2235件中 91 - 100件表示
  • 平井嘉一郎

    平井嘉一郎から見た立命館大学立命館大学

    1940年(昭和15年)、立命館大学法学部を卒業。1951年(昭和26年)、経営難に陥っていた関西二井製作所に経営者として入り、1957年(昭和32年)に社長就任。1961年(昭和36年)に社名を「日本コンデンサ工業株式会社」に変更。その後会長に就任し、現在のニチコンの事実上の創業者として会社の礎を築いた。2001年(平成13年)1月20日に93歳で亡くなった。平井嘉一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 太田亮

    太田亮から見た立命館大学立命館大学

    奈良県出身。立命館大学、神宮皇學館(現・皇學館大学)を卒業。山梨県立女学校教諭、内務省嘱託を経て、1941年に立命館大学教授となる。1945年11月7日、「日本上代ニ於ケル社会組織ノ研究」で法学博士号取得。のち近畿大学ならびに専修大学の教授を歴任。太田亮 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小春団治 (3代目)

    桂小春団治 (3代目)から見た立命館大学立命館大学

    大阪市立高等学校卒業。立命館大学中退。出囃子は『小春團治囃子』。桂小春団治 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 山崎恵純

    山崎恵純から見た立命館大学立命館大学

    1854年、現在の広島県に生まれた。1884年(明治17年)、司法省法学校(のちの東京帝国大学法学部)を卒業し、同年7月、京都地方裁判所(京都始審裁判所)判事として京都に赴任。法学教育を広めたいと1889年(明治22年)、京都法学校を創設し、自ら校長に就任した。1904年(明治37年)には京都弁護士会会長に就任し五度つとめたが、政治家を志し1907年(明治40年)の京都府議会議員選挙に当選し、1911年(明治44年)まで府議会議員として活動した。五男は読売新聞経済部長から立命館大学の教授になった山崎請純。山崎恵純 フレッシュアイペディアより)

  • 江口貴俊

    江口貴俊から見た立命館大学立命館大学

    2005年よりFC東京の下部組織に加入。ボランチや右サイドハーフに入り、正確なキックと献身的プレーでチームを支えた。同期は武藤嘉紀、佐々木陽次、加部未蘭ら。2011年、立命館大学産業社会学部に進学しサッカー部に所属。主に右サイドハーフに配され豊富な運動量で攻守に奔走した。江口貴俊 フレッシュアイペディアより)

  • オリター

    オリターから見た立命館大学立命館大学

    立命館大学産業社会学部では「エンター」、龍谷大学では「クラスサポーター」など、名称が変わる場合もある。オリター フレッシュアイペディアより)

  • 笙野頼子

    笙野頼子から見た立命館大学立命館大学

    笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。本姓・市川。三重県出身、立命館大学法学部卒。笙野頼子 フレッシュアイペディアより)

  • 南野泰義

    南野泰義から見た立命館大学立命館大学

    南野 泰義(みなみの やすよし、1964年 - )は、日本の政治学者。立命館大学国際関係学部・国際関係研究科教授。専門は、北アイルランド問題、比較政治学、ナショナリズム論など。南野泰義 フレッシュアイペディアより)

  • 美川圭

    美川圭から見た立命館大学立命館大学

    美川 圭(みかわ けい、男性、1957年3月 - )は、日本の歴史学者、立命館大学教授。専門は日本中世史。博士(文学)(京都大学)(1998年)。東京都出身。美川圭 フレッシュアイペディアより)

  • 四方利明

    四方利明から見た立命館大学立命館大学

    四方 利明(しかた としあき、1972年 - )は日本の教育学者。立命館大学経済学部准教授。専攻は教育社会学。四方利明 フレッシュアイペディアより)

2235件中 91 - 100件表示

「立命館大学」のニューストピックワード