488件中 21 - 30件表示
  • 連続犯

    連続犯から見た窃盗窃盗

    かつては、一晩のうちに窃盗を連続して行った場合などに刑法55条が適用されていたが、いくつ同じ罪を犯しても、それらが加重されることなく処罰されており、そういった現状に対して刑罰が軽すぎるとの指摘がなされ、また、日本国憲法 の公布に伴い、その精神に沿うように改正がなされた結果、条文の削除に至った。連続犯 フレッシュアイペディアより)

  • 全日空817便ハイジャック事件

    全日空817便ハイジャック事件から見た窃盗窃盗

    犯人は指紋の照会で身元が判明したが、殺人未遂、窃盗、傷害、暴力行為などで11回の逮捕歴がある男だった。持ち物のメモには身代金を要求することや乗客と全日空社長と身柄を交換することなど、ハイジャックの計画内容が書かれていた。そのため目的は身代金目的であったと推測されるが、犯人が死亡したため犯行理由は定かではない。全日空817便ハイジャック事件 フレッシュアイペディアより)

  • グリーク・シープドッグ

    グリーク・シープドッグから見た泥棒窃盗

    16世紀ごろに出来たとされる犬種で、17世紀にはこれの小型版犬種であるスパルタ・シープドッグが作出された。専ら作業犬として羊の群を狼や泥棒から守るために使われていて、スパルタ・シープドッグが作出されてからも人気を維持し続けた。かつては羊と同じ毛色であり、夜も簡単に見つけることが出来るホワイト若しくはクリームの毛色が好まれていて有色のものは処分されていたが、ショードッグとして飼われるものが出てくると有色のものもスタンダードとして認められるようになっていき、作業用のものも次第に有色個体に対する偏見が無くなっていった。しかし、ほとんどが作業犬として使われているため、海外での知名度はあまり高くない。グリーク・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

  • ハーフリング

    ハーフリングから見た泥棒窃盗

    キャラクタークラスはシーフに適しているが、根っからの泥棒というわけではない(種族がクラスとして扱われているクラシック D&D では、そもそもシーフになることができない)。ハーフリング フレッシュアイペディアより)

  • ダンガリ・ドッグ

    ダンガリ・ドッグから見た泥棒窃盗

    生い立ちははっきり分かっていないが、チベットのチベタン・マスティフと土着の牧羊犬種が混血して自然に誕生した犬種であるといわれている。主に牧羊犬として羊の群れを管理するのに使われているが、夜間は羊を泥棒から守る護畜犬としても働いている。又、猟犬として様々な動物の狩猟にも使われている。狩猟形態はセントハント(嗅覚猟)で、獲物の臭いを追跡し、自ら仕留めるか追い詰めて主人の猟銃で獲物を仕留める狩猟方法をとる。ダンガリ・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • シャキ

    シャキから見た泥棒窃盗

    主に警備犬としてさまざまなものを守るために使われた。主人の家や土地を番犬として守ったり、主人に付き添って猛獣や悪漢、盗賊などから身を護衛したり、家畜を泥棒や猛獣から守る護畜犬としてそれらと戦うのに使われている。又、時には猟犬としてさまざまな獲物のセントハント(嗅覚猟)に使われることもある。シャキ フレッシュアイペディアより)

  • ブティア・シープドッグ

    ブティア・シープドッグから見た泥棒窃盗

    主に羊を泥棒や野獣から守る護畜犬として使われた。数百頭からなる大規模な羊の群れを3頭ほどで護衛し、羊が襲われたり危機に晒された場合には命を懸けて戦い、相手を退散させたり殺したりもする。尚、野獣などに急所である首を攻撃され窒息するのを防ぐため、使役犬は頑丈な皮製で鉄のスパイクがついた首輪をはめられる。ブティア・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

  • アルパハ・ブルー・ブラッド・ブルドッグ

    アルパハ・ブルー・ブラッド・ブルドッグから見た泥棒窃盗

    上記の忠犬オットー号の他にも、もう一頭本種の歴史上で伝説の名犬として語られている犬がいる。その犬はヘンリー号といい、既出の通り、いかなることがあってもガードドッグとしての使命を果たしたことで有名になった。ヘンリー号は主人の所持する大きな倉庫を見張るためのガードドッグとして配置され、そこに侵入する泥棒や害獣から荷物を守っていた。伝わっている武勇伝は散弾銃を持った犯人がヘンリー号の主人を人質とし、倉庫に立てこもった事件が発生したときのことなどがある。このときヘンリー号は倉庫の外からガラスを破って中に入り、犯人を押し倒して確保し主人の命を守ったと伝えられている。この事件によりヘンリー号は体じゅうに激しい切り傷を負い、銃弾を一発受けて重症になったが、主人はほんの少しのかすり傷程度で済み、無事であった。アルパハ・ブルー・ブラッド・ブルドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 置引き

    置引きから見た窃盗窃盗

    置引き(おきびき)とは、置いてある他人の荷物を持ち逃げすること。日本の刑法上の用語ではなく慣用的に用いられており、例えば警察庁は窃盗の一形態として取り扱っている。置引き フレッシュアイペディアより)

  • カシミール・シープドッグ

    カシミール・シープドッグから見た泥棒窃盗

    主に家畜を泥棒などから守る護畜犬として使われている。他の護畜犬種と同じく、仔犬の頃から家畜の群れの中で育てられ、犬と家畜の間で絆を結ばせた上で警備を行わせた。夜間に寝ずの番を行い、家畜を盗もうとする泥棒や猛獣が現れるとどちらかが死ぬまで戦い続ける。カシミール・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

488件中 21 - 30件表示

「窃盗・強盗」のニューストピックワード