175件中 91 - 100件表示
  • Let's Go JUNGLE!

    Let's Go JUNGLE!から見た3次元映像3次元映像

    2011年7月にはシリーズ2作目となる『Let's GO ISLAND 3D』(レッツゴー アイランド スリーディー)が稼働開始された。本作はアーケードゲームで初めての「裸眼3D」(専用メガネ無しで3D立体視が体験できる技術)に対応している他、キャラクターボイスが日本語になったことや救済手段として回復アイテム、小瓶などの追加要素も搭載された。Let's Go JUNGLE! フレッシュアイペディアより)

  • デッドヒート (OVA)

    デッドヒート (OVA)から見た3次元映像3次元映像

    日本ビクターと日本サンライズによる、VHD専用の3Dアニメ。従来のセルアニメに立体効果を施した3D映像が収録されており、3D対応VHDプレイヤーと専用眼鏡を介して視聴するようになっている。また、3D映像再生時にのみ表示される「FX」の文字を発見した視聴者には、様々なプレゼントを用意したキャンペーンも行われていた。なお、3D非対応VHDプレイヤーでも従来のセルアニメと同等の2D映像は視聴できる。デッドヒート (OVA) フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 4

    湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 4から見た3次元映像3次元映像

    マキシマムヒート - 当ゲームのスタッフが開発し、2011年に稼働開始した3D対応パーティレースゲーム。湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 4 フレッシュアイペディアより)

  • 攻殻機動隊

    攻殻機動隊から見た3D映像3次元映像

    2011年3月26日公開。監督は神山健治。テレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(S.A.C.)シリーズの3作目『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』を3D劇場版『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』として全国公開。観客が電脳化体験できる新感覚3D立体視作品として、全カットをフルグレーディングし、オープニングも完全新作作画となっている。また、タイトルデザインもS.A.C.第1シリーズを踏襲した大文字表記のものに変更されている。攻殻機動隊 フレッシュアイペディアより)

  • 福原伸治

    福原伸治から見た3次元映像3次元映像

    日刊トビダス&トビダスZ(ニンテンドー3DS「いつの間にテレビ」向け3D映像コンテンツ、2011年 -2012年)福原伸治 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタルサーカス

    コンチネンタルサーカスから見た3次元映像3次元映像

    アーケード版は、筐体に屋根より貫通式に上下可動できるアームで半固定された偏向板式シャッターゴーグルを装着することで、立体映像を体感できる。コンチネンタルサーカス フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県立自然科学館

    新潟県立自然科学館から見た立体映像3次元映像

    このほか、日本海側最大級のプラネタリウム、実物大の恐竜が動く「マイアサウラ劇場」、迫力ある立体映像が楽しめる「バーチャル・リアリティ劇場」、科学館オリジナル二足歩行ロボットがいる「生活を豊かにするロボット」などがあり、さらに館内では様々な実験・実演を行っている。新潟県立自然科学館 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のテレビ (日本)

    2010年のテレビ (日本)から見た3次元映像3次元映像

    16日 - BSフジが2011年1月よりソニーと共同で、3Dによる番組を放送することを発表。2010年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 国際花と緑の博覧会

    国際花と緑の博覧会から見た立体映像3次元映像

    世界最大の立体映像を上映。国際花と緑の博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • ラグナシア

    ラグナシアから見た3次元映像3次元映像

    2017年(平成29年) - セロシアホールの跡地に「欅坂46 360°3Dシアター」を開場。ラグナシア フレッシュアイペディアより)

175件中 91 - 100件表示

「立体映像」のニューストピックワード