147件中 41 - 50件表示
  • 人形山

    人形山から見た立山連峰立山連峰

    例年6月の第1日曜日に山開きが行われる。山頂付近からは、西に両白山地の大門山、笈ヶ岳、白山などの山並み、東に飛騨山脈(北アルプス)の立山連峰から乗鞍岳へと連なる山並み、御嶽山、周辺の飛騨高地の山々などが望める。近くにあるピークの三ヶ辻山(みつがつじやま、標高1,764 m)と共に登頂されることがある。三ヶ辻山への登山道は1986年(昭和61年)に五箇山保勝会により伐り開かれた。人形山 フレッシュアイペディアより)

  • 新川平野

    新川平野から見た立山連峰立山連峰

    同平野の北と西には富山湾があり、東と南には立山連峰が連なるため、魚津市は海底から街中を経て山間部まで馬の背のような坂の構造をしている。断層や浸食の影響で段丘も多い。滑川市や黒部市の山間部はなだらかな丘のような構造をしている。朝日町はフォッサマグナの影響で後立山連峰がせり出しているため糸魚川まで海と山が隣り合う。新川平野 フレッシュアイペディアより)

  • 黒部市美術館

    黒部市美術館から見た立山連峰立山連峰

    地域文化創造の拠点として黒部市総合公園内にて、1994年(平成6年)4月に開館。郷土にゆかりのある作家の作品を中心に紹介する場として収蔵・展示を行っており、「親しみやすい美術館」をモットーとしている。また、国内の現代版画作品の収集も行う。美術館からは雄大な立山連峰を望むことができる。黒部市美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田弥一

    堀田弥一から見た立山連峰立山連峰

    現在の富山県黒部市出身。1927年に立教大学山岳部に入部する。当初はスキーをやる目的での入部であったが、実際に立山連峰の冬山に入るとスキーではなくアイゼンで歩けることを知ったという。長谷川伝次郎の「カシミールの山旅」という講演を聴いてヒマラヤに興味を抱くようになる。堀田弥一 フレッシュアイペディアより)

  • 獅子岳

    獅子岳から見た立山連峰立山連峰

    獅々岳(ししだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)立山連峰西斜面にある山。富山県に属する。獅子岳 フレッシュアイペディアより)

  • 五色ヶ原 (立山連峰)

    五色ヶ原 (立山連峰)から見た立山連峰立山連峰

    五色ヶ原(ごしきがはら)は、立山から薬師岳に続く立山連峰の途中にある台地。五色ヶ原 (立山連峰) フレッシュアイペディアより)

  • 山田智敏

    山田智敏から見た立山連峰立山連峰

    勤務地の剱沢警備派出所は、歩いて2時間以上も掛る標高2500mの山の上。年間約100万人の観光客や登山者が訪れる、立山連峰剱岳周辺の警備に当たる。「想像力」が山岳救助任務で一番大事なものだと語る。山田智敏 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋深層水

    海洋深層水から見た立山連峰立山連峰

    日本国内の取水施設は11都道県19施設あるが、取水施設の整備コスト面では陸地から急激に深くなる海底地形の方が取水管の設置距離が短くなり初期投資コスト面で有利になることから、取水地は島(新潟県佐渡島、沖縄県久米島、鹿児島県甑島)や半島の先端(高知県室戸、神奈川県三浦、北海道羅臼)に設置される場合が多い。例外としては、3千メートル級の立山連峰からの急峻地形が海底1千メートルまで続いている、富山湾に面した富山県滑川市や同入善町、同じく急峻地形の駿河湾に面した静岡県焼津市で、平野部にもかかわらず取水施設がある。これらの立地条件は、企業や一般人が取水施設を利用しやすい都市部が後背地としてあるかないか、交通インフラへのアクセスの良否による製造した深層水製品の消費地への輸送コストの増減といった事柄に影響することから、深層水の産業利用の成否を握ることになると思われる。海洋深層水 フレッシュアイペディアより)

  • 春を背負って

    春を背負ってから見た立山連峰立山連峰

    2013年4月にクランクインし、CGに頼らない四季を撮るために撮影に約1年を費やした。原作の舞台は奥秩父だが、映画では「360度どこをとっても画になる」との理由で立山連峰の大汝山へと変更されている。春を背負って フレッシュアイペディアより)

  • 鳶山崩れ

    鳶山崩れから見た立山連峰立山連峰

    鳶山崩れ(とんびやまくずれ)は、1858年4月9日(安政5年2月26日)の飛越地震により発生した、立山連峰・鳶山の山体崩壊である。大鳶崩れ(おおとんびくずれ)ともいう。鳶山崩れ フレッシュアイペディアより)

147件中 41 - 50件表示

「立山連峰」のニューストピックワード