窃盗・強盗 ニュース&Wiki etc.

「窃盗・強盗」Q&A

  • Q&A

    嫁に、日本最高犯罪者、元消防士の勝田清孝22人の殺人、300件近くの窃盗強盗事件をし…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月13日 09:43

  • Q&A

    刑事訴訟法 訴因変更 伝聞法則について お恥ずかしいのですが根本的に訴因変更の非両立…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年2月7日 17:35

  • Q&A

    悪が栄えた事はない? あるよ。ブラジル。大きなラテンアメリカの国。 ブラジルはやり…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月7日 17:09

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「窃盗」のつながり調べ

  • 葛飾区窃盗放火事件

    葛飾区窃盗放火事件から見た窃盗

    葛飾区窃盗放火事件(かつしかくせっとうほうかじけん)は、2009年9月に東京都葛飾区で発生した窃盗及び放火事件。(葛飾区窃盗放火事件 フレッシュアイペディアより)

  • クラックブーム

    クラックブームから見た窃盗

    クラックブーム(Crack epidemic )とは、アメリカでクラック・コカインの使用率が急激に高まった 1984年? 1990年までの6年間のことである。これはアメリカ国内の殆どの主要都市に影響を及ぼした。クラックブームの影響をもろに受けた都市としては、ニューヨーク、ロサンゼルス、ヒューストンを挙げる事が出来る。下院議員、チャールズ・シューマーの言葉を借りれば「20年前、クラックは、まるで制御不能に陥ったマック社の大型トラックのように、東へ東へとアメリカ中に拡がっていった。そしてそれは、終にニューヨークにもろに突っ込んだ。なんの前触れもなく、それは起こった」のである。この時期に、麻薬中毒者や路上生活者が増加し、殺人、窃盗、強盗などの犯罪率が高まったのは、このクラックブームの置き土産である。 1980年代 初頭には、ブームの兆しが見え隠れしていたが、麻薬取締局の公式見解では、そのブームが最盛期である1984年?1990年をクラックブームと見なしている。(クラックブーム フレッシュアイペディアより)

「窃盗」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「窃盗・強盗」のニューストピックワード