前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
325件中 1 - 10件表示
  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見た立川談志立川談志

    落語 4代目柳亭痴楽、2代目三遊亭歌奴(現:3代目三遊亭圓歌)、2代目三遊亭小金馬(現:4代目三遊亭金馬)、初代林家三平、3代目古今亭志ん朝、5代目三遊亭圓楽、7代目立川談志、5代目月の家円鏡(現:8代目橘家圓蔵)、8代目古今亭志ん馬、6代目笑福亭松鶴、3代目桂米朝、5代目桂文枝、3代目桂春団治、2代目笑福亭松之助、初代森乃福郎、3代目笑福亭仁鶴、月亭可朝、桂三枝(現:6代桂文枝)日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • 立川志ら乃

    立川志ら乃から見た立川談志立川談志

    2011年、兄弟子の立川こしらとともに真打昇進が内定、2012年12月に昇進。立川談志の孫弟子では初となる。5代目柳家小さんの曾孫弟子(孫弟子から預かり弟子となった者の弟子は除く)としても初めての真打昇進となる。立川志ら乃 フレッシュアイペディアより)

  • 落語家

    落語家から見た立川談志立川談志

    このように、「二つ目に昇進できるのにあえて前座に止まる」落語家をへたりという。永久前座という異名もある。昭和30年代位までは、へたりが数人いた。橘ノ圓福・林家正吉らである(7代目立川談志が著書『談志楽屋噺』で紹介)。歌舞伎でいう「頭取」のようなものである。実際には寄席従業員として働いているのと変わらない。一方大阪ではへたりは太鼓・鳴物の演奏を務める人を意味し、以前はかなり重宝された。主なへたりには三升小三(戎橋松竹)・桂右之助(千日劇場・旧うめだ花月)・桂文蝶(千日劇場)・桂團治(道頓堀角座)・橘家つばめ(神戸松竹座)・2代目三升紋三郎(新花月)等がいた。落語家 フレッシュアイペディアより)

  • 高田文夫

    高田文夫から見た立川談志立川談志

    小学校時代に『おとなの漫画』(フジテレビ)に強い影響を受け、青島幸男のような放送作家を志す。日本学園高校を経て、日本大学藝術学部放送学科に入学し、落語研究会に所属。同期に古今亭右朝が、後輩に森田芳光がいる。立川談志に心酔し、談志の著書『現代落語論』がバイブルで、「落語の才能が無い」と森田を辞めさせている。高田文夫 フレッシュアイペディアより)

  • 林家三平 (初代)

    林家三平 (初代)から見た立川談志立川談志

    同じ時期にテレビ、ラジオで活躍した落語家に、弟弟子5代目月の家圓鏡(現8代目橘家圓蔵)、7代目立川談志、5代目三遊亭圓楽、2代目三遊亭歌奴(現3代目三遊亭圓歌)らがいる。林家三平 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 亜紀書房

    亜紀書房から見た立川談志立川談志

    亜紀書房ZERO事業部が立川談志の事務所である談志役場の協力で、クラウド型コンテンツモールFan+に出店しているデジタルコンテンツショップ。立川談志の高座や楽屋噺の映像を配信している。「テレビでも見ることができない、ラジオで聞くこともできない、Webで見ることもできない、DVDやCDなどのパッケージでもお目にかかれない、談志師匠のオリジナルコンテンツ」としている。亜紀書房 フレッシュアイペディアより)

  • 落語協会分裂騒動

    落語協会分裂騒動から見た立川談志立川談志

    1972年に圓生が顧問に退き、後任として5代目柳家小さんが会長となった。小さんは5代目三遊亭圓楽や7代目立川談志などを新理事に登用し、また理事会での合議制を導入した(圓生会長時代は、理事会に決定権はなかった)。落語協会分裂騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 横山ノック

    横山ノックから見た立川談志立川談志

    横山 ノック(よこやま ノック、本名 山田 勇(やまだ いさむ)、兵庫県神戸市生まれ。1932年1月30日 - 2007年5月3日)は、お笑いタレント、元参議院議員、元大阪府知事。愛称は「ピッカリくん」「タコ小僧」「明石のタコ」「ノック先生」。立川談志一門でもあり、「立川禿談次」という高座名も持つ。個人事務所のやまだ真企画に所属していた。トレードマークは、電電公社のマーク。横山ノック フレッシュアイペディアより)

  • 橘家圓蔵 (8代目)

    橘家圓蔵 (8代目)から見た立川談志立川談志

    1960年代から1980年代にかけて「ヨイショの圓鏡」の異名で、落語家としてもラジオスターとしても一時代を築いた。徹底的に明朗かつ座持ちの良い芸風で、座敷(旦那衆相手に幇間よろしくヨイショで稼ぎまくっていた)のみならず、高座、ラジオ、テレビ、CMを問わず大活躍し、圓鏡の声が聞こえない日はなかったほど。7代目(自称5代目)立川談志を兄貴分として信頼していた。橘家圓蔵 (8代目) フレッシュアイペディアより)

  • 立川 志の輔

    立川志の輔から見た立川談志立川談志

    大学在学中の落研時代から3代目古今亭志ん朝への憧れが強かったが、国立演芸場での「談志ひとり会」で7代目(自称5代目)立川談志の『芝浜』を観たことが、談志に入門する決め手となった。この時の談志の『芝浜』は、従来の『芝浜』とは異なる作風へと劇的に変化したものだった。立川志の輔 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
325件中 1 - 10件表示

「立川談志」のニューストピックワード