325件中 41 - 50件表示
  • 桂小金治

    桂小金治から見た立川談志立川談志

    7代目立川談志らとの勉強会 ※落語界を本当に去ったきっかけとされる。桂小金治 フレッシュアイペディアより)

  • 快楽亭ブラック (2代目)

    快楽亭ブラック (2代目)から見た立川談志立川談志

    立川談志の命により、2代目快楽亭ブラックを襲名するまで、16回の改名をしたことでも知られている。しかし、借金が元で落語立川流Aコースを自主退会(破門はまぬがれている)快楽亭ブラック (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • BS笑点

    BS笑点から見た立川談志立川談志

    たまに師匠立川談志の悪口や談志一門談志一門の文句を言う。BS笑点 フレッシュアイペディアより)

  • ジャングル大帝

    ジャングル大帝から見た立川談志立川談志

    ハム・エッグ - 立川談志ジャングル大帝 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題

    爆笑問題から見た立川談志立川談志

    デビューして間もない頃、2人の才能を見抜いた落語家の立川談志は、太田に「天下獲っちゃえよ」と応援の言葉を送ったという。また、「こいつ(田中)だけは切るな。こう出来た奴もなかなか居ないもんだ」と、田中の相方としての重要性を説いている。爆笑問題 フレッシュアイペディアより)

  • 徳光和夫のトクセンお宝映像!

    徳光和夫のトクセンお宝映像!から見た立川談志立川談志

    天才落語家・立川談志(2011年1月25日)徳光和夫のトクセンお宝映像! フレッシュアイペディアより)

  • ポアロのあと何分あるの?

    ポアロのあと何分あるの?から見た立川談志立川談志

    立川談志が怒りそうなことを立川談志に成り代わって怒るコーナー。どんどん脱線し様々な人や物に成り代わって怒るコーナーになってしまった。ポアロのあと何分あるの? フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た立川談志立川談志

    タレントとして早くから頭角を現す一方で、本業の落語の評価は高くなかった。三遊亭圓丈の新作落語にヒントを得て、古典ではなく新作にウェイトを置くようになると、こちらでの評価も急上昇していった。立川談志は「ただの若手の人気者だと思っていたが、新作落語で奥義を極めた」と評している。これは古典をほとんどやっていない早い時期に、司会者やタレントで人気が出始めたため、師匠にしっかり稽古を付けてもらえなかったこと、本来の上方落語の世界に出てくる大阪言葉に馴染めなかったことなどが理由とされている。なお、この自作については、後世に語り継がれることを前提としているため、「新作落語」(古典落語の対語)とは呼ばせず、敢えて「創作落語」と呼ぶ(また、新作落語はおおむね、時期が過ぎたらそのネタを「捨て」ざるを得なくなる運命にあり、それに反発したことにもよる)。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 毒蝮 三太夫

    毒蝮三太夫から見た立川談志立川談志

    『ウルトラマン』放映中の1967年より『笑点』に2代目座布団運びとして登場した。「毒蝮」という芸名は、当時の司会者立川談志が「怪獣ドラマに出演しているなら怪獣風の芸名にした方が良い」と名付けたもの(談志は石井が登場した当初から「マムシ」と呼んでいたが、5代目三遊亭圓楽が「ただのマムシじゃない、毒蝮だよ」と言ったのを談志が気に入り定着させた)。また下の名前の「三太夫」は『笑点』より前に出演していた『談志専科』という番組で石井が三太夫に扮し、殿様役の談志と社会風刺や世相卷談を繰り広げていたことが元で命名された。『笑点』の1968年12月15日放送分から「毒蝮三太夫」に改名した。毒蝮三太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題カーボーイ

    爆笑問題カーボーイから見た立川談志立川談志

    2010年6月15日 - 約半年ぶりの生放送。太田が放送の収録時間にビートたけしと立川談志の対談に付き添いで行く事になったため生放送で行うことになった。爆笑問題カーボーイ フレッシュアイペディアより)

325件中 41 - 50件表示

「立川談志」のニューストピックワード