394件中 101 - 110件表示
  • エド山口のまんてんワイド

    エド山口のまんてんワイドから見た立川談志立川談志

    前期:松岡まこと (月?金)(立川談志の実娘)エド山口のまんてんワイド フレッシュアイペディアより)

  • 鵜の木

    鵜の木から見た立川談志立川談志

    立川談志 -学生時代居住していた。談志が転居した後も実家は残り、家族はごく最近まで同地区に居住していたという。鵜の木 フレッシュアイペディアより)

  • 落語のピン

    落語のピンから見た立川談志立川談志

    毎回立川談志の高座をメインに、中堅ならびに若手の落語家の高座をほぼノーカットで1時間半放送していた深夜番組である。ただし、談志が故意に行った不穏当な発言については音声を消して対処したことがある。収録は2本録りで、深川江戸資料館小劇場で1回につき2週分を収録していた。談志は基本的に軽めのものと長講の2席を演じていたが、回によっては遅刻したり早退したりすることもあった。落語のピン フレッシュアイペディアより)

  • 柳家つば女 (6代目)

    柳家つば女 (6代目)から見た立川談志立川談志

    小きん時代の1967年(昭和42年)に開催された『笑点』(日本テレビ)での第一回若手大喜利に出演しており、1969年(昭和44年)11月に番組司会が兄弟子7代目立川談志から前田武彦に交替した際に、レギュラーメンバーに抜擢された。1970年(昭和45年)6月までは兄弟子柳家さん吉と共演していた。大喜利でオレンジの色紋付を着用した人物は彼が最初である。以後、1972年(昭和47年)に林家こん平が復帰するまでレギュラーを務めた。なお、現在オレンジの着物を着ている林家たい平(こん平の弟子)は、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科を卒業しており、つば女にとって大学の後輩にあたる。柳家つば女 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 笑いがいちばん

    笑いがいちばんから見た立川談志立川談志

    立川談志?1980年4月〜1982年12月(談志降板後の後任は置かれず。1983年1月以降は1枠はゲストパネラー枠に変更)。笑いがいちばん フレッシュアイペディアより)

  • 笑芸人

    笑芸人から見た立川談志立川談志

    笑芸人VOL.10 2003年3月発売 古今東西ベスト100席・(祝)高座生活50周年立川談志笑芸人 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家蝠丸

    柳家蝠丸から見た立川談志立川談志

    5代目柳家小蝠(元は7代目立川談志門下で「志っ平」、後に文治門下に移り「前助」、文治没後、兄弟子蝠丸の預かり弟子となり二ツ目昇進時に5代目小蝠襲名)柳家蝠丸 フレッシュアイペディアより)

  • 菅良助

    菅良助から見た立川談志立川談志

    弟子に2代目良助、2代目?立川談志(のちの初代宇治新口)がいる。菅良助 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志 (3代目)

    立川談志 (3代目)から見た立川談志立川談志

    三宅長兵衛という武士の息子で岩太郎といった。後に寅吉と改め町人となって摺者師になったのちに噺家の群れに入り、天保の初めごろ初代瀧川鯉かんの門で初代?立川鯉生から3代目?立川談笑、入船扇蔵、立川鱗馬、和九丸などを経て3代目談志を相続した。立川談志 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • まんが学校

    まんが学校から見た立川談志立川談志

    まんが学校(まんががっこう)は、1964年4月6日から1967年3月27日までNHK総合テレビジョンで放送された児童向け番組である。当時頭角を現わしていた落語家の立川談志が司会、漫画家のやなせたかしが漫画の指導やクイズ出題を担当した。まんが学校 フレッシュアイペディアより)

394件中 101 - 110件表示

「立川談志」のニューストピックワード