394件中 91 - 100件表示
  • 桂文治 (9代目)

    桂文治 (9代目)から見た立川談志立川談志

    落語界屈指の吝嗇家であり、師匠小さんの曾孫弟子7代目立川談志(自身もケチで有名であった)、彦六の弟子林家木久扇(芸人では珍しい節約家)をして賞賛せしめるほどの「ケチの文治」として有名で、数々の「ドケチ」の逸話を残す。桂文治 (9代目) フレッシュアイペディアより)

  • 吉川潮

    吉川潮から見た立川談志立川談志

    『人生、成り行き 談志一代記』立川談志 聞き手 新潮社 2008 のち文庫吉川潮 フレッシュアイペディアより)

  • ブロードキャスト・ニュース

    ブロードキャスト・ニュースから見た立川談志立川談志

    「週刊文春」55周年記念号の「シネマチャート歴代ベスト55」で90%以上の星を獲得した映画の一本としてランクイン。当時のレビュワーの品田雄吉、立川談志、田中小実昌が満点を与えた。ブロードキャスト・ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 柳家金太夫

    柳家金太夫から見た立川談志立川談志

    明治10年代ころ4代目立川談志(釜掘りの談志)の門で立川談遊。その後つまびらかではないが1890年に談志を継ぐ。柳家金太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 源平盛衰記

    源平盛衰記から見た立川談志立川談志

    落語家の7代目林家正蔵、初代林家三平、10代目桂文治、立川談志らの得意ネタとなっていた。源平盛衰記 フレッシュアイペディアより)

  • ワザオギ

    ワザオギから見た立川談志立川談志

    当時の落語CD・DVD・ビデオ市場は、東京の立川談志・古今亭志ん朝、上方の桂米朝・桂枝雀など、現役あるいは近年多くの音源を残した故人による音源と、特定のホール寄席で演じられたシリーズものを除けば、昭和中期?後期までのベテランクラスの商品をCDで再発売したものがほとんどであり、ましてや新作落語(上方で言う「創作落語」)や若手・中堅演者のものが店頭に並ぶことは、桂三枝(後の六代目桂文枝)、桂文珍などの数少ない例や、他ジャンルなどとのコラボレーション企画は別としては、ほとんどなかった。ワザオギ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤和歌子

    佐藤和歌子から見た談志立川談志

    「ハリウッド、浪花節、鮑が踊る談志の台所から」(『en-taxi』No.10)佐藤和歌子 フレッシュアイペディアより)

  • 桂春若

    桂春若から見た立川談志立川談志

    岸和田市立産業高等学校を卒業。子供の頃は「笑点」のファンで特に司会者立川談志の大ファンであった。偶然にも大阪で公開収録が行なわれるとのことで観覧し楽屋で弟子入り志願しようと待ち伏せしたがすでに談志が次の仕事で楽屋を後にしていたため出会えず、結局弟子入りは叶わなかった。その日演芸コーナーを勤めたのが漫才師の海原お浜・小浜と3代目桂春団治であった。桂春若 フレッシュアイペディアより)

  • 付き馬

    付き馬から見た立川談志立川談志

    主な演者に8代目三笑亭可楽、5代目古今亭志ん生、5代目春風亭柳朝、7代目立川談志などが知られる。付き馬 フレッシュアイペディアより)

  • 青い部屋

    青い部屋から見た立川談志立川談志

    三島由紀夫、川端康成、美輪明宏、寺山修司、野坂昭如、岡本太郎、赤塚不二夫、石原裕次郎、石原慎太郎、林家三平、篠山紀信、立川談志、長谷川きよし、石井好子、淡谷のり子、ピエール・バルー、オノ・ヨーコ、有吉佐和子、柴田錬三郎、渚ようこ、ソワレ、ヨネヤマ・ママコなど他多数。青い部屋 フレッシュアイペディアより)

394件中 91 - 100件表示

「立川談志」のニューストピックワード