394件中 81 - 90件表示
  • アニメージュTV

    アニメージュTVから見た立川談志立川談志

    題字は、第1回に出演した立川談志アニメージュTV フレッシュアイペディアより)

  • 談志の遺言

    談志の遺言から見た立川談志立川談志

    立川談志がひとりで以下のコーナーごとに話す番組。コーナーの間などには外山惠理のナレーションが入るが、外山と立川が直接話すことはなかった。2005年最後の放送では、8代目橘家圓蔵が出演し、放送禁止用語の乱れ飛ぶ絶品のコンビネーションを披露した。談志の遺言 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金餅

    黄金餅から見た立川談志立川談志

    5代目古今亭志ん生、7代目立川談志が得意としたことで知られる。黄金餅 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本知子

    坂本知子から見た立川談志立川談志

    2004年7月の参議院議員通常選挙時の談志・陳平の言いたい放題の選挙用特別番組では立川談志・野末陳平とパーソナリティを務める。坂本知子 フレッシュアイペディアより)

  • の・ようなもの

    の・ようなものから見た立川談志立川談志

    ある日、女子高校の落語研究会を指導するはめになった志ん魚は、その中の一人・由美(麻生えりか)を好きになる。エリザベスに相談するものの、どちらの関係も絶ちがたく二股交際を始める志ん魚であった。由美とのデートの帰り、由美の実家へ立ち寄った志ん魚は両親を紹介され古典落語『二十四孝』を披露する。しかし、由美の父(芹沢博文)から「なってないねぇ。どうやって生活しているの?」と心配され、古今亭志ん朝や立川談志と比較された挙句、由美からも「下手」と駄目を押される始末。失意の志ん魚は家を出るが終電は既に無く、堀切駅から浅草へ向けて歩き出す。深夜の下町を「道中づけ」しながら歩き続け、浅草へ到着したとき夜は明け心配してスクーターで駆けつけた由美が待っていた。の・ようなもの フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓福

    三遊亭圓福から見た立川談志立川談志

    先代 三遊亭圓福(1889年 - 1961年12月1日) - 戦前、戦中、戦後と寄席の色物「百面相」をやった。師匠改名順不明。立川談志が著書『談志楽屋噺』で紹介している「橘ノ圓福」は同一人物と思われる。本名は矢島光造。寄席で仕事中に脳溢血のため急逝。この時、楽屋に入って来た某真打から「まだ死なねェのか」とまで言われたという(『楽屋噺』より)。三遊亭圓福 フレッシュアイペディアより)

  • 立川小談志

    立川小談志から見た立川談志立川談志

    2002年6月 - 破門騒動により前座が一人しかいないという事態に対し、立川談志の判断により、立川流一門共有前座という形で復帰。立川談一と改名する。立川小談志 フレッシュアイペディアより)

  • ひょうきんスター誕生

    ひょうきんスター誕生から見た立川談志立川談志

    藤本義一(キッチュ)、立川談志(渡辺正行)、寺内貫太郎(ウガンダ)、谷村新司(島崎俊郎)、松田優作(島田紳助)ひょうきんスター誕生 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡ゆみこ

    松岡ゆみこから見た立川談志立川談志

    立川談志の長女である。“女談志”とも言われている。またデビュー当時は「女たけし」とマスコミに書き立てられ、それを聞いたビートたけしはラジオで「何が女たけしだ!俺が女になってどーする!」と発言した。松岡ゆみこ フレッシュアイペディアより)

  • 立川文都

    立川文都から見た立川談志立川談志

    1984年2月 - 7代目立川談志に入門。関西出身に因んで「立川関西」と名乗る。立川文都 フレッシュアイペディアより)

394件中 81 - 90件表示

「立川談志」のニューストピックワード