36件中 21 - 30件表示
  • 突風

    突風から見たマクロバースト

    マクロバースト - 規模が4km以上のダウンバースト。突風 フレッシュアイペディアより)

  • 突風

    突風から見たボーラ

    季節性の強風(突風性のものに限る) - 季節性の気圧配置の偏りによる強風。地域によりさまざまな名称がある。春一番、木枯らし、チヌーク、ボーラ、ミストラルなど。突風 フレッシュアイペディアより)

  • 突風

    突風から見た高度

    高度が高いほど風は強いため、航空機などは地上に比べて突風に遭遇しやすい。突風 フレッシュアイペディアより)

  • 突風

    突風から見たダウンバースト

    ダウンバースト - 積雲や積乱雲から吹き出す下降気流。突風 フレッシュアイペディアより)

  • 突風

    突風から見た温帯低気圧

    突風が起こりやすい気象条件として、熱帯低気圧(台風)や勢力が強い温帯低気圧が接近しているとき、寒冷前線が接近しているとき、発達した積乱雲(メソサイクロンを伴うもの)が接近しているとき、周辺の傾圧が高まっているとき(天気図で等圧線の間隔が狭くなっているとき)などが挙げられる。突風 フレッシュアイペディアより)

  • 突風

    突風から見た建物

    風というものは、地形や建物、大気の状態などいろいろなものの影響を受けるため、方向と強さ(速さ)が常に変わり続けている。変わり続けている中で、特に瞬間的に強さが増したときに突風となり、被害をもたらすことがある。突風 フレッシュアイペディアより)

  • 突風

    突風から見た世界気象機関

    突風を数値で表すのに最も適しているのが、最大瞬間風速である。日本では、気象庁は0.25秒間隔の風速(瞬間風速)から算出している。世界気象機関は0.25秒間隔の風速の12個移動平均(3秒間平均)とすることを推奨しており、気象庁でもこのように変更する予定。突風 フレッシュアイペディアより)

  • 突風

    突風から見た上昇気流

    上昇気流(突風性のものに限る)突風 フレッシュアイペディアより)

  • 突風

    突風から見た大気

    風というものは、地形や建物、大気の状態などいろいろなものの影響を受けるため、方向と強さ(速さ)が常に変わり続けている。変わり続けている中で、特に瞬間的に強さが増したときに突風となり、被害をもたらすことがある。突風 フレッシュアイペディアより)

  • 突風

    突風から見たマイクロバースト

    マイクロバースト - 規模が4km未満のダウンバースト。突風 フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「突風」のニューストピックワード