66件中 51 - 60件表示
  • ブルーシート

    ブルーシートから見た突風突風

    また、台風・突風などで屋根が破損した際の応急処置的にも利用されるが、平時には自治会レベルでストックされているブルーシートなどは自治会の催し物でも利用されていたりもする。ブルーシート フレッシュアイペディアより)

  • Su-9 (航空機)

    Su-9 (航空機)から見た突風突風

    T-43 の開発当時ソ連にあったレーダー・ステーションは、従来のMiG-17PF/PFUやMiG-19P/PM迎撃戦闘機に搭載されていた「イズムルート」(:「エメラルド」の意味)またはRP-1()、RP-2()および改良型のRP-5()と呼ばれる小型で電波発信部と受信部が分離されている形態のもの、Yak-25迎撃戦闘機に搭載されていた「ソーコル」(:「鷹」の意味)またはRP-6()と呼ばれる大型のもののわずか2系統のみであった。いずれのステーションも、新しい迎撃戦闘機への採用には不適であった。イズムルートは小型かつ形状が特異で発展性に乏しく、逆にソーコルはあまりに大きすぎてT-43への搭載は困難であった。当時ソ連でレーダー開発を行っていた唯一の機関であった第17モスクワ科学試験研究所(NII-17)では、新しいレーダー・ステーションである「ウラガーン」(:「突風」の意味)と「パンテーラ」(:「豹」の意味)の開発を進めていたが、それらの計画は遅々として進まなかった。そこにきて、軍事産業省の第1設計局で新たなレーダー・ステーションの開発が行われていることが明らかになった。有翼の空対地ミサイルのシステムに関する研究の中心であったこの設計局では、主任のA・A・コーロソフ()を中心に、十分にコンパクトなレーダー・ステーションTsD-30()が完成された。TsD-30には、ピョートル・ドミートリエヴィチ・グルーシン()の率いる航空産業省(MAP)第2設計局(グルーシン設計局)で開発された空対空誘導ミサイルシステムK-5()の運用能力が確保されていた。また、TsD-30は「ヴォーズドゥフ1」(:は「空気」の意味)自動誘導装置を搭載し、この装置は低高度目標への攻撃能力を大幅に高める役割を担った。発信部と受信部を統合するシステムが開発され、このレーダー・ステーションの寸法はT-43の可動式ノーズコーンに無理なく収納できるものとなった。この派生型のおかげで、1957年までにソ連で制式武装に採用された空対空誘導ミサイルは唯一K-5だけであると言われた。その後、改良型のK-5M()や1957年10月にMiG-19PMにおける検査試験を成功裏に完了したK-5MS(()がTsD-30の主要運用兵装とされた。のちに、K-5はRS-1U()、K-5Mは RS-2U()、K-5MSはRS-2US()にそれぞれ改称された。Su-9 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 平成25年台風第18号

    平成25年台風第18号から見た突風突風

    台風が接近する前に和歌山県、三重県、埼玉県、群馬県、栃木県、宮城県で竜巻とみられる突風による被害が発生していることについて気象庁は竜巻であったかどうか緊急災害対策派遣隊が調査している。同月18日付けで気象庁は突風調査を強化した1991年以降、1つの台風に伴う竜巻の発生数が最多の10個竜巻が発生した。としている。平成25年台風第18号 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年夏の局地的荒天続発

    2008年夏の局地的荒天続発から見た突風突風

    2008年の夏における局地的な荒天の続発は、2008年の7月から9月始めにかけて日本各地で相次いだ、集中豪雨(ゲリラ豪雨)、突風、雷などによる災害のことである。2008年夏の局地的荒天続発 フレッシュアイペディアより)

  • 原爆投下・10秒の衝撃

    原爆投下・10秒の衝撃から見た突風突風

    爆心地から1.6km離れた広島貯金支局のビルは4階建ての鉄筋コンクリート造りだったため無傷で残ったものの、中にいた84人が死亡した。番組では衝撃波のシミュレーション実験を行ない、3.4秒後に支局を襲った衝撃波が建物内部に爆風の渦を巻き起こしたと推定した。また、広島地方気象台は爆心地の南3.7kmにあり、衝撃波は9.1秒後に到達したと推定した。そこでは椀型風速計が風速200mを観測したという。なお、爆風が複数回襲ってきたという証言が得られている。その原因の1つとして、キノコ雲の上昇に伴い暴風が生じて雲に吸い上げる力が発生したことが考えられた。爆心地方向からの衝撃波でなぎ倒された物が吹き戻しの猛烈な風で爆心地方向へ引き倒されたとみられる事例もあるが、竜巻や突風が生じたとも考えられ、番組では事例のすべてが吹き戻しとは断言できないとした。原爆投下・10秒の衝撃 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年4月の低気圧

    2012年4月の低気圧から見た突風突風

    低気圧の中心付近や南側・東側の寒冷前線上には発達した積乱雲があり、集中豪雨や突風が発生した。鹿児島県奄美地方、兵庫県南東部・大阪府北部・京都府南部、高知県東部などで集中豪雨となった。また最大風速・最大瞬間風速の大きな地点は低気圧の中心に近い北陸や東北の日本海側や北海道に多かったが、和歌山市、山形県小国町、仙台市、明石市、日光市、八王子市などの内陸や太平洋岸にもみられるなど広い範囲で強風が吹き荒れ、75の観測地点で観測史上最大の風速を観測した。2012年4月の低気圧 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た突風突風

    4月2日 - 国土交通省航空・鉄道事故調査委員会、2005年12月25日に発生したJR羽越本線脱線事故について、局所的に発生した風速40m/sの突風が原因であり、予見は難しかったとする最終調査報告を発表。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 竜巻

    竜巻から見た突風突風

    突風の一種で、規模が小さく寿命が短い割に、猛烈な風を伴うのが特徴。地上で強い竜巻が発生すると、暴風によって森林や建物などに甚大な被害をもたらすことがあり、災害をもたらす典型的な気象現象の一つとされている。竜巻 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンバースト

    ダウンバーストから見た突風突風

    ダウンバースト(英語:downburst)とは、ある種の下降気流であり、これが地面に衝突した際に四方に広がる風が災害を起こすほど強いものをいう。この突風は風速50mを超える場合がある。ダウンバースト フレッシュアイペディアより)

  • 片山右京

    片山右京から見た突風突風

    これを受けて日本山岳協会理事長の尾形好雄は「冬の富士山で一番怖いのは突風であり、風によって滑落、転倒するのが冬富士の遭難の典型」と指摘している。また、「無理はせず、強い風が吹けば引き返すのが当たり前」と発言している。片山右京 フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示

「突風」のニューストピックワード