363件中 11 - 20件表示
  • 立命館大学

    立命館大学から見た古田敦也古田 敦也

    2008年・龍安寺 出演:古田敦也(1993年にも、同学のイメージキャラクターとして起用された)立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見た札幌市

    1956年(昭和31年) - 理工学部2号館(衣笠)竣工。地方入試を開始(札幌市、名古屋市、広島市、福岡市)。立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見た京都大学

    第二次世界大戦前から戦中に掛けて、立命館大学は世相を反映して国家主義的傾向が強まっていった。しかし、一方で滝川事件(立命館大学では「京大事件」と呼称)の際には同事件に連座して京都帝国大学を退官した教員を受け入れていた。終戦直後、同事件に連座し、京都大学から大阪商科大学へ移っていた末川博を学長へ招聘した。その末川を中心に大学の改革へ乗り出す。憲法と教育基本法を尊重して「平和と民主主義」を守ろうという末川の思想が中心となって、立命館大学は「民主的な学園運営」「自主的学習の尊重」の2本柱によって構成され、以下に記載する取り組みが現在の立命館大学に至るまで実施され続けている。末川が立命館大学に与えた影響は極めて大きく、これらの功績を讃えて、同大学では末川を名誉総長として顕彰している。また、末川が構成した思想を「立命館民主主義」と呼んでいる。立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見た右京区

    設立当初より文系学部を「広小路学舎(中京区)」に、理工系学部を「等持院学舎(現・衣笠)」に置くという棲み分けがなされていたが、戦後急速に増え続ける入学志願者に対応すべく、京都市右京区西院方面に約6万坪の土地を購入し教養学部を移転させるという「緑の学園」構想が持ち上がった。この構想は1957年(昭和32年)12月10日の学校法人立命館理事会で「現状では広小路、等持院を中心に充実をはかるべきである」という結論に達したため実現こそしなかったが、文系理系全学部を「衣笠キャンパス」に集約させるというその後の「衣笠一拠点政策」の契機となった。衣笠一拠点化は、1981年(昭和56年)に実現している。しかし、更なる学園拡大の流れにより、衣笠キャンパスでは手狭となったことから衣笠一拠点化は10年程度で終息し、複数キャンパス体制になっている。立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見た法科大学院

    法務研究科|法科大学院(専門職学位課程)立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見た近江鉄道バス

    近江鉄道バスが乗り入れており、大津営業所運営路線では学生専用のIC乗車券が使用出来る。また草津田上インターチェンジに隣接する利便性から、びわこ・くさつキャンパスとJR琵琶湖線大津駅を結ぶ直通短距離高速バスが近江鉄道バスにより、同キャンパスと京阪本線中書島駅を結ぶ直通短距離路線バス「立命館大学 (BKC) 線」が京阪京都交通と京阪宇治バスにより運行されている(立命館では「高速バス」としている)。立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見た西日本旅客鉄道

    京福電鉄「鳴滝駅」から徒歩5分、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線(嵯峨野線)「花園駅」から徒歩10分のところに位置する。収容人数53名。内訳は留学生49名、BUDDY(バディ、原則として最低1名は男性)2名、教員2名。寮費は月額36,000円(水光熱費含む)。建物面積1,661,19m²。立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見た読売新聞社

    協定ではないが、共同事業として2004年より「関関同立」の4校である、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学が主催し、読売新聞社が共催する各大学学長によるフォーラムが、全国の主要都市で年一回開催されている。同フォーラム会場では、4大学合同の入試説明会も開かれている。立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見たサブウェイ

    2008年6月20日、サンドイッチ・チェーン「サブウェイ」が1階にオープンした。立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見た松竹株式会社

    松竹株式会社および京都府(2007年10月1日)立命館大学 フレッシュアイペディアより)

363件中 11 - 20件表示

「立命館大学」のニューストピックワード