコールラインから見た突風突風

    ふつう、寒冷前線上には積乱雲が発生し、地上は驟雨や雷、突風に見舞われる。スコールラインは、この積乱雲が発達して寒冷前線の進行方向前方に伸びてできる、新たな積乱雲の帯である。スコールライン フレッシュアイペディアより)

  • 東京バベルタワー

    東京バベルタワーから見た突風突風

    上層部の階の窓が割れると外の-50度の気温や突風を受ける。東京バベルタワー フレッシュアイペディアより)

  • 大気安定度

    大気安定度から見た突風突風

    安定成層のもとでは、天候の変化は緩やかである。不安定成層のもとでは、成層の不安定度が高いと、積乱雲が発達しやすく、短時間強雨、雷、突風、急激な温度・湿度・気圧の変化などが起きやすい。大気安定度 フレッシュアイペディアより)

  • 熱雷

    熱雷から見た突風突風

    熱雷(ねつらい、)とは、夏季に地面が日射で局地的に強く熱せられ、湿気を含んだ下層の空気が上昇して雷雲が発達し生じる雷雨。高温、多湿の小笠原気団におおわれているときに多い。上空に寒冷空気が流入し、大気が不安定な状態になっている場合に強い雷雨となる。また、山岳部では地形が複雑で、部分的に強く熱せられるため平野部より熱雷が起こりやすい。北関東、鈴鹿山脈などに多く発生。範囲は狭く、毎時40kmほどの速さで移動する。大雨をもたらすことがあり、突風を伴うこともある。熱雷 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「突風」のニューストピックワード