99件中 41 - 50件表示
  • クロスランドおやべ

    クロスランドおやべから見た立山連峰立山連峰

    大谷中学校や薮波公民館など、小矢部市内に点在するメルヘン建築物も眺められ、さらに好天の際には富山湾や壮大な立山連峰も一望できる。クロスランドおやべ フレッシュアイペディアより)

  • 女岩

    女岩から見た立山連峰立山連峰

    面積約400m²、周囲約80mの小さな島である。女岩と周囲の小さな岩が母親とたくさんの子供のように見えることから「女岩」と呼ばれるようになったという。雨晴海岸から立山連峰を背景に望む風景が有名。約800m南東には男岩がある。女岩 フレッシュアイペディアより)

  • 碁石ケ峰県立自然公園

    碁石ケ峰県立自然公園から見た立山連峰立山連峰

    石動山から碁石ヶ峰までの山地帯は邑知潟地溝帯に沿って断層崖を形成しているが、ところどころで地すべりによる台地状の地形がみられ、その台地上にできた池沼と相まって高原のような景観を呈している。碁石ヶ峰は山頂付近まで車で行くことが可能であるが、原山大池を起点に碁石ヶ峰山頂を通る自然歩道が整備されており、1周約1時間で歩くことができる。また「あいの風」と呼ばれる独特の強い風を利用した碁石ヶ峰風力発電所があり、その見晴台からは七尾湾から富山湾、立山連峰を望むことができる。碁石ケ峰県立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 二上山 (富山県)

    二上山 (富山県)から見た立山連峰立山連峰

    二上山からは高岡市と射水市が一望できるほか、立山連峰や富山湾なども眺望することができるため、高岡市を代表する観光地となっている。二上山 (富山県) フレッシュアイペディアより)

  • 日本三霊山

    日本三霊山から見た立山連峰立山連峰

    富山県南東部にある飛騨山脈(立山連峰)の山。最高峰の大汝山(3,015 m)、主峰の雄山(3,003 m)、富士ノ折立(2,999 m)の三峰からなる。立山信仰の対象で、山頂には雄山神社の峰本社がある。日本三霊山 フレッシュアイペディアより)

  • 万年雪

    万年雪から見た立山連峰立山連峰

    飛騨山脈 - 立山連峰には、小規模な氷河が現存する。万年雪 フレッシュアイペディアより)

  • 五竜岳

    五竜岳から見た立山連峰立山連峰

    1908年7月に三枝威之助が白馬岳から鹿島槍ヶ岳へ縦走した際に登頂したのが最初の登頂記録である。1931年(昭和6年)3月に京都大学の登山パーティーが唐松岳から鹿島槍ヶ岳への積雪期初登頂を行い、立教大学の堀田弥一らが宇奈月温泉から鹿島槍ヶ岳と五竜岳の越中側からの積雪期初登頂を行った。1973年(昭和48年)に白馬五竜スキー場ゴンドラが敷設されると、遠見尾根からの入山が従来よりも容易となった。山頂直下の北側の急斜面の岩場には鎖が設置されている。山頂の岩場は360度の展望で、西に黒部川を挟んで対峙している立山連峰、南には鹿島槍ヶ岳を望むことができる。五竜岳 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省立山砂防工事専用軌道

    国土交通省立山砂防工事専用軌道から見た立山連峰立山連峰

    立山連峰に端を発し富山市で富山湾に流れ込む常願寺川は、世界でも有数の急流河川であるうえに上流部に脆い地質の立山カルデラを抱え過去に幾度もの水害や土砂災害を流域にもたらしてきた。1926年には砂防ダムなどの砂防施設建設工事が内務省の直轄事業となったが、これに伴い資材や機材・人員を輸送するための工事用軌道を建設することになった。国土交通省立山砂防工事専用軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 富山市役所

    富山市役所から見た立山連峰立山連峰

    現在の庁舎は市制施行100周年を記念し1992年(平成4年)5月に完成したものである。地下2階地上8階、塔の高さは地上78.8m(アンテナ99.8m)。最上階の展望塔(入場無料)からは富山市街が一望でき、天候が良ければ東の方角に立山連峰を望むことができる。富山市役所 フレッシュアイペディアより)

  • 富山サンダーバーズ

    富山サンダーバーズから見た立山連峰立山連峰

    チーム名は、立山連峰に生息する富山県の鳥、ライチョウ(雷鳥)から命名された。ただし、ライチョウの英名は「Ptarmigan」もしくは「Grouse(bjリーグ・富山グラウジーズはここからの命名)」であり、「雷」と「鳥」から直訳で付けた和製英語である(JR西日本の特急の愛称「サンダーバード」と同様のパターン)。富山サンダーバーズ フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「立山連峰」のニューストピックワード