394件中 71 - 80件表示
  • 植木光教

    植木光教から見た立川談志立川談志

    1974年、三木内閣にて総理府総務長官、および、沖縄開発庁長官として入閣。長官在任中には、植木の下で沖縄開発政務次官を務める立川談志こと松岡克由が沖縄国際海洋博覧会視察などで舌禍事件を起こし、わずか1か月強で政務次官を辞任するという騒動が起きた。その後、1976年の内閣改造にともない、総理府総務長官と沖縄開発庁長官を退任した。植木光教 フレッシュアイペディアより)

  • 王子の狐

    王子の狐から見た立川談志立川談志

    主な演者に8代目春風亭柳枝、10代目金原亭馬生、7代目立川談志などがいる。王子の狐 フレッシュアイペディアより)

  • 持参金 (落語)

    持参金 (落語)から見た立川談志立川談志

    三代目桂米朝は初代桂南天から教わった。後に米朝から教わった立川談志が東京に移した。持参金 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • しの字嫌い

    しの字嫌いから見た立川談志立川談志

    主な演者に東京の10代目金原亭馬生、7代目立川談志、柳家三三、上方の4代目桂文我などがいる。しの字嫌い フレッシュアイペディアより)

  • 鼠穴

    鼠穴から見た立川談志立川談志

    上方落語から3代目三遊亭圓馬を経て東京の6代目三遊亭圓生へ伝わった。6代目三遊亭圓生が再構成した上に、1953年末に第4次落語研究会で口演して高い評価を得た。 近年では7代目立川談志が得意とし、他にも10代目柳家小三治や上方の4代目桂福團治等が演じる。鼠穴 フレッシュアイペディアより)

  • 快楽亭ブラック

    快楽亭ブラックから見た立川談志立川談志

    当代は先代ブラックの門下ではなく、立川談志の門下である(入門当時は立川ワシントンを名乗り、その後17回の改名を経て現在の名前になった)。したがって先代ブラックの師弟関係および門流ではない。快楽亭ブラック フレッシュアイペディアより)

  • 天国のスタア

    天国のスタアから見た立川談志立川談志

    墓碑銘2011:宮尾すすむ、原田芳雄、松田直樹、立川談志、湯木博恵(バドミントン選手、新沼謙治の妻)、日吉ミミ、長門裕之天国のスタア フレッシュアイペディアより)

  • 木村松太郎

    木村松太郎から見た立川談志立川談志

    挽物師の息子に生まれ、小学校3年を修了すると日本橋の雑貨商に奉公し、使いの行き帰りに聞こえてきた吉田奈良丸や桃中軒雲右衛門のレコードの声を聞き、浪曲に惹き込まれる。1913年(大正2年)、15歳の時に初代木村重松に弟子入りし「咲松」から大正7年に「松太郎」。大正9年に兵役に服し、2年で除隊。1924年(大正13年)に新宿末廣亭で看板披露。新内・清元を駆使した関東節で寄席での人気を集め、「芝浜の皮財布」「国定忠治」「子はかすがい」などを得意とした。端物は「鼠小僧」「祐天吉松」「小政」「国定」「小猿七之助」。重松節を小味にして、適当に関西節を加え、小さいがまとまった行儀のいい芸であった。他に得意は師匠ゆずりの「慶安太平記」「豊川利生記」に金襖では「太閤記槍試合」「義士楠屋勢揃い」。1965年(昭和40年)、浪曲生活50年を区切りに引退していた。が5年後、立川談志の願いを聞いて三味線無しの浪曲漫談を目黒演芸場で演じたところ、それを聞きつけた昔のファンが「松太郎を奇行会(聴こうかい)」を結成、76歳で舞台復帰。1984年(昭和59年)まで関西の広沢瓢右衛門と二人会を開いていた(木馬亭など)。門下に、教師から近年復帰し、現在唯一の木村派となった木村勝千代。木村松太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭金馬 (2代目)

    三遊亭金馬 (2代目)から見た立川談志立川談志

    金駒(後の5代目立川談志、柳家金太夫、恒川駒吉)三遊亭金馬 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • テレビをほめるYESTV

    テレビをほめるYESTVから見た談志立川談志

    坂口恭平は談志の生まれ変わり?水道橋博士が熱弁テレビをほめるYESTV フレッシュアイペディアより)

394件中 71 - 80件表示

「立川談志」のニューストピックワード