175件中 71 - 80件表示
  • 目には青葉 山ホトトギス 初恋

    目には青葉 山ホトトギス 初恋から見た3次元映像3次元映像

    DVDにはMVのほか、TV業界初の3Dライブ映像(「Don't be afraid」)と、FLASHアニメーション『Naked Wolves』とのコラボ企画を収録。目には青葉 山ホトトギス 初恋 フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモ5

    グランツーリスモ5から見た3次元映像3次元映像

    立体視プレイは他のソフトと同様にPlayStation 3(システムソフトウェア Ver.3.30以降)の標準機能を使用したもので、3D対応テレビが必要。2Dの最大解像度は1080pだが、3Dでは720pとなる。グランツーリスモ5 フレッシュアイペディアより)

  • 家なき子 (アニメ)

    家なき子 (アニメ)から見た3次元映像3次元映像

    日本テレビ開局25周年を記念した本作は、初の試みとなる立体映像「ステレオクローム方式」を用いた『立体アニメーション』としてとして制作された。それ以前の立体映像では特殊なメガネをかけないと映像が不鮮明だったのだが、この方式はメガネがなくても普通に視聴することができ、メガネがあればより立体感のある映像になる。視神経の伝達誤差(プルフリッヒ効果)を利用したもので、立体感の感じ方には個人差がある。この立体映像は、背景が常に動いていなければ効果が得られないため、その背景として異様なほど大量に流れる雲がそのほとんどを占めた。このような作法は、のちの3D映像や3Dテレビ放送の先駆けとも言える。家なき子 (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • 超力戦艦

    超力戦艦から見た3次元映像3次元映像

    また立体映像投影機能も装備している。超力戦艦 フレッシュアイペディアより)

  • 青函トンネル開通記念博覧会

    青函トンネル開通記念博覧会から見た3次元映像3次元映像

    3Dアドベンチャーシアター青函トンネル開通記念博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • ヒックとドラゴン (映画)

    ヒックとドラゴン (映画)から見た3次元映像3次元映像

    『ヒックとドラゴン』(原題: How to Train Your Dragon)は、2010年のアメリカの3Dアニメ映画。監督は『リロ・アンド・スティッチ』のディーン・デュボアとクリス・サンダース。イギリスの児童文学作家クレシッダ・コーウェルの同名の児童文学が原作である。北米では約2億1700万ドル以上の興行収入を上げている。また、このヒットを受けて続編の制作が決定した。続編は2014年6月13日に全米公開されている。ヒックとドラゴン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 河合隆史

    河合隆史から見た立体映像3次元映像

    立体映像(3D)やバーチャルリアリティ、ウェアラブルコンピュータなど、次世代のメディアとヒトのインタラクションに関する研究に従事。生体計測を中心とした評価研究に加え、その知見や手法を活用したコンテンツ制作でも知られる。河合隆史 フレッシュアイペディアより)

  • Xボンバー

    Xボンバーから見た3次元映像3次元映像

    月面に不時着したXボンバーに代わり、ゲルマ軍の攻撃に駆けつけるが、ホログラフィーの罠にかかってしまう。Xボンバー フレッシュアイペディアより)

  • BIOMEGA

    BIOMEGAから見た立体映像3次元映像

    庚造一のパートナーである女性型のAI(人工知能)。実体を持たない電子的な存在であるが、造一らと共に識臣で仮想的な成長過程を経験している。造一の重二輪「HDC-08B-3」に搭載され、優れたハッキング能力によってDRFの情報を収集するなど、造一のサポートを行う他、重二輪を操作しての援護も行っている。第三者に対してコミュニケーションを取るときには自身の立体映像を映写する他、相手の脳に直接同調し、会話する「脳同調接続」を行う。BIOMEGA フレッシュアイペディアより)

  • ロードファイターズ

    ロードファイターズから見た3次元映像3次元映像

    同社のアーケードゲームとしては初めて3D立体映像に対応しており、筺体に取り付けられている非接触型の3Dメガネで体感することができる。シート背面にも3Dレンズを付けた「のぞき穴」があるため、プレイヤーだけでなくギャラリーもそこから覗きこむことで3D映像を楽しむことができる。ロードファイターズ フレッシュアイペディアより)

175件中 71 - 80件表示

「立体映像」のニューストピックワード