394件中 31 - 40件表示
  • 落陽 (映画)

    落陽 (映画)から見た立川談志立川談志

    本作は総合プロデューサー・総監修・脚本としてクレジットされている藤浦敦が「実は何から何まで俺がやった」と述べている。1988年頃、にっかつの社長だった根本悌二が企画したことになっているが、当時は根本の名前を出さないと企画は通らず。若松正雄副社長が一般映画路線である「ロッポニカ」をやったが上手くいかず、根本が藤浦に「アニさんなんとかしてくれ」と言ってきたので「俺の企画を黙って受け入れるか」と承諾させてプロデューサーをやったのが『徳川の女帝 大奥』で、これが大ヒットしたことで作ったのが本作だという。藤浦はにっかつの株を40%持っていて当時の時価で100億円。藤浦はにっかつの社長になるつもりでいたが、根本が「社長は若松にしてくれ、アニさんは撮れりゃいいんだろ」と言うので、重役以上の待遇と『落陽』の製作にあたり、根本も若松も口を出さないという条件を飲ませて総合プロデューサー・総監修・脚本として名を連ねることになったと話している。監督をやらなかったのは総合プロデューサーと一緒にできないためで、文句を言わない、全部自分のいうことを聞く人をあたり、昵懇だった立川談志の取り巻きだった伴野朗を監督に据えた。朝日新聞の記者だった伴野は監督としての仕事は当然何も出来ないから、最初のうちは現場に来たが、途中で藤浦が監督料を余計に1000万円払い「余計なことを言ったら殺す」と脅し、途中から来なくなって藤浦が監督もやったという。  落陽 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た立川談志立川談志

    立川談志は、勘九郎の抜き打ちで、ゲスト出演を果たした。第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 上田哲

    上田哲から見た立川談志立川談志

    2003年には医師で作家のなだいなだが立ち上げたバーチャル政党・老人党に賛同し、落語家で立川流家元の立川談志、探検家の西丸震哉と共に老人党東京を結成。またインターネットTV「世論力TV」の運営や、雑誌「月刊マスコミ市民」の編集にも携わっていた。上田哲 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小金治

    桂小金治から見た立川談志立川談志

    7代目立川談志らとの勉強会 ※落語界を本当に去ったきっかけとされる。桂小金治 フレッシュアイペディアより)

  • ポアロのあと何分あるの?

    ポアロのあと何分あるの?から見た立川談志立川談志

    立川談志が怒りそうなことを立川談志に成り代わって怒るコーナー。どんどん脱線し様々な人や物に成り代わって怒るコーナーになった。ポアロのあと何分あるの? フレッシュアイペディアより)

  • 立川こしら

    立川こしらから見た立川談志立川談志

    2012年(平成24年)12月 - 弟弟子の立川志ら乃と共に真打昇進。立川談志の孫弟子では初、5代目柳家小さんの曾孫弟子(孫弟子から預かり弟子となった者の弟子は除く)でも初となる真打昇進となった。立川こしら フレッシュアイペディアより)

  • 立川談之助

    立川談之助から見た立川談志立川談志

    1974年7月 - 立川談志に入門し、立川談Qを名乗る。立川談之助 フレッシュアイペディアより)

  • 底ぬけAIR-LINE

    底ぬけAIR-LINEから見た立川談志立川談志

    第1回爆笑オンエアバトル チャンピオン大会では「テクノ体操」というネタを披露したが結果は165KBという散々な結果で、出場10組の中で9位だった。ところが特別審査員として参加していた立川談志が「元気があって面白かったよ」と評価し「審査員特別賞」を与えた。その収録後、古坂と小島は談志から食事に誘われた。底ぬけAIR-LINE フレッシュアイペディアより)

  • 立川談笑

    立川談笑から見た立川談志立川談志

    2代目 談笑(生没年不詳)は本名不詳。2代目菅良助が初代立川談志から改名した際名乗っていた。のち都鳥を経て2代目菅良助。立川談笑 フレッシュアイペディアより)

  • やじうま寄席

    やじうま寄席から見た立川談志立川談志

    番組は演芸のみならず、オークションや大喜利といったさまざまな企画を行っていた。当初は司会の7代目立川談志がタレント議員だったこともあり、当時国会議員だった石原慎太郎などを招いての政治トークも行っていたが、放送時間の繰り上げとともに徐々にお笑い中心の内容へ移行した。やじうま寄席 フレッシュアイペディアより)

394件中 31 - 40件表示

「立川談志」のニューストピックワード