325件中 51 - 60件表示
  • 太田 光

    太田光から見た立川談志立川談志

    立川談志以外、師匠と呼ぶ人はいない。太田光 フレッシュアイペディアより)

  • 小林信彦

    小林信彦から見た立川談志立川談志

    これらの評論は、小林のポリシーとして間接的な資料類に頼らず、「できる限り、自分自身が体験したり、自分の目で見聞きしたものから」論じられている。個人的体験から普遍性を導くという稀有な傑作となっている。また、背広を着た立川談志のピンでのトークや漫談時代の明石家さんまのトークが「アメリカのスタンダップ・コミック芸」にあたることや、「ビートたけしのオールナイトニッポン」での村田英雄をからかう企画が「キャンプ・ユーモア」であることを指摘するなど、「笑いの本場」であるアメリカの芸能との比較も行っている。小林信彦 フレッシュアイペディアより)

  • おぎやはぎ

    おぎやはぎから見た立川談志立川談志

    結成6年目に第1回大会決勝進出(関東組では唯一の決勝進出)したが、新ネタ(「歌手になりたい」というネタ)を本番でやってしまう(矢作曰く「魔が差した」)。審査員は皆キョトンとした表情を浮かべていた。結局、全10組中ダントツで最下位(540 / 1000点 、9位DonDokoDonは614点)と言う悲惨な結果となった。大阪の一般審査員からは(9 / 100点)と一桁得点。札幌(22/ 100点)、福岡(12/ 100点)でも圧倒的に低い点しか取れなかった。会場には客の悲鳴が響き、本人たちもその評価の低さに微妙な失笑の表情を晒すこととなった。DonDokoDonも大阪の一般審査では18点の低評価を受けた。仮に一般審査がなければおぎやはぎ9位(497 / 700点)、DonDokoDon8位(520点)で、最下位はチュートリアルになっていた。この一般審査に関しては、“関東芸人”を不当に低く評価したとして公平性を疑問視する声が出たため、翌年から一般審査員制度は廃止された。第2回大会決勝では第4位と健闘し、審査員の立川談志に絶賛された(詳しくは後述)。おぎやはぎ フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (5代目)

    三遊亭圓楽 (5代目)から見た立川談志立川談志

    若い頃は「星の王子さま」の愛称で親しまれ、端整な顔立ちと博識振りで1960年代の演芸ブームの際脚光を浴びた。7代目立川談志、3代目古今亭志ん朝、5代目春風亭柳朝(柳朝没後は8代目橘家圓蔵)と共に「四天王」と呼ばれた。出囃子は『元禄花見踊』。三遊亭圓楽 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 林家彦六

    林家彦六から見た立川談志立川談志

    若い頃は、学があり理屈っぽいことから噺家仲間から「インテリ」「新人」(学生運動団体の新人会から)と呼ばれ、「菜ッ葉服(労働服)をきて共産党とつきあっている」と陰口を叩かれた。実際に日本共産党の熱烈な支持者として知られるが、イデオロギーに共感した訳ではなく、本人談によれば「あたしゃ判官贔屓」あるいは「共産党は書生っぽいから好きなんですよ。」との事である。自身が贔屓にしている共産党金子満広などに、参院議員時代の7代目立川談志が侮辱的な野次を飛ばして辞職後も場外で続けていた事を快く思っておらず、会えばしょっちゅう喧嘩になっていたという、いかにも通称「トンガリ」らしいエピソードがある。その一方で談志については、「自殺するのではないか」という危惧を親しい知人にしばしば漏らしていた。なお、談志本人も自殺願望があったことを後に認めている。詳細は立川談志の項を参照。林家彦六 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡克由

    松岡克由から見た立川談志立川談志

    松岡克由 フレッシュアイペディアより)

  • 赤めだか

    赤めだかから見た立川談志立川談志

    物語は1984年に高校中退そして7代目立川談志に入門してから、1997年の国立演芸場で開かれた第6回真打トライアルそして真打昇進までの苦難と葛藤を描く。赤めだか フレッシュアイペディアより)

  • かぼちゃ屋

    かぼちゃ屋から見た立川談志立川談志

    元々は『みかん屋』という上方落語の演目で、大正初年に4代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。主な演者として、5代目柳家小さんや7代目立川談志などがいる。かぼちゃ屋 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小蝠

    柳家小蝠から見た立川談志立川談志

    1994年5月 - 7代目立川談志に入門し「志っ平」。柳家小蝠 フレッシュアイペディアより)

  • 桂春若

    桂春若から見た立川談志立川談志

    岸和田市立産業高等学校を卒業。子供の頃は笑点のファンで特に司会者の立川談志大ファンであった。偶然にも大阪で公開収録が行なわれるとのことで観覧し楽屋で弟子入り志願しようと待ち伏せしたがすでに談志が次の仕事で楽屋を後にしていたため出会えず、結局弟子入りは叶わなかった。その日演芸コーナーを勤めたのが漫才師の海原お浜・小浜と3代目桂春団治であった。桂春若 フレッシュアイペディアより)

325件中 51 - 60件表示

「立川談志」のニューストピックワード