325件中 91 - 100件表示
  • 桂文治 (9代目)

    桂文治 (9代目)から見た立川談志立川談志

    落語界屈指の吝嗇家であり、師匠小さんの曾孫弟子7代目立川談志、彦六の弟子林家木久扇をして賞賛せしめるほどの「ケチの文治」として有名で、数々の「ドケチ」の逸話を残す。桂文治 (9代目) フレッシュアイペディアより)

  • 柳家金太夫

    柳家金太夫から見た立川談志立川談志

    その後つまびらかではないが1890年に談志を継ぐ。1915年頃まで談志を名乗ったがほとんど高座には上がらず柳家金太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談四楼

    立川談四楼から見た立川談志立川談志

    1970年、(昭和45年)群馬県立太田高等学校を卒業、同年3月立川談志に入門。前座名は寸志。1975年11月の二つ目昇進後談四楼と改名。1980年、NHK新人落語コンクール優秀賞受賞。1983年、落語協会での真打昇進試験において、談四楼と兄弟子の小談志(後に談志門下を離れ喜久亭寿楽になる)が不合格になる。(これをきっかけに談志は弟子をつれて落語協会を離れ、落語立川流を結成)同年5月、落語立川流真打に昇進。立川談四楼 フレッシュアイペディアより)

  • 天国のスタア

    天国のスタアから見た立川談志立川談志

    墓碑銘2011:宮尾すすむ、原田芳雄、松田直樹、立川談志、湯木博恵(バドミントン選手、新沼謙治の妻)、日吉ミミ、長門裕之天国のスタア フレッシュアイペディアより)

  • 立川談修

    立川談修から見た立川談志立川談志

    専修大学卒業後の1995年3月、立川談志に弟子入り。出身大学から一文字もらい「談修」となる。立川談修 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤鶴夫

    安藤鶴夫から見た立川談志立川談志

    後の落語立川流家元である。安鶴は二つ目時代の談志を賞賛したが、その後天狗になっている、調子にのりすぎていると批判し続けた。談志はのちに自著で評論家が恣意的に自身の意に沿わない芸人を誹謗して「プロである芸人の芸と商売」を邪魔するのは不当と批判する一方で、芸と芸人へ熱意があると判断した落語評論家の事は高く評価している。談志の安藤批判は後年辛辣さを増し、「安鶴は駄目だよ」「安藤鶴夫みたいなヤツの意見を(三木助は)聞いて(落語の芝浜を)嫌らしくしている」等、安藤の落語評論を否定した。安藤鶴夫 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家蝠丸

    柳家蝠丸から見た立川談志立川談志

    5代目柳家小蝠(元は7代目立川談志門下で「志っ平」、後に文治門下に移り「前助」、文治没後、兄弟子蝠丸の預かり弟子となり二ツ目昇進時に5代目小蝠襲名)柳家蝠丸 フレッシュアイペディアより)

  • 三一書房

    三一書房から見た立川談志立川談志

    立川談志『現代落語論』三一書房 フレッシュアイペディアより)

  • エスカレーションクイズ「対決!1対10」

    エスカレーションクイズ「対決!1対10」から見た立川談志立川談志

    第1回目は「ゲスト大会」で、「キング」は七代目立川談志、挑戦者は月の家円鏡(現・8代目橘家圓蔵)、春風亭柳朝、由利徹、高松しげお、一谷伸江らが参加した。エスカレーションクイズ「対決!1対10」 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周!!ランニングクイズ

    世界一周!!ランニングクイズから見た立川談志立川談志

    第1回は「ゲスト大会」で、立川談志・菅原謙二・倍賞美津子・長沢純・應蘭芳に、当時竹腰の夫である安田伸(ハナ肇とクレージーキャッツ)が出場した。世界一周!!ランニングクイズ フレッシュアイペディアより)

325件中 91 - 100件表示

「立川談志」のニューストピックワード