56件中 41 - 50件表示
  • 積乱雲

    積乱雲から見た突風突風

    雲は輪郭がはっきりしていて、雲底は非常に暗く、雲の下では激しい雨や雹・霰、冷たい突風がもたらされ、雲の内外で雷が発生するのが特徴。降水量は乱層雲に比べて格段に多く、短時間で大量の雨(驟雨性の雨)を降らせるのが特徴。集中豪雨のほとんどが積乱雲によるものである。積乱雲 フレッシュアイペディアより)

  • 5月6日

    5月6日から見た突風突風

    2012年 - 茨城県と栃木県を中心にこの日午後、天候が大荒れとなり、茨城県つくば市では突風や竜巻により住宅約140戸が全壊又は半壊し、地元の男子中学生が死亡するなどの被害を受けた。5月6日 フレッシュアイペディアより)

  • ラファール (航空機)

    ラファール (航空機)から見た突風突風

    クロースカップルドデルタ () と呼ばれる無尾翼デルタ式にカナード翼を組み合わせた翼を持つ。機体名称は、フランス語で「疾風、突風」の意味。ラファール (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 自然災害

    自然災害から見た突風突風

    風による災害 : 低気圧や台風などの強風、ダウンバーストや竜巻などの突風自然災害 フレッシュアイペディアより)

  • 異常気象

    異常気象から見た突風突風

    突風(強風、ダウンバースト、塵旋風、竜巻)異常気象 フレッシュアイペディアより)

  • スコール

    スコールから見た突風突風

    スコール (squall) は、激しい天候変化(豪雨、落雷あるいは大雪など)を伴う急激な風速の増加現象である。短時間のうちに継続的に風速が増加し、激しい突風を生じる場合もある。スコールは通常、中層からの下降気流または中層での対流による冷却(冷たい大気の先端に生じた局所的な上昇気流)により発生し、局所的な下降気流を強める。スコール フレッシュアイペディアより)

  • 集中豪雨

    集中豪雨から見た突風突風

    気象庁は集中豪雨をはじめとしたリードタイムの短い局地現象(雷、突風などを含む)に対して、その猶予時間に応じた段階的な対応を取るよう周知している。前日から当日朝の天気予報により「大気の状態が不安定」などと呼びかけられている場合に留意し、数時間前からは降水短時間予報や気象警報・注意報で警戒を強め、1時間から数十分前からはレーダー・降水ナウキャストでリアルタイムに雨雲の動きを見るなど。集中豪雨の発生中に記録的な雨量を観測した場合には記録的短時間大雨情報が発表される。また大雨や洪水の重大な災害が差し迫っている場合には、「見出しのみの短文で伝える気象情報」が発表される(2012年6月27日から運用開始)。集中豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • デッドオアアライブ

    デッドオアアライブから見た突風突風

    固有技については、上述の「野分」は『2U』や『D』では対人戦でも使用可能で、加えて突風という性質上現実と同じ副次効果がキャラの髪や衣服などに起こる。また、下段投げの「物見やぐら」は、低い天井があるエリアや階層をまたがる位置にある崖際や吊り橋などで決めると威力の上昇に加え特別な演出に変化する。デッドオアアライブ フレッシュアイペディアより)

  • 前線 (気象)

    前線 (気象)から見た突風突風

    寒冷前線は、冷たい気団が暖かい気団に向かって移動する際の接触面で起きる。日本付近をはじめ北半球では、主に温帯低気圧の進行方向後面に、南西方向に連なって伸びる。寒気と地表の間に抵抗があるため、上図のように寒気が上空に張り出した形で気団が移動する。寒冷前線が通過すると気温が急に下がる。長く連続した雨になることは少ないが、積乱雲が発生するため、短時間で強い雨をもたらし、雷や突風、雹をともなうことも多い。また、温度差が大きい場合竜巻が発生する遠因になる。前線 (気象) フレッシュアイペディアより)

  • 気象レーダー

    気象レーダーから見た突風突風

    竜巻をはじめとした突風をもたらす現象を監視するため、気象庁ではドップラー・レーダーへの更新が行われている。気象レーダー フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「突風」のニューストピックワード