139件中 81 - 90件表示
  • トランスフォーマー (2007年の映画)

    トランスフォーマー (2007年の映画)から見た3次元映像3次元映像

    オールスパークを求めて惑星サイバトロンからやってきた地球外生命体。魂とも呼ぶべきスパークを内蔵し、金属から構成されたボディを持った金属生命体(ロボット生命体)である。降り立った惑星の環境に適応するためにトランススキャンと呼ばれる能力を持ち、質量がほぼ一致する様々な物体の姿に外見から内部構造、機能にいたるまで擬態することができる。トランススキャン能力は自由に変更が可能であり、新たな対象をスキャンして取り込むことも、過去のデータを任意に引き出して使用することもできる。また偽装用として、車内や機内に3次元映像の乗員を投影することも可能である。トランスフォーマー (2007年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • Baby Princess

    Baby Princessから見た3次元映像3次元映像

    2Dキャラクターによる3Dアニメーション作品として制作されている。絵コンテや背景等は通常の2Dで描かれるが、3D化を念頭に製作されており、2D作品を3D化するよりも、違和感が少ないようにしているという。2D-3D変換は、キュー・テック及びグラフィニカによって行われた。Baby Princess フレッシュアイペディアより)

  • 横井軍平

    横井軍平から見た3次元映像3次元映像

    バーチャルボーイは史上初の完全3D映像ゲーム機であり、ジョージ・ルーカスやスティーヴン・スピルバーグを唸らせ、一部で熱狂的な支持を集めた。だが発売当時はプレイステーションやセガサターンなど、より高性能な次世代機の動向に注目が集まっており、また「一人でも遊べるし、何人かでも遊べる」というそれまでの製品の基本ラインを外して一人遊びのためのゲーム機となってしまったため、売上不振に終わる。前評判の悪さのために宣伝費を調達できなかったと横井は涙を飲んだ。横井軍平 フレッシュアイペディアより)

  • クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!

    クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!から見た立体映像3次元映像

    クラッシュとの戦いに敗れたDr.ネオ・コルテックスは、地下の洞窟に落ち、強大な力を秘めた宝石「パワーストーン」を発見する。コルテックスはパワーストーンを利用して再び世界征服をしようと企む。一方、クラッシュの住むオーストラリア南東タスマニア地方の小島では、彼の妹、ココ・バンディクーが彼を特訓していた。彼は前作での恋人タウナにふられたことにガッカリし、「モテモテ・トレーニング」を始めたのである。その特訓により、クラッシュはボディ・プレスなどの新しい技を身につけた。一年後、宇宙に浮かぶ「スペース・ステーション」でコルテックスは彼の新しい参謀エヌ・ジンと相談をしていた。コルテックスは洗脳光線「コルテックス・ヴォルテックス」で地球上の生物を洗脳し、奴隷にするという計画を進めていた。エヌ・ジンはコルテックスに、光線発射にはパワーが不足しており、パワーストーンをあと25個要することを言った。そこでコルテックスはクラッシュをワープルームに誘拐し、自分の立体映像を通して「地球を救うためにパワーストーンを集めて欲しい」と頼んだ。クラッシュは騙され、新たな冒険を始める。クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲! フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモ5

    グランツーリスモ5から見た3次元映像3次元映像

    立体視プレイは他のソフトと同様にプレイステーション3(システムソフトウェア Ver.3.30以降)の標準機能を使用したもので、3D対応テレビが必要。2Dの最大解像度は1080pだが、3Dでは720pとなる。グランツーリスモ5 フレッシュアイペディアより)

  • アバター (映画)

    アバター (映画)から見た3次元映像3次元映像

    『アバター』(Avatar)は、2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督によるアメリカ映画。3D映像による劇場公開が、大きく取り上げられた作品。世界興行収入は、歴代1位となる26億4000万ドル(約2385億円)を記録している。アバター (映画) フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation 3

    PlayStation 3から見た3次元映像3次元映像

    3D立体視ゲームにも対応している他、3D立体視とPlayStation Moveを組み合わせたゲームも発売されている。PlayStation 3 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマン リターンズ

    スーパーマン リターンズから見た3次元映像3次元映像

    この作品で世界で初めて、パナビジョン社が開発したデジタルシネマカメラ、ジェネシスで撮影された。ハリウッド映画の実写映画として初めてIMAX 3D版も制作された。これは、ブライアン・シンガー監督が選んだ4シーン(約20分間)を3次元映像化したものである。日本でもメルシャン品川IMAXシアターで公開された。スーパーマン リターンズ フレッシュアイペディアより)

  • リボーン (家庭教師ヒットマンREBORN!)

    リボーン (家庭教師ヒットマンREBORN!)から見た3次元映像3次元映像

    現代のツナ達と再会後は、ミルフィオーレ日本支部への突入作戦に備えて山本武の家庭教師として指導、時雨蒼燕流特式十の型燕特攻の完成を手助けし、特訓前の約束どおり山本にアルコバレーノの秘密を教えている。本作戦時もボンゴレファミリー日本支部から出る事はないが、ツナのレシーバーに内蔵された映写機から投影された3次元映像としてツナをサポートしている。リボーン (家庭教師ヒットマンREBORN!) フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・ラビット

    ロジャー・ラビットから見た3次元映像3次元映像

    1998年、続編を製作すべく案が浮上し、スピルバーグも興味を示した。だがスピルバーグはドリームワークス設立のためにプロジェクトを離脱し、3D上映の需要も高まってきていたためそのプロジェクトはしばらく頓挫する。しかし2010年現在、監督のゼメキスはインタビューで「続編の可能性はありうる」と発言し、現在もそのプロジェクトは存在している。ロジャー・ラビット フレッシュアイペディアより)

139件中 81 - 90件表示

「立体映像」のニューストピックワード