631件中 91 - 100件表示
  • 碁泥

    碁泥から見た泥棒窃盗

    そこへ一人の泥棒が入っていくる。ありたけ盗んでさあ引上げようとしたら、パチリ!という碁石を打つ音が、静かな夜更けだから余計に響く。また、因果とこの泥棒も碁好きときているから。…碁泥 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年胡子講暴挙事件

    1999年胡子講暴挙事件から見た窃盗窃盗

    また、暴走族の背後には「面倒見」と呼ばれる人物を通じて、暴力団と人的、資金的なつながりがあると指摘されていた。これは1998年当時広島市周辺の暴走族が400人であると推定されていたが、暴走行為による逮捕者47人であるのに対し、窃盗、傷害、恐喝などの刑法犯で検挙された暴走族が105人であり、面倒見に納める上納金を稼ぐための犯罪も少なくなかった。そのため、広島の暴走族は暴走行為だけでなく犯罪集団としての側面もあった。1999年胡子講暴挙事件 フレッシュアイペディアより)

  • ケイドロ

    ケイドロから見た泥棒窃盗

    呼び方はケイドロ(警察と泥棒)やドロケイの他にも、ドロジュン(泥棒と巡査)、ジュンドロ、ドロタン(泥棒と探偵)、ヌスタン(盗っ人と探偵)、ドロジ (泥棒じいさん)、悪漢探偵、タンテイ(探偵)、探偵ごっこ、助け鬼(捕まった人を助けるから)など様々である。ケイドロ フレッシュアイペディアより)

  • クーバース

    クーバースから見た泥棒窃盗

    12世紀頃にトルコからやってきた羊飼いがもたらしたアクバシュという犬種が先祖となり、改良されて出来た犬種である。羊を狼や家畜泥棒から守るのに使われていた。ホワイトのコートは夜間でもはっきりと見えるため、もし羊泥棒などが侵入してきたとしても主人に犯人と間違われて誤射殺されないようにするために好まれて固定された。17世紀頃になると羊飼いだけでなく一般の人もクーヴァーズをガードドッグとして使うようになり、本種は国内外に知られるようになり少数が原産地外へ輸出された。クーバース フレッシュアイペディアより)

  • ヒューマン・ユニバーサル

    ヒューマン・ユニバーサルから見た窃盗窃盗

    男性はより攻撃的で、致命的な暴力への傾倒、窃盗への傾倒が強いヒューマン・ユニバーサル フレッシュアイペディアより)

  • 地球戦争 THE WAR OF THE HUMAN

    地球戦争 THE WAR OF THE HUMANから見た泥棒窃盗

    本作の主人公。孤児院で暮らし、泥棒や商売をしながら日々を食いつないでいる。地球戦争 THE WAR OF THE HUMAN フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川流域軍需品窃盗団事件

    多摩川流域軍需品窃盗団事件から見た窃盗窃盗

    捜査の結果、窃盗338件、被害総額57万8000円にのぼる犯行が明らかになった。多摩川流域軍需品窃盗団事件 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都内少年連続ひったくり事件

    東京都内少年連続ひったくり事件から見た窃盗窃盗

    2009年に東京都で4件のひったくりなどの事件が相次いだ。この事件で検察は、少年ら二人を強盗致傷、窃盗、詐欺の罪で逮捕した。2009年2月に東大和市で女性から現金4000円などが入ったバッグをひったくったこと、同年3月に日野市において女性を突き飛ばして全治4か月の重傷を負わせたうえに現金4000円入りのバッグを奪ったこと、さらに同月には多摩市で女性から17万円入りのバッグを奪ったこと、この女性から盗んだクレジットカードを使って量販店でブレスレッド(約9万6000円相当)のバッグを盗んだことの4つの罪で強盗致傷、窃盗、詐欺の罪で主犯とみられる少年を求刑7年として起訴した。東京都内少年連続ひったくり事件 フレッシュアイペディアより)

  • 火事場泥棒

    火事場泥棒から見た窃盗窃盗

    火事場泥棒(かじばどろぼう)とは、火事で混乱した現場で窃盗を働くこと、または窃盗を働く者。転じて、人々が混乱している中で利益を得ること、または利益を得る者。火事場泥棒 フレッシュアイペディアより)

  • 伏石事件

    伏石事件から見た窃盗窃盗

    12月4日以降、小作農民および日農の伏石支部長・香川県連合会長・顧問弁護士ら23名が窃盗および窃盗教唆の容疑で逮捕される。伏石事件 フレッシュアイペディアより)

631件中 91 - 100件表示

「窃盗・強盗」のニューストピックワード