325件中 21 - 30件表示
  • あまから家族

    あまから家族から見た立川談志立川談志

    毎回、様々な家族が登場、司会のミヤコ蝶々と七代目立川談志のユニークな話術によって、それぞれの家族が持つ喜びや悲しみを引き出し、共に喜び、笑い、励ます番組。あまから家族 フレッシュアイペディアより)

  • 野ざらし

    野ざらしから見た立川談志立川談志

    大阪では『骨釣り』という題名で演じられるが昭和50年代に月亭可朝がそのまま「野ざらし」の演題で東京風に演じたのをきっかけに大阪でも浸透している。十八番にしていたのは3代目春風亭柳好、8代目春風亭柳枝、6代目春風亭柳橋などで、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。また、5代目三遊亭圓楽、7代目立川談志の十八番でもあり、若いころよく演じていた。野ざらし フレッシュアイペディアより)

  • 金曜夜席

    金曜夜席から見た立川談志立川談志

    1965年(昭和40年)3月12日に放送がスタート。もともとはテレビ・ラジオの普及で寄席に閑古鳥の鳴く状況に危機感を抱いていた7代目立川談志が「これからは、落語家はテレビにもどんどん出て行かないと駄目だ。かといって落語では噺の最中にコマーシャルが入れられないから、大喜利をやったら良い」と第1・第3(・第5)金曜日に放送されていた『日本プロレス中継』の隔週不足分の穴埋め番組を探していた小里光プロデューサーのところへ談志が企画を持ち込んだのがきっかけで始まった。金曜夜席 フレッシュアイペディアより)

  • 知るを楽しむ

    知るを楽しむから見た立川談志立川談志

    2005年10月 「談志が語る手塚治虫・天才の条件」立川談志知るを楽しむ フレッシュアイペディアより)

  • 立川談幸

    立川談幸から見た立川談志立川談志

    1978年3月(23歳)、明治大学商学部卒業と同時に七代目立川談志に入門、「立川談吉」の前座名を名乗り内弟子となる。立川談幸 フレッシュアイペディアより)

  • 立川こしら

    立川こしらから見た立川談志立川談志

    立川こしら(たてかわ こしら、1975年(昭和50年)11月14日 - )は落語立川流の落語家。本名、若林 大輔(わかばやし だいすけ)。千葉県東金市出身。現在、立川志らく門下総領弟子、真打。2012年、弟弟子の立川志ら乃と共に真打昇進を果たす。立川談志の孫弟子では初、5代目柳家小さんの曾孫弟子(孫弟子から預かり弟子となった者の弟子は除く)でも初となる真打昇進となった。立川こしら フレッシュアイペディアより)

  • 底ぬけAIR-LINE

    底ぬけAIR-LINEから見た立川談志立川談志

    第1回爆笑オンエアバトル チャンピオン大会では「テクノ体操」というネタを披露したが結果は「165キロバトル」という散々な結果で、出場10組の中で9位だった。ところが特別審査員として参加していた立川談志が「元気があって面白かったよ」と評価し「審査員特別賞」を与えた。その収録後、古坂と小島は談志から食事に誘われた。底ぬけAIR-LINE フレッシュアイペディアより)

  • 立川談之助

    立川談之助から見た立川談志立川談志

    1974年7月 - 立川談志に入門し、立川談Qを名乗る。立川談之助 フレッシュアイペディアより)

  • 山藤章二

    山藤章二から見た立川談志立川談志

    幼少時から寄席通いをして落語に親しんでいたこともあり、笑芸人に対する造詣が深く、笑いについての対談集の刊行や、笑芸のプロデュースを行っている。近年は、1995年より年1回、紀伊国屋ホールにて「寄席山藤亭」という名称で、年に1回、山藤のプロデュースによる笑芸人の公演を行っており、立川談志やイッセー尾形の独演会などを企画している。山藤章二 フレッシュアイペディアより)

  • 粗忽長屋

    粗忽長屋から見た立川談志立川談志

    立川談志は、主観性が余りに強すぎたが為に自分自身が死亡していたか否かと言う事すらも、正しく判断できなかったのだとしている。このため、談志をはじめとする落語立川流では「主観長屋」の題で演じられる。粗忽長屋 フレッシュアイペディアより)

325件中 21 - 30件表示

「立川談志」のニューストピックワード