313件中 11 - 20件表示
  • 立川談志

    立川談志から見た金正日

    自他共に認める無鉄砲なまでの冗談・いたずら好きであり、洒落か本気か分からない行動による武勇伝は極めて多い。エピソードの一つとして、リポーターやナレーション業で知られる神太郎が付き人だった時の話がある。地方興行の折、夜中に突如「トランプを買ってこい!」と無理難題を押しつけられたが、機転を利かせた神はバーへ行き、バーテンダーからトランプを調達して、談志を唸らせたという。一方で「芸人という消費文化の担い手である以上、真っ当に働くな」との趣旨で「泥棒しろ、ただし、俺の家は駄目だぞ」と弟子に発言したこともあるという。『談志・陳平の言いたい放だい』では、北朝鮮の話になると談志は必ずと言っていいほど「キム・ジョンイル、マンセー!」と叫んでいた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た爆笑問題

    2007年10月6日、爆笑問題の太田光とともに『立川談志・太田光 今夜はふたりで』に出演。番組は2008年3月30日まで続いた。以前は2005年10月6日から、ナイターオフシーズン(10月 - 3月)に放送されていた『おとなの時間割「談志の遺言」』(TBSラジオ火曜21時 - 22時)に出演していた。また過去に、文化放送で放送された『立川談志 最後のラジオ』にも出演していた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た太田光

    2007年10月6日、爆笑問題の太田光とともに『立川談志・太田光 今夜はふたりで』に出演。番組は2008年3月30日まで続いた。以前は2005年10月6日から、ナイターオフシーズン(10月 - 3月)に放送されていた『おとなの時間割「談志の遺言」』(TBSラジオ火曜21時 - 22時)に出演していた。また過去に、文化放送で放送された『立川談志 最後のラジオ』にも出演していた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た手塚治虫

    手塚治虫の熱烈なファンで親交も深かった。手塚が知人の有名人に「一言出演」を依頼したアニメ映画『千夜一夜物語』にモブキャラの声優として友情出演し、立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た落語立川流

    7代目(ただし自称5代目)立川 談志(たてかわ だんし、1936年〈昭和11年〉1月2日 - 2011年〈平成23年〉11月21日)は、東京府小石川区(現:東京都文京区)出身の落語家。落語立川流家元。本名、松岡 克由(まつおか かつよし)。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た柳家小さん (5代目)

    1952年、東京中学校卒業。先輩に安藤鶴夫、牧伸二がいる。同年4月、東都高等学校を中退後、16歳で5代目柳家小さんに入門。本名の「克由」の一字を取って、柳家小よしと名乗る。1954年3月、二つ目昇進し柳家小ゑんに改名。寄席のほかに日劇ミュージックホールや新宿松竹文化演芸場にも定期的に出演し、コントや漫談も披露。スタンダップコメディを演じる際には赤シャツにジーパン姿がトレードマークだった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た講談社

    『酔人・田辺茂一伝』(講談社、1994年) ISBN 978-4062068512立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た東京メトロポリタンテレビジョン

    2004年、TOKYO MXにて、野末陳平とともにトークバラエティ番組『談志・陳平の言いたい放だい』を開始。番組は2008年まで続いた。同番組は2007年6月からYouTubeでも公式に視聴することが可能となっている。同番組の共演者である吉村作治との交流が深まったためか、吉村が学長を務めるサイバー大学では客員教授を務めた。受け持ち科目は共通科目の「落語と文化・文明論」であった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た橘家圓蔵 (8代目)

    自ら落語立川流を主宰し、「家元」を名乗る。出囃子は「あの町この町」「木賊刈」(とくさがり)。5代目三遊亭圓楽、3代目古今亭志ん朝、5代目春風亭柳朝(柳朝没後は8代目橘家圓蔵)と共に「江戸落語若手四天王」と呼ばれた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た桂米朝 (3代目)

    談志の死去を受けて、11月23日、8代目橘家圓蔵と林家木久扇が日本テレビのニュース番組『news every.』に生出演し、談志との想い出を語った。また、日本テレビ『金曜夜席』当時からの友人である桂歌丸、上方落語界長老の3代目桂米朝も逝去を悼むコメントを発表した。弟弟子で落語協会会長の柳家小三治は「とんでもない人物だった。今でも兄弟弟子という思いは強い」と語り、兄弟子の死を悼んだ。また、談志に憧れて落語家の道を志した上方落語協会会長の桂三枝(現:6代桂文枝)も談志の訃報が公表された日の緊急会見で「嘘であって欲しいと思いました」と泣き崩れながら談志を偲んだ。立川談志 フレッシュアイペディアより)

313件中 11 - 20件表示

「立川談志」のニューストピックワード

  • 春日八郎・村田英雄 男の絆 昭和の名曲と苦悩から栄光 その素顔

  • 助けられたいって思った時、そう思ってやろうって

  • お願い!ランキング