325件中 11 - 20件表示
  • テツandトモ

    テツandトモから見た立川談志立川談志

    「似てないものまね」が特技(自己紹介の歌でも、テツから「特技は似てないものまねよ♪」と振られてものまねを披露する。後述の立川談志の他にも、石橋貴明やマギー司郎などのレパートリーがある)。テツandトモ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た立川談志立川談志

    21日 - 落語家の立川談志が喉頭癌のため逝去(享年75)。近年はNHKラジオ第1『新・話の泉』に月1回レギュラー出演しており、3日放送の同番組が最後の出演となった。2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 大喜利 (笑点)

    大喜利 (笑点)から見た立川談志立川談志

    初代司会の立川談志から3代目司会の三波伸介まではCMが終わって画面が切り替わった時点で既にメンバー全員が板付きでの挨拶状態だったが、4代目司会の5代目圓楽以降は笑点のオープニング曲に合わせて、上手からメンバーが登場するようになった(現在では、小遊三→好楽→木久扇→昇太→6代目圓楽→たい平→山田隆夫の順に登場する)。メンバーが座り、一旦全員の姿が映された後で司会者(桂歌丸)が現れ、席に着いた後に扇子を一打ちして大喜利が始まる。このオープニングに変えたのはプロデューサーの「番組に動きを作りたい」「笑点の象徴として定着しているテーマ曲を何とか使えないか」という意向があったためである。大喜利 (笑点) フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た立川談志立川談志

    初代司会者である7代目立川談志の証言 :長年番組スポンサーを務めるサントリーの当時のPR誌「酔族館」に柳原良平が連載していた一コマ漫画のタイトルが「笑点」で、その「笑いの点(ポイント)」という意味合いのタイトルが気に入った談志が柳原に使用許可を求め、番組名として使用することになったというもの(実際に「笑点音頭」でも「笑いのポイント」というフレーズが使われている)。笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 上田哲

    上田哲から見た立川談志立川談志

    2003年には医師で作家のなだいなだが立ち上げたバーチャル政党・老人党に賛同し、落語家で立川流家元の立川談志、探検家の西丸震哉と共に老人党東京を結成。またインターネットTV「世論力TV」の運営や、雑誌「月刊マスコミ市民」の編集にも携わっていた。上田哲 フレッシュアイペディアより)

  • 立川ぜん馬

    立川ぜん馬から見た立川談志立川談志

    7代目立川談志、6代目柳亭燕路も5代目三遊亭圓楽も稽古に通ったという。立川ぜん馬 フレッシュアイペディアより)

  • 泉和助

    泉和助から見た立川談志立川談志

    その「玄人好み」の芸が、ミュージック・ホールで共演したこともある立川談志や、マイナーな芸人を好む色川武大らに愛され、泉の死後に、彼らの著書の中で大きく取り上げられた。泉和助 フレッシュアイペディアより)

  • 雷門獅篭

    雷門獅篭から見た立川談志立川談志

    1999年(平成11年)7月より2002年(平成14年)5月(No.142)まで、師匠である立川談志が「Web現代」に連載する『立川談志世相講談』のカットを担当する。また、2002年(平成14年)4月 - 2003年(平成15年)3月までNHK-BS2の番組『金曜アニメ館』の司会を担当した。雷門獅篭 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談笑

    立川談笑から見た立川談志立川談志

    2代目 談笑(生没年不詳)は本名不詳。2代目菅良助が初代立川談志から改名した際名乗っていた。のち都鳥を経て2代目菅良助。立川談笑 フレッシュアイペディアより)

  • 土橋亭里う馬 (10代目)

    土橋亭里う馬 (10代目)から見た立川談志立川談志

    立川談志に初めて入門した直系弟子であり(略歴参照)、談志一門における事実上の総領弟子でもある(形式的には4代目桂文字助が総領弟子であるが、文字助の場合は最初の師匠である6代目三升家小勝の死去に伴う移籍であるため談志の直系弟子ではない)。土橋亭里う馬 (10代目) フレッシュアイペディアより)

325件中 11 - 20件表示

「立川談志」のニューストピックワード