325件中 31 - 40件表示
  • スピードワゴン

    スピードワゴンから見た立川談志立川談志

    仕事が無い日が続いていた時に転機となったのは後述の2002年『M-1グランプリ』に敗者復活枠での出場。これを機に名前が知られるようになり、注目度も高まった。本人たち曰く、M-1決勝出場前の給料は3000円だったが、出場後はテレビ出演が増えた為、給料は100倍になったという。この頃の打合せの際、井戸田は「来年から忙しくなるよ」と小沢に言ったというエピソードがある。その言葉通り、テレビ出演も増え、知名度も上がった。同年の大会では立川談志に「俺、下ネタ嫌いなんです」とネタを酷評されたが中田カウス、島田洋七には「後半の畳み掛けがよかった」と評価されている。2003年の『M-1グランプリ』では、敗者復活でない決勝進出を果たした(そのため、キャッチフレーズが「正門突破」だった)。しかし、その際に披露したネタは童謡(しかもサッちゃん、グリーングリーン といった、都市伝説があるものばかりであった)をネタにしたものであったため、DVDでは大部分がカットされており、場合によっては、ネタ自体が収録されていない。同年に『爆笑オンエアバトル』(NHK)でファイナル2位。勝率0.750、オンエア率15/20でゴールドバトラーの称号を与えられ、同番組の黄金時代を支えた芸人の1組でもある。ちなみに当番組のオフエア最高得点(461KB)という珍記録の持ち主でもある。スピードワゴン フレッシュアイペディアより)

  • 鈴々舎馬風

    鈴々舎馬風から見た立川談志立川談志

    自称で「小さんに一番愛された弟子」(嫌われたのは7代目立川談志、(馬風の後を受け落語協会会長となった)10代目柳家小三治と続ける)。鈴々舎馬風 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た立川談志立川談志

    立川談志は、勘九郎の抜き打ちで、ゲスト出演を果たした。第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文字助 (4代目)

    桂文字助 (4代目)から見た立川談志立川談志

    7代目立川談志の総領弟子であるが、師匠・6代目三升家小勝死去による移籍(1971年)のため、最初に談志に入門したのではない。そのため、実質的な談志一門の総領弟子は最初に談志に入門した10代目土橋亭里う馬であり、談志没後の落語立川流代表には里う馬が就任している。桂文字助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • EXテレビ

    EXテレビから見た立川談志立川談志

    上岡が『テレビ論』をテーマに、毎回異なる企画を放送した。立川談志、山城新伍らを迎えてのトリプル司会構成での放送(月1回)、さらに大島渚、野坂昭如、小田実らを加えて7人でトークを行う日(月2回、前編と後編に分けて2週連続で放送)、その他単発企画(月1?2回)を放送。EXテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 野末陳平

    野末陳平から見た立川談志立川談志

    1971年の第9回参議院議員通常選挙では、本名の「和彦」から、知名度の高いペンネームの「陳平」に戸籍を変更した上で、全国区から無所属で初当選し(同期に立川談志ら)、以後連続当選4回。海江田万里を秘書として重用し、「税金関連のエキスパート」を自称した。野末陳平 フレッシュアイペディアより)

  • やじうま寄席

    やじうま寄席から見た立川談志立川談志

    前番組『円歌・談志の土曜寄席』をリニューアルした寄席番組で、現在でも放送中の『笑点』の姉妹版的な番組。収録も『笑点』と同様に、後楽園ホールで行われていた。演芸のほかに、オークション・大喜利・のど自慢といった様々なコーナーによって構成されていた。開始当初は司会の七代目立川談志がタレント議員だったこともあり、石原慎太郎(現・東京都知事)といった議員を呼んで政治関連のトークなども行っていたが、放送時間の繰り上げとともに徐々にお笑い中心へと変わっていった。やじうま寄席 フレッシュアイペディアより)

  • 落語立川流

    落語立川流から見た立川談志立川談志

    創設者である立川談志を頂点とする家元制の組織体系を採っていた。プロ落語家志願者を育てるための従来の師弟関係(Aコース)のほかに、一般人もお金を払うだけで弟子になれる制度がある(Cコース)。Cコースは落語家にはなれない。なお、談志の死去に伴い家元制度は廃止となった。落語立川流 フレッシュアイペディアより)

  • 春風亭柳朝 (5代目)

    春風亭柳朝 (5代目)から見た立川談志立川談志

    1960年代はテレビ、ラジオでも顔を売り、7代目(自称5代目)立川談志、3代目古今亭志ん朝、5代目三遊亭圓楽と共に「落語四天王」と呼ばれた。春風亭柳朝 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 西部邁

    西部邁から見た立川談志立川談志

    西部が高く評価している日本人は山本常朝、福澤諭吉、夏目漱石、坂口安吾、田中美知太郎、福田恆存、三島由紀夫、立川談志などである。西部邁 フレッシュアイペディアより)

325件中 31 - 40件表示

「立川談志」のニューストピックワード