394件中 11 - 20件表示
  • 粗忽長屋

    粗忽長屋から見た立川談志立川談志

    立川談志は、主観性が余りに強すぎたが為に自分自身が死亡していたか否かと言う事すらも、正しく判断できなかったのだとしている。このため、談志は「主観長屋」と称していた。ある日立川談志が「粗忽長屋」を演じて楽屋に降りてきて「どうだ、俺の「主観長屋」は!」と言った時、居合わせた志ん朝は「普通に演れないだけじゃない」と言い放った。粗忽長屋 フレッシュアイペディアより)

  • 立川 志の輔

    立川志の輔から見た立川談志立川談志

    大学在学中の落研時代から3代目古今亭志ん朝への憧れが強かったが、国立演芸場での「談志ひとり会」で7代目(自称5代目)立川談志の『芝浜』を観たことが、談志に入門する決め手となった。この時の談志の『芝浜』は、従来の『芝浜』とは異なる作風へと劇的に変化したものだった。立川志の輔 フレッシュアイペディアより)

  • 橘家圓蔵 (8代目)

    橘家圓蔵 (8代目)から見た立川談志立川談志

    1960年代から1980年代にかけて「ヨイショの圓鏡」の異名で、落語家としてもラジオスターとしても一時代を築いた。徹底的に明朗かつ座持ちの良い芸風で、座敷のみならず、高座、ラジオ、テレビ、CMを問わず大活躍し、圓鏡の声が聞こえない日はなかったほど。7代目(自称5代目)立川談志を兄貴分として信頼していた。橘家圓蔵 (8代目) フレッシュアイペディアより)

  • 落語家

    落語家から見た立川談志立川談志

    上記の落語協会分裂騒動では落語協会に残った7代目立川談志だが、1983年(昭和58年)に一門ごと脱会し、立川流を創設。昇進試験をめぐり落語協会主流派と7代目立川談志一門が対立したことが理由とされる。この事件は試験制度による改革も決して業界全体を満足させるものではないことを証明した。落語家 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (5代目)

    三遊亭圓楽 (5代目)から見た立川談志立川談志

    若い頃は「星の王子さま」の愛称で親しまれた。端整な顔立ちと博識ぶりにより、1960年代演芸ブームの際には脚光を浴びる。7代目(自称5代目)立川談志、3代目古今亭志ん朝、5代目春風亭柳朝(柳朝休業後は8代目橘家圓蔵)と共に「落語若手四天王」と呼ばれた。出囃子は『元禄花見踊』。三遊亭圓楽 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • テツandトモ

    テツandトモから見た立川談志立川談志

    「似てないものまね」が特技(自己紹介の歌でも、テツから「特技は似てないものまねよ♪」と振られてものまねを披露する。後述の立川談志の他にも、石橋貴明やマギー司郎などのレパートリーがある)。テツandトモ フレッシュアイペディアより)

  • 鉄拐

    鉄拐から見た立川談志立川談志

    主な演者として、3代目桂三木助や7代目立川談志などがいる。鉄拐 フレッシュアイペディアより)

  • 土橋亭里う馬 (10代目)

    土橋亭里う馬 (10代目)から見た立川談志立川談志

    立川談志に初めて入門した直系弟子であり(略歴参照)、談志一門における事実上の総領弟子でもある(形式的には4代目桂文字助が総領弟子であるが、文字助の場合は最初の師匠である6代目三升家小勝の死去に伴う移籍であるため談志の直系弟子ではない)。土橋亭里う馬 (10代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文都

    桂文都から見た立川談志立川談志

    なお近年、文都を名乗る者として7代目立川談志一門(落語立川流家元)の立川文都(1998年真打昇進と共に襲名 - 2009年死去、大阪府大阪市出身)がおり、6代目文都を自称していた(9代目里う馬の名乗った文都を5代目としていることから。ちなみに6代目文都の兄弟子には10代目里う馬がいる)。桂文都 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志 (名跡)

    立川談志 (名跡)から見た立川談志立川談志

    立川 談志(たてかわ だんし)は、落語家の名跡。7代目(自称5代目)である松岡克由の没後は空き名跡となっている。立川談志 (名跡) フレッシュアイペディアより)

394件中 11 - 20件表示

「立川談志」のニューストピックワード