325件中 101 - 110件表示
  • 三遊亭小圓遊

    三遊亭小圓遊から見た立川談志立川談志

    1969年(昭和44年)4月 - 初代司会7代目立川談志とレギュラーメンバーとの対立があり『笑点』降板。7ヶ月後にライバル桂歌丸と共に復帰(その期間、自身主演の時代劇や5代目圓楽主演のドラマなどに出演している)。この際には弟弟子三遊亭笑遊(現:5代目三遊亭圓遊)が座布団運びとして加わっているが8ヶ月で降板。三遊亭小圓遊 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ図書館

    ラジオ図書館から見た立川談志立川談志

    ラジオドラマ以外でも、落語関連の放送がされた事もあった。(「戦後落語史」「日本の話芸」など。立川談志や、川戸貞吉などが出演。)ラジオ図書館 フレッシュアイペディアより)

  • ヒット歌謡No.1

    ヒット歌謡No.1から見た立川談志立川談志

    七代目立川談志・五代目三遊亭圓楽・月の家円鏡(現・八代目橘家圓蔵)が司会を務めた公開番組で、毎回3 - 4人の歌手たちによる歌を挿みながらマンスリーゲストの「今月の歌」を紹介していた。当時としては異色の落語家を司会に起用した音楽番組だったが、プロ野球中継(当時の放送枠は20:00 - 21:26)で中断することも多かった。ヒット歌謡No.1 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹

    若竹から見た立川談志立川談志

    若竹オープン時、立川談志は「これはすぐに駄目になる」と周囲に漏らしていた。4年後、若竹が閉館すると圓楽は「松岡(談志の本名)の言う通りだった」と自らの失敗を認めた。若竹 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓福

    三遊亭圓福から見た立川談志立川談志

    先代 三遊亭圓福(1889年 - 1961年12月1日) - 戦前、戦中、戦後と寄席の色物「百面相」をやった。師匠改名順不明。立川談志が著書『談志楽屋噺』で紹介している「橘ノ圓福」は同一人物と思われる。本名は矢島光造。寄席で仕事中に脳溢血のため急逝。この時、楽屋に入って来た某真打から「まだ死なねェのか」とまで言われたという(『楽屋噺』より)。三遊亭圓福 フレッシュアイペディアより)

  • 三木内閣

    三木内閣から見た立川談志立川談志

    國場幸昌 /松岡克由(立川談志):1975年12月26日 - 1976年1月30日 /中村禎二:1976年1月30日 -三木内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 三升家小勝 (6代目)

    三升家小勝 (6代目)から見た立川談志立川談志

    4代目桂文字助 - 前名、三升家勝松。小勝死後は7代目(自称5代目)立川談志一門に移籍。三升家小勝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • ひょうきんスター誕生

    ひょうきんスター誕生から見た立川談志立川談志

    藤本義一(キッチュ)、立川談志(渡辺正行)、寺内貫太郎(ウガンダ)、谷村新司(島崎俊郎)、松田優作(島田紳助)ひょうきんスター誕生 フレッシュアイペディアより)

  • 快楽亭ブラック

    快楽亭ブラックから見た立川談志立川談志

    当代は先代ブラックの門下ではなく、立川談志の門下である(入門当時は立川ワシントンを名乗り、その後17回の改名を経て現在の名前になった)。したがって先代ブラックの師弟関係および門流ではない。快楽亭ブラック フレッシュアイペディアより)

  • 春風亭栄橋

    春風亭栄橋から見た立川談志立川談志

    日本テレビ「笑点」司会の立川談志によって笑点大喜利メンバーに抜擢された。春風亭栄橋 フレッシュアイペディアより)

325件中 101 - 110件表示

「立川談志」のニューストピックワード