147件中 11 - 20件表示
  • 黒部ダム

    黒部ダムから見た立山連峰立山連峰

    北アルプスの立山連峰と後立山連峰にはさまれた黒部渓谷にある黒部ダムは、黒部川下流域の海に面する黒部市から直線距離で約40km南東に位置し、長野県大町市から直線距離で約20km西に位置する(県境から約3km西に位置する)。黒部ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北日本放送

    北日本放送から見た立山連峰立山連峰

    オープニング・クロージング共通 富山湾から立山連峰方面に見る日の出→呉羽山送信所付近の空撮→有峰湖→弥陀ヶ原の夏と冬→出漁する漁船→夕暮れの富山湾と呉羽山。ナレーションは陸田陽子アナウンサー。呼出名称「きたにほんほうそうテレビジョン」が復活。北日本放送 フレッシュアイペディアより)

  • 上市町

    上市町から見た立山連峰立山連峰

    新川平野の中央に位置し、富山市の東約15kmにあって、東西26.1km、南北16.1kmの東南に長く延びた長方形をなす。面積は富山県第5位。地形は東高西低で、町域の大半は山地が占める。東南部は標高2999メートルの剱岳を主峰として、大日岳、猫又山等の北アルプス・立山連峰の山々が連なる山岳地帯で、早月川、上市川の水源を擁する。中央部は早月川、上市川、郷川、大岩川が流れる山地で、河川に沿って集落が点在する。森林セラピー基地に認定されている。上市川の2つのダム、上市川ダム、上市川第二ダムがある。北西部は上市川、郷川、白岩川、大岩川が流れる平野で、新川平野の一部を形成している。人口は北西部に集中する。上市町 フレッシュアイペディアより)

  • 大日連峰

    大日連峰から見た立山連峰立山連峰

    大日連峰(だいにちれんぽう)は、飛騨山脈(北アルプス)立山連峰のうち、主稜線から派生して尾根をなす山群。大日連山(だいにちれんざん)ともいう。大日連峰 フレッシュアイペディアより)

  • 立山三山

    立山三山から見た立山連峰立山連峰

    立山三山 フレッシュアイペディアより)

  • 真砂岳

    真砂岳から見た立山連峰立山連峰

    真砂岳 (立山連峰) - 富山県中新川郡立山町の飛騨山脈の立山連峰にある標高2,861mの山。真砂岳 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県警察部

    富山県警察部から見た立山連峰立山連峰

    1928年(昭和3年)11月 山岳地帯(立山連峰等)を管轄する警察署を決定する。富山県警察部 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県の総合開発計画

    富山県の総合開発計画から見た立山連峰立山連峰

    結果として、富山平野と立山連峰を結ぶ観光ルートが建設され、1971年には立山町の立山駅と長野県大町市の信濃大町駅を結ぶ立山黒部アルペンルートが開通した。新湊市(現:射水市)では1968年に富山新港が開港し、小杉町(現:射水市)には大規模な住宅地が建設された。しかし、1970年の人口は102万9695人と高度経済成長による人口流出が大きく、1960年から人口が微減した。期間中の成長率は9.0%と目標に僅かに届かなかった。富山県の総合開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 毛勝三山

    毛勝三山から見た立山連峰立山連峰

    毛勝三山(けかちさんざん)は、富山県魚津市と黒部市の間にある山岳群である。飛騨山脈立山連峰の北に連なり、毛勝山・釜谷山・猫又山で構成。この三山は、片貝川の源流でもある。登山道については後述。高山植物やハイマツなどの植物も多い。山麓の雪渓の近くには、多くの山菜が自生している。毛勝三山 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県立志貴野高等学校

    富山県立志貴野高等学校から見た立山連峰立山連峰

    高岡駅前ウイング・ウイング高岡の商業・教育の機能をあわせもち福祉や環境にも配慮された多目的ビルの中に設置されている。(7階〜12階が校舎)立山連峰が遠望でき、夜景の美しい、恵まれた教育環境である。教室は少人数利用が可能になっている。また、高岡市生涯学習センターやホール、高岡市立図書館が同じビル内にある。富山県立志貴野高等学校 フレッシュアイペディアより)

147件中 11 - 20件表示

「立山連峰」のニューストピックワード