394件中 41 - 50件表示
  • 鈴々舎馬風

    鈴々舎馬風から見た立川談志立川談志

    子供の頃から落語を聴き落語家に志すようになるも、野田一中卒業後、父に落語家になることを相談するも反対され、父の床屋を継ぐために国際文化理容学校に入学。その後諦めきれず、知人の太神楽の鏡味一鉄の紹介で5代目小さんの内弟子になる。自称「小さんに一番愛された弟子」(嫌われたのは7代目立川談志、10代目柳家小三治と続ける)。鈴々舎馬風 フレッシュアイペディアより)

  • たけし軍団

    たけし軍団から見た立川談志立川談志

    ダンカン(元々は立川談志の弟子、旧名:立川談かん→ふんころがし)たけし軍団 フレッシュアイペディアより)

  • 大喜利 (笑点)

    大喜利 (笑点)から見た立川談志立川談志

    初代司会の立川談志から3代目司会の三波伸介まではCMが終わって画面が切り替わった時点で既にメンバー全員が板付きでの挨拶状態だったが、4代目司会の5代目圓楽就任直後の1983年4月ごろからは笑点のオープニング曲に合わせて、上手からメンバーが登場するようになった(現在では、小遊三→好楽→木久扇→三平→6代目三遊亭円楽→たい平→山田隆夫の順に登場する)。メンバーが座り、一旦全員の姿が映された後で司会者(春風亭昇太)が登場し(上手から登場するが、歌丸のみ2014年7月13日放送分以降は下手から登場するようになった)、席に着いて大喜利が始まる(5代目圓楽と歌丸は、席に着いた際に扇子を一打ちしていた)。このオープニングに変更したきっかけは、当時ディレクターであった(後にプロデューサー)飯田達哉の「座ったままでは打ち合わせした後みたいな感じに見える。動きがない」「音楽に乗って登場したほうが出演者のノリがよくなるのではないか」という提案がきっかけである。大喜利 (笑点) フレッシュアイペディアより)

  • おぎやはぎ

    おぎやはぎから見た立川談志立川談志

    結成6年目に第1回大会で関東組では唯一決勝進出したが、「歌手になりたい」という新ネタを矢作曰く「魔が差し」て本番で披露した。審査員は不可思議に受け取っていた。1000点満点のところ全10組中で9位DonDokoDonの614点に次ぎ540点で最下位であった。一般審査員は大阪9/100点、札幌22/100点、福岡12/100点、で本人たちも低評価に失笑した。DonDokoDonも大阪の一般審査は18点と低評価であった。仮に一般審査がなければおぎやはぎ9位(497 / 700点)、DonDokoDon8位(520点)で、最下位はチュートリアルになっていた。この一般審査は、“関東芸人”を不当に低く評価したと公平性を疑問視する意見が見られたことから、翌年より一般審査員制度は廃止された。第2回大会決勝では第4位と健闘し、審査員の立川談志に絶賛された(詳しくは後述)。おぎやはぎ フレッシュアイペディアより)

  • 立川談幸

    立川談幸から見た立川談志立川談志

    1978年3月(23歳)、明治大学商学部卒業と同時に七代目立川談志に入門。内弟子として「立川談吉」の高座名で前座(落語協会)となる。立川談幸 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た立川談志立川談志

    タレントとして早くから頭角を現す一方で、本業の落語の評価は高くなかった。三遊亭圓丈の新作落語にヒントを得て、古典ではなく新作にウェイトを置くようになると、こちらでの評価は急上昇していった。立川談志は「ただの若手の人気者だと思っていたが、新作落語で奥義を極めた」と評している。これは古典をほとんどやっていない早い時期に、司会者やタレントで人気が出始めたため、師匠にしっかり稽古を付けてもらえなかったこと、本来の上方落語の世界に出てくる大阪言葉に馴染めなかったことなどが理由とされている。なお、この自作については、後世に語り継がれることを前提としているため、「新作落語」(古典落語の対語)とは呼ばせず、敢えて「創作落語」と呼ぶ(また、新作落語はおおむね、時期が過ぎたらそのネタを「捨て」ざるを得なくなる習わしがあり、それに反発したことにもよる)。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 野末陳平

    野末陳平から見た立川談志立川談志

    1971年の第9回参議院議員通常選挙では、本名の「和彦」から、知名度の高いペンネームの「陳平」に戸籍を変更した上で、全国区から無所属出馬するが、次次点の52位に終わり落選。しかし、7月に山本伊三郎、9月に村上孝太郎が死去し繰り上げ当選。50人中45人に当確(NHK)が付いた月曜午後10時の段階で55位だったが、最後に追い込んでの52位だった(同期に立川談志ら)。 以後連続当選4回。海江田万里を秘書として重用し、「税金関連のエキスパート」を自称した。議員時代初期には当時タブー視されていた音楽番組における大手芸能事務所とテレビ局の癒着問題を追及する等して、時折話題を集めた。野末陳平 フレッシュアイペディアより)

  • 立川志らく

    立川志らくから見た立川談志立川談志

    東京・日大三高から日本大学芸術学部に進学し、落語研究会(日本大学芸術学部落語研究会)に所属する。1985年10月、4年生の時、同サークルのOB高田文夫の紹介で7代目立川談志に入門し、前座名立川志らく(フランスの政治家、ジャック・シラクにちなむとされる)を名乗る。大学はその後中退。同窓には、元F1ドライバー片山右京、野球の福王昭仁らがいる。前座時代談志から命じられた築地市場での修行を当時の前座で唯一拒否したため、後に談志から「俺に逆らって売れた弟子は志らく位だ」と言わしめた。1988年3月に二つ目、1995年11月に真打昇進した。2001年彩の国落語大賞受賞。立川志らく フレッシュアイペディアより)

  • 西部邁

    西部邁から見た立川談志立川談志

    西部が高く評価している日本人は山本常朝、福澤諭吉、中江兆民、夏目漱石、田中美知太郎、坂口安吾、秋野不矩、秦野章、福田恆存、三島由紀夫、色川武大、立川談志、唐牛健太郎、などである。西部邁 フレッシュアイペディアより)

  • 小林信彦

    小林信彦から見た立川談志立川談志

    これらの評論は、小林のポリシーとして間接的な資料類に頼らず、「できる限り、自分自身が体験したり、自分の目で見聞きしたものから」論じられている。個人的体験から普遍性を導くという稀有な傑作となっている。また、背広を着た立川談志のピンでのトークや漫談時代の明石家さんまのトークが「アメリカのスタンダップ・コミック芸」にあたることや、『ビートたけしのオールナイトニッポン』での村田英雄をからかう企画が「キャンプ・ユーモア」であることを指摘するなど、「笑いの本場」であるアメリカの芸能との比較も行っている。小林信彦 フレッシュアイペディアより)

394件中 41 - 50件表示

「立川談志」のニューストピックワード