175件中 61 - 70件表示
  • あえかなる世界の終わりに

    あえかなる世界の終わりにから見た立体映像3次元映像

    空間立体映像によるコミュニケーションシステム。あえかなる世界の終わりに フレッシュアイペディアより)

  • Disney's クリスマス・キャロル

    Disney's クリスマス・キャロルから見た3次元映像3次元映像

    『Disney's クリスマス・キャロル』(ディズニーズ・クリスマス・キャロル、原題: A Christmas Carol)は、2009年のアメリカ映画。原作はチャールズ・ディケンズの小説『クリスマス・キャロル』。監督はロバート・ゼメキスであり、『ポーラー・エクスプレス』、『ベオウルフ/呪われし勇者』を更に発展させたCG技術が使われる。3D版も上映される。Disney's クリスマス・キャロル フレッシュアイペディアより)

  • スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!

    スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!から見た3次元映像3次元映像

    シリーズで初めて実写と融合され、3次元映像で公開される。日本では2015年5月16日に公開された。スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo! フレッシュアイペディアより)

  • 第28回東京国際映画祭

    第28回東京国際映画祭から見た3次元映像3次元映像

    第28回東京国際映画祭では、東京国際映画祭として初めて4D上映が行われる。TOHOシネマズ六本木ヒルズの2015年の改装によりMX4Dシアターとして6月26日にオープンしたスクリーン8(改装前のスクリーン6)にて、「ガンダムとその世界」内の1プログラムにて2回の4D上映が行われる。なお、この作品は3D作品ではないため、2D作品による4D上映である。また、スクリーン8での上映は映画祭期間中20回以上行われるが、4D上映はこの1プログラムのみ。第28回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • バーチャルボーイ

    バーチャルボーイから見た3次元映像3次元映像

    バーチャルボーイ(VIRTUAL BOY)は、任天堂が発売した3Dゲーム機。横井軍平が発案。略称「VB」。その外見から「赤い眼鏡」とも呼称された。1995年(平成7年)7月21日発売、希望小売価格15,000円。全世界累計出荷台数は77万台。バーチャルボーイ フレッシュアイペディアより)

  • 第30回ジャパンカップ

    第30回ジャパンカップから見た3次元映像3次元映像

    当日は日本のGI競走としては初となる3D映像の競馬中継が行われた。第30回ジャパンカップ フレッシュアイペディアより)

  • 画面アスペクト比

    画面アスペクト比から見た立体映像3次元映像

    横縦比は1.44:1だが70mmフィルムを横走りで使うことにより70ミリ映画よりも大きい画面サイズに記録し、専用の劇場「IMAXシアター」で上映を行う。巨大スクリーンのため臨場感があり、近年では3Dバージョンの製作が盛んに行われている。シネラマ以上の巨大な画面は一定の評価を得ておりその画像は非常に鮮明で、とても小さなディテールまで認識することができるため。特に「映像」を主とするエデュケーションコンテンツを得意とする。画面アスペクト比 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市水の科学博物館

    神戸市水の科学博物館から見た3次元映像3次元映像

    館内には、3D映像と噴水を融合させた劇場「ハイブリッド3Dシアター」や「水のサーカス」、「アクアカッター(高水圧切断機)」、「アクアサロン(図書室)」等があり、楽しみながら水の科学や水の重要性について理解を深めることができる。神戸市水の科学博物館 フレッシュアイペディアより)

  • キャピタルステークス

    キャピタルステークスから見た3次元映像3次元映像

    2010年 - 日本初となる3D映像の競馬中継を行う。キャピタルステークス フレッシュアイペディアより)

  • 日本国外のアニメ制作会社

    日本国外のアニメ制作会社から見た3次元映像3次元映像

    日本のみならず欧米の会社もアジア地域に下請依頼をしている。だが、日本と異なり2Dでは無く3Dアニメーションにて発注することが多い。日本国外のアニメ制作会社 フレッシュアイペディアより)

175件中 61 - 70件表示

「立体映像」のニューストピックワード