325件中 81 - 90件表示
  • 柳家小ゑん

    柳家小ゑんから見た立川談志立川談志

    後の7代目立川談志。二つ目の時に名乗る。柳家小ゑん フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志 (4代目)

    立川談志 (4代目)から見た立川談志立川談志

    最初2代目桂才賀の門で才太郎といいのちに才次郎、6代目桂文治の門で文鏡から、1877年ごろに4代目立川談志となった。立川談志 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志 (6代目)

    立川談志 (6代目)から見た立川談志立川談志

    1913年に、7代目朝寝坊むらく(後の3代目三遊亭圓馬)一門で朝寝坊夢輔に改名するも、1914年、5年頃に朝寝坊のらくと改名。翌年頃に小勝一門に戻り、夢の家市兵衛となる。1917年12月に真打昇進し、6代目立川談志を襲名。立川談志 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤和歌子

    佐藤和歌子から見た談志立川談志

    「ハリウッド、浪花節、鮑が踊る談志の台所から」(『en-taxi』No.10)佐藤和歌子 フレッシュアイペディアより)

  • 立川龍志

    立川龍志から見た立川談志立川談志

    1971年4月 - 7代目立川談志に入門し「立川金志」と名乗る。立川龍志 フレッシュアイペディアより)

  • 朝寝坊のらく

    朝寝坊のらくから見た立川談志立川談志

    1983年11月に7代目立川談志に入門し「立川談々」。朝寝坊のらく フレッシュアイペディアより)

  • 落語のピン

    落語のピンから見た立川談志立川談志

    毎回立川談志の高座をメインに、中堅ならびに若手の落語家の高座をほぼノーカットで1時間半放送していた深夜番組である。ただし、談志が故意に発した放送禁止用語については音声を消して対処したことがある。収録は2本録りで、深川江戸資料館(江東区)小劇場で1回につき2週分を収録していた。談志は基本的に軽めのものと長講の2席を演じていたが、回によっては遅刻したり早退したりすることもあった。落語のピン フレッシュアイペディアより)

  • 魔夜峰央

    魔夜峰央から見た立川談志立川談志

    尊敬する人物は、当時の区分けで同じ選挙区だった田中角栄。また、落語家では古今亭志ん生と立川談志を挙げている。作中にも落語ネタが随所に出てくる。魔夜峰央 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志 (3代目)

    立川談志 (3代目)から見た立川談志立川談志

    三宅長兵衛という武士の息子で岩太郎といった。後に寅吉と改め町人となって摺者師になったのちに噺家の群れに入り、最初初代瀧川鯉かんの門で初代?立川鯉生から3代目談笑、入船扇蔵、鱗馬、和九丸などを経て3代目談志を相続した。立川談志 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 談志・陳平の言いたい放だい

    談志・陳平の言いたい放だいから見た立川談志立川談志

    初期は立川談志・野末陳平・澤田隆治が出演していたが、澤田隆治が抜け、吉村作治、毒蝮三太夫、西部邁のいずれか1人が準レギュラーとして登場して時事問題を辛口批評する。番組アシスタントは、元宝塚歌劇団所属の道平陽子。2006年2月4日に立川談志が風邪で収録を休んだときは、立川談笑が出演した。また、野末陳平、毒蝮三太夫がそれぞれ入院などで休んだ時は、福田和也、松尾貴史、立川談春などが出演した。(師匠の身の回りの世話を含め)落語立川流の前座が二、三人スタジオ見学している。ゲストに立川志らく、パトリック・ハーランが来ることもあった。談志・陳平の言いたい放だい フレッシュアイペディアより)

325件中 81 - 90件表示

「立川談志」のニューストピックワード