前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
394件中 1 - 10件表示
  • dZERO

    dZEROから見た立川談志立川談志

    2013年12月 紙の本の第二弾・第三弾『増補 談志が死んだ』(立川談志+落語立川流一門)、『クラウド 増殖する悪意』を(森達也)刊行する。dZERO フレッシュアイペディアより)

  • 立川志ら乃

    立川志ら乃から見た立川談志立川談志

    2011年、兄弟子の立川こしらとともに真打昇進が内定、2012年12月に昇進。立川談志の孫弟子では初となる。5代目柳家小さんの曾孫弟子(孫弟子から預かり弟子となった者の弟子は除く)としても初めての真打昇進となる。立川志ら乃 フレッシュアイペディアより)

  • 高田文夫

    高田文夫から見た立川談志立川談志

    小学校時代に『おとなの漫画』(フジテレビ)に強い影響を受け、青島幸男のような放送作家を志す。世田谷区立船橋中学校、日本学園高校を経て、日本大学芸術学部放送学科に入学し、落語研究会(日本大学芸術学部落語研究会)に所属。同期に古今亭右朝が、後輩に森田芳光がいる。立川談志に心酔し、談志の著書『現代落語論』がバイブルで、「落語の才能が無い」と森田を辞めさせている。本人が著書で語った所によると「青島幸男に憧れて早稲田を志したが、出来が悪かったので諦めた。」と言う。高田文夫 フレッシュアイペディアより)

  • 林家三平 (初代)

    林家三平 (初代)から見た立川談志立川談志

    同じ時期にテレビ、ラジオで活躍した落語家に、弟弟子5代目月の家圓鏡(8代目橘家圓蔵)、7代目立川談志、5代目三遊亭圓楽、2代目三遊亭歌奴(現3代目三遊亭圓歌)らがいる。林家三平 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 山藤章二

    山藤章二から見た立川談志立川談志

    幼少時から寄席通いをして落語に親しんでいたこともあり、笑芸人に対する造詣が深く、笑いについての対談集の刊行や、笑芸のプロデュースを行っている。近年は、1995年より年1回、紀伊国屋ホールにて「寄席山藤亭」という名称で、年に1回、山藤のプロデュースによる笑芸人の公演を行っており、立川談志やイッセー尾形の独演会などを企画している。山藤章二 フレッシュアイペディアより)

  • 落語協会分裂騒動

    落語協会分裂騒動から見た立川談志立川談志

    1972年に圓生が最高顧問に退き、後任として柳家小さんが会長となった。小さんは三遊亭圓楽や立川談志などを新理事に登用し、さらに理事会の合議制を導入した。圓生会長の下では会長がすべてを決め、理事会に決定権はなかったが、小さん会長の下では理事会が協会の最高議決機関となり、多数決により意思決定がなされた。文楽のように前会長として院政を布くことを当然と考えていた圓生は小さん体制に不満を抱いた。落語協会分裂騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た立川談志立川談志

    21日 - 落語家の立川談志が喉頭癌のため逝去(享年75)。近年はNHKラジオ第1『新・話の泉』に月1回レギュラー出演しており、3日放送の同番組が最後の出演となった。2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見た立川談志立川談志

    落語 6代目三遊亭圓生、4代目柳亭痴楽、2代目三遊亭歌奴(現:3代目三遊亭圓歌)、2代目三遊亭小金馬(現:4代目三遊亭金馬)、初代林家三平、3代目古今亭志ん朝、5代目三遊亭圓楽、7代目立川談志、5代目月の家円鏡(現:8代目橘家圓蔵)、桂歌丸、8代目古今亭志ん馬、6代目笑福亭松鶴、3代目桂米朝、5代目桂文枝、3代目桂春団治、2代目笑福亭松之助、初代森乃福郎、3代目笑福亭仁鶴、月亭可朝、桂三枝(現:6代桂文枝)日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • 落語立川流

    落語立川流から見た立川談志立川談志

    創設者である立川談志を頂点とする家元制の組織体系を採っていた。プロ落語家志願者を育てるための従来の師弟関係(Aコース)のほかに、一般人もお金を払うだけで弟子になれる制度がある(Cコース)。Cコースは落語家になれない。談志の死去に伴い家元制度は廃止となった。落語立川流 フレッシュアイペディアより)

  • 横山ノック

    横山ノックから見た立川談志立川談志

    横山 ノック(よこやま ノック、本名 山田 勇(やまだ いさむ)、1932年1月30日 - 2007年5月3日)は、お笑いタレント、元参議院議員、元大阪府知事。兵庫県神戸市生田区相生町生まれ。血液型はO型。3人兄弟の長男(弟2人)。愛称は「ピッカリくん」「タコ小僧」「明石のタコ」「ノック先生」。立川談志一門でもあり、「立川禿談次」という高座名も持つ。個人事務所のやまだ真企画に所属していた。トレードマークは、電電公社のマーク。横山ノック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
394件中 1 - 10件表示

「立川談志」のニューストピックワード

  • 春日八郎・村田英雄 男の絆 昭和の名曲と苦悩から栄光 その素顔

  • 助けられたいって思った時、そう思ってやろうって

  • お願い!ランキング