99件中 21 - 30件表示
  • 三俣蓮華岳

    三俣蓮華岳から見た立山連峰立山連峰

    槍穂高連峰から続く主稜線は、ここが起点となり後立山連峰と立山連峰に分かれる。長野県、岐阜県、富山県の3県の境の山でもある。三俣蓮華岳 フレッシュアイペディアより)

  • 鐘釣温泉

    鐘釣温泉から見た立山連峰立山連峰

    中部山岳国立公園、立山連峰と後立山連峰に挟まれた黒部峡谷の山間部に、鐘釣温泉旅館と鐘釣美山荘の2軒の宿泊施設が存在する。鐘釣温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 立山火山

    立山火山から見た立山連峰立山連峰

    立山火山(たてやまかざん)は、飛騨山脈(北アルプス)立山連峰西斜面にある活火山。富山県に属する。立山自体は火山ではないため、混同を避けて弥陀ヶ原火山(みだがはらかざん)とも呼ばれる。立山火山 フレッシュアイペディアより)

  • 絶壁〜山岳警備隊、疾走る〜

    絶壁〜山岳警備隊、疾走る〜から見た立山連峰立山連峰

    北アルプス・立山連峰を舞台に、妻(室井滋)の連れ子との関係に悩む山岳警備隊の小隊長と娘との不和からわが子を疎ましく思ってしまう母親(寺島しのぶ)との交流を描く。絶壁〜山岳警備隊、疾走る〜 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県の総合開発計画

    富山県の総合開発計画から見た立山連峰立山連峰

    結果として、富山平野と立山連峰を結ぶ観光ルートが建設され、1971年には立山町の立山駅と長野県大町市の信濃大町駅を結ぶ立山黒部アルペンルートが開通した。新湊市(現:射水市)では1968年に富山新港が開港し、小杉町(現:射水市)には大規模な住宅地が建設された。しかし、1970年の人口は102万9695人と高度経済成長による人口流出が大きく、1960年から人口が微減した。期間中の成長率は9.0%と目標に僅かに届かなかった。富山県の総合開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 後立山連峰

    後立山連峰から見た立山連峰立山連峰

    後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)は、飛騨山脈(北アルプス)のうち黒部川の東側に連なる山群。黒部川を隔てて立山連峰と対峙している。後立山連峰 フレッシュアイペディアより)

  • 奥大日岳

    奥大日岳から見た立山連峰立山連峰

    奥大日岳(おくだいにちだけ)は、富山県にある山。飛騨山脈立山連峰から派生する大日尾根にある。標高2,611m。奥大日岳 フレッシュアイペディアより)

  • 高岡市立野村小学校

    高岡市立野村小学校から見た立山連峰立山連峰

    校章は1956年に提示された三つの案から選ばれた。校章のデザインは、かつて野村に多く生えていたハギの木の葉をイメージした「の」の字を放射状に六つ配置し、その中央に「ら」の字に囲まれた立山連峰と庄川を描いたもので、「の」の字がむっつと「ら」の字で「のむら」を意味している。高岡市立野村小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県立志貴野高等学校

    富山県立志貴野高等学校から見た立山連峰立山連峰

    高岡駅前ウイング・ウイング高岡の商業・教育の機能をあわせもち福祉や環境にも配慮された多目的ビルの中に設置されている。(7階〜12階が校舎)立山連峰が遠望でき、夜景の美しい、恵まれた教育環境である。教室は少人数利用が可能になっている。また、高岡市生涯学習センターやホール、高岡市立図書館が同じビル内にある。富山県立志貴野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長慶寺 (富山市)

    長慶寺 (富山市)から見た立山連峰立山連峰

    本堂 - 呉羽丘陵の東斜面中腹に、富山平野を一望し立山連峰を望む位置に佇んでいる。長慶寺 (富山市) フレッシュアイペディアより)

99件中 21 - 30件表示

「立山連峰」のニューストピックワード