66件中 21 - 30件表示
  • 積乱雲

    積乱雲から見た突風突風

    雲は輪郭がはっきりしていて、雲底は非常に暗く、雲の下では激しい雨や雹・霰、冷たい突風がもたらされ、雲の内外で雷が発生するのが特徴。降水量は乱層雲に比べて格段に多く、短時間で大量の雨(驟雨性の雨)を降らせるのが特徴。集中豪雨のほとんどが積乱雲によるものである。積乱雲 フレッシュアイペディアより)

  • ペイロードフェアリング

    ペイロードフェアリングから見た突風突風

    ペイロードがブースターの中心構造とフェアリングの両方に取り付けられている場合、バフェッティングや突風による振動が原因で、ペイロードは慣性荷重と同様にフェアリングの曲げ荷重の影響を受けることがある。ペイロードフェアリング フレッシュアイペディアより)

  • 気象情報 (気象庁)

    気象情報 (気象庁)から見た突風突風

    突風に関する気象情報気象情報 (気象庁) フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機の安定

    飛行機の安定から見た突風突風

    静安定とは、突風などの外乱によって本来の釣り合いからずれた場合、元に戻ろうとする力(モーメント)の大きさである。例えば、迎え角5度で飛んでいた機体が、突風によって上を向き、10度になってしまった場合、それを元の5度に戻そうというモーメントの大きさで静安定の強さを示す。飛行機の安定 フレッシュアイペディアより)

  • 前線 (気象)

    前線 (気象)から見た突風突風

    寒冷前線は、冷たい気団が暖かい気団に向かって移動する際の接触面で起きる。日本付近をはじめ北半球では、主に温帯低気圧の進行方向後面に、南西方向に連なって伸びる。寒気と地表の間に抵抗があるため、上図のように寒気が上空に張り出した形で気団が移動する。寒冷前線が通過すると気温が急に下がる。長く連続した雨になることは少ないが、積乱雲が発生するため、短時間で強い雨をもたらし、雷や突風、雹をともなうことも多い。また、温度差が大きい場合竜巻が発生する遠因になる。前線 (気象) フレッシュアイペディアより)

  • 平成24年台風第4号

    平成24年台風第4号から見た突風突風

    6月20日、東京都武蔵野市の井の頭自然文化園では、台風による突風の影響で「リスの小径」に倒木が直撃、支柱がゆがみ、ニホンリス約30匹が脱走したのが確認され、捕獲作戦がとられた。平成24年台風第4号 フレッシュアイペディアより)

  • 平成16年台風第22号

    平成16年台風第22号から見た突風突風

    神奈川県横浜市金沢区…2トントラックなど38台が横転。ダウンバーストのような突風が吹いた可能性よりも台風通過時に発生した東風が原因である可能性が示唆された。平成16年台風第22号 フレッシュアイペディアより)

  • 熱雷

    熱雷から見た突風突風

    熱雷(ねつらい、)とは、夏季に地面が日射で局地的に強く熱せられ、湿気を含んだ下層の空気が上昇して雷雲が発達し生じる雷雨。高温、多湿の小笠原気団におおわれているときに多い。上空に寒冷空気が流入し、大気が不安定な状態になっている場合に強い雷雨となる。また、山岳部では地形による強制上昇により平野部より熱雷が起こりやすい。範囲は狭く、毎時40kmほどの速さで移動する。大雨をもたらすことがあり、突風を伴うこともある。熱雷 フレッシュアイペディアより)

  • 地方風

    地方風から見た突風突風

    アブロオロス(Abroholos) - ブラジル南東部の沿岸で吹く、驟雨を伴った突風性の風。スコールに類似している。地方風 フレッシュアイペディアより)

  • 寒冷前線

    寒冷前線から見た突風突風

    積雲や積乱雲がよく発達し、強度変化が多く、比較的短時間にまとまった雨が降りやすい(驟雨)。にわか雨やにわか雪、霰や雹のほか、雷もよく発生する。積乱雲が非常によく発達すると、ダウンバーストなどの突風が発生することもある。ただし、場合によっては対流活動が不活発になり、ほとんど雨が降らないようなことがある。寒冷前線 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「突風」のニューストピックワード