66件中 31 - 40件表示
  • スコール

    スコールから見た突風突風

    スコール (squall) は、激しい天候変化(豪雨、落雷あるいは大雪など)を伴う急激な風速の増加現象である。短時間のうちに継続的に風速が増加し、激しい突風を生じる場合もある。スコールは通常、中層からの下降気流または中層での対流による冷却(冷たい大気の先端に生じた局所的な上昇気流)により発生し、局所的な下降気流を強める。スコール フレッシュアイペディアより)

  • ゴースト・スカッド

    ゴースト・スカッドから見た突風突風

    大統領を人質に取り、カーゴベイにあった脱出機で無理矢理連れ出した大統領と共に逃走を図る。しかし、脱出機の発進のためカーゴベイのハッチが開いてしまっており、乱気流による突風がカーゴベイに吹き荒れバランスを崩し、よろける。その隙にアルファユニットにより、スナイパーライフルで頭部を一発で狙撃され、開いていた後部ハッチから機外に投げ出され、持っていた手榴弾が爆発し、爆死するという最期を遂げる。なお、Wii版の忍者モードではバカ殿の格好をしており、手榴弾の代りにおにぎりを持っている。また、パラダイスモードではバカンスに来た旅行者のような格好をしており、手榴弾の代りにバナナを持っている。ゴースト・スカッド フレッシュアイペディアより)

  • 長江三峡下り

    長江三峡下りから見た突風突風

    鉄道、トラックによる陸運が発展した現在も、長江上の水運は盛んで、様々な荷船・客船が行き交い、このため衝突事故もしばしば起っている。またおもに自然災害によると思われる事故もあり、2015年6月には突風により「三峡上り」の遊覧船が転覆・沈没した東方之星沈没事故でほぼ全乗組員・乗客の400余名が死亡している。長江三峡下り フレッシュアイペディアより)

  • Ka-50 (航空機)

    Ka-50 (航空機)から見た突風突風

    Ka-50は、前任機を上回る高度な運動性を有し、同軸反転式ローターによってもたらされる安定した飛行特性は他の攻撃ヘリコプターにはみられないものである。Ka-50は、対空・対地両方への攻撃能力を有する機体として開発されたため、通常の攻撃ヘリコプター以上に空対空ミサイルなどの運用能力に優れている。なお、対空戦闘は後期型Mi-24にも付与されていた任務で、ソ連・ロシアが西側諸国以上に攻撃ヘリコプターを多目的に使用してきたことはよく知られたことである。それに関連し、Ka-50でもMi-24同様あらゆる地上目標への攻撃能力が付与されている。Ka-50では、同機とSu-25T向けに開発された昼間テレビ自動追跡装置シュクヴァール(:「突風」の意味)を搭載した。また、自動追跡航法装置ルビコーン()も搭載した。Ka-50 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 風害

    風害から見た突風突風

    風害(ふうがい)は、風によって引き起こされる、災害全般のことである。主に台風・低気圧による強風(暴風)、竜巻やダウンバースト、塵旋風などによる突風などが原因となる。風害 フレッシュアイペディアより)

  • 東京バベルタワー

    東京バベルタワーから見た突風突風

    上層部の階の窓が割れると外の-50度の気温や突風を受ける。東京バベルタワー フレッシュアイペディアより)

  • 北条 (つくば市)

    北条 (つくば市)から見た突風突風

    2012年(平成24年)5月6日午後1時頃、突風により当地区の一部の建物が被害を受け、死者1名・ケガ人が複数出た。気象庁は翌5月7日に、この突風現象は竜巻によるもので、強さは藤田スケールでF2と推定したと発表したが、6月8日にF3に変更された。北条 (つくば市) フレッシュアイペディアより)

  • スコールライン

    スコールラインから見た突風突風

    ふつう、寒冷前線上には積乱雲が発生し、地上は驟雨や雷、突風に見舞われる。スコールラインは、この積乱雲が発達して寒冷前線の進行方向前方に伸びてできる、新たな積乱雲の帯である。スコールライン フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見た突風突風

    沙塵暴は時に猛烈に発達することがあり、中国の気象当局は、瞬間風速 25 m/s 以上で視程が 50 m 以下の砂塵嵐を「黒風暴」(ウイグル語で ???? ?????、英字表記:qara boran、日本語音写:カラボラン、「黒い嵐」「大嵐」「台風」の意)または「黒風」と規定、俗に「黒い嵐」などと呼ばれている。黒風暴は、寒冷前線の通過時などで大気が不安定になったときに、ダウンバーストやガストフロントなどの局地的な突風をきっかけに発生する。水平方向の大きさは小さいもので 数百 m、大きいものは 100 km を超える。大きな渦を巻きながら移動し、これが押し寄せてくると、高さ数百mの「砂の壁」が迫ってくるように見える。「砂の壁」の中に入ると、急激に周りを飛ぶ砂の量が増え、(昼間であれば)次第に周囲が黄み・赤みを増しながら暗くなり、風も強まってくる。数十分ほど屋外は真っ暗となり、歩くことさえままならない状態となる一方、屋内に避難していても砂の進入によって日常生活が難しいほどになる。黒風暴の発生はごく稀ではあるが、近年では1993年5月5日に発生して甚大な被害を出した(後節で詳しく解説)。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 夕立

    夕立から見た突風突風

    現象としては、急に発達した積乱雲によりにわか雨を降らせ、雷、突風、雹(ひょう)などを伴うことがあるものである。夕立 フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「突風」のニューストピックワード