284件中 31 - 40件表示
  • 立川談志

    立川談志から見た牧伸二牧 伸二

    1952年 - 東京中学卒業。先輩に安藤鶴夫、牧伸二がいる。 立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た吉村作治

    2007年7月29日21時00分 - 25時00分にTOKYO MXで放送された参議院選挙の開票特別番組に出演した際、野末陳平や吉村作治と選挙について討論したのだが、他の解説者の話が長かったため途中で帰ってしまった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た石原慎太郎

    三木内閣時代の1975年12月には沖縄開発政務次官に就任するが、就任時の会見で議員の選挙資金について「子供の面倒を親分が見るのは当然」と発言したことが問題化。さらに政務次官初仕事である沖縄海洋博視察では二日酔いのまま記者会見に臨み、地元沖縄メディアの記者から「あなたは公務と酒とどちらが大切なんだ」と咎められる。これに対して「酒に決まってんだろ」と言ったことがさらに問題となる。弁明を行うはずの参議院決算委員会を寄席を理由に欠席するに至って、自民党内部からも反発が起こり辞任。在任期間は僅か36日であった。談志自身は、議員になったのは兼職をしてもいいと言われたからであり、自分は大衆との接点を持ち続けるのが信条だとして自民党を離党した。なおこの問題の時、親交がある石原慎太郎から「謝罪したらどうだ」と説得されたが拒絶した。参議院議員2期目を目指して、全国区から東京地方区への鞍替え出馬を予定していたが、直前で出馬を取りやめ、議員活動は参議院議員1期6年だけで終わった。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た筑紫哲也

    2007年に入ってからテレビで再びコメントを求められるようになり『筑紫哲也NEWS23』に出演、「私の多事争論」で病欠の筑紫哲也をサポートして見せ、『情報プレゼンター とくダネ!』では直接ではないものの5代目柳家小さんの孫・柳家花緑と共演している(花緑の受け持ちコーナー「温故知人〜天国からのメッセージ」で生前親交のあった横山ノックを取り上げた際ゆかり人物としてVTR出演)。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見たおぎやはぎおぎやはぎ

    『M-1グランプリ』第2回大会にてテツandトモに対して、彼らがいわゆる音曲漫才であり正統派のしゃべくり漫才ではないことや、既にお笑い芸人としての十分な実力や地位を確立していることから、「若手」の漫才ナンバーワンを争うM-1という舞台は、もはや彼らには相応しくないとの理由から「もういいよ。ここはお前らの来るところじゃない」と発言している。優勝したますだおかだに賞金を渡す役を負った際、「(優勝は)もらった、と思ったはずだぜ。思わなきゃ芸人じゃねぇよな。したたかだったよ…褒めてやる!」と評価をした。また、おぎやはぎに関しては、「いいよ。凄くいい。リーガル千太・万吉を彷彿とさせる」と絶賛した。矢作の「ちょっとリーガル千太・万吉さんを知らないんですけど」の言葉に「縁があったらね、やってあげますよ」と答えている。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た太田光太田 光

    2007年10月6日から2008年3月30日まで、爆笑問題の太田光とともに『立川談志・太田光 今夜はふたりで』に出演。以前は2005年10月6日から、ナイターオフシーズン(10月 - 3月)に放送されていた『おとなの時間割「談志の遺言」』(TBSラジオ火曜21時 - 22時)に出演していた。また過去に、文化放送で放送された『立川談志 最後のラジオ』にも出演していた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た桂枝雀 (2代目)

    2代目桂枝雀の「笑いは緊張の緩和」であるとの主張(「緊緩理論」)を支持していたが、当の枝雀の芸に対しては「好きになれない」と低い評価をしていた。しかし晩年それは誤りだったとし、さらに「自分の提唱したイリュージョンを枝雀はやっている。枝雀は米朝(枝雀の師匠)そっくりにできて、次の米朝になれて、それが嫌ならイリュージョンもできたのに・・・。」と語った。 さらに、志ん朝の死後「(志ん朝は)さっさと死にやがって、俺は死にたくても死ねないのに…。志ん朝と言い、枝雀と言い、俺がライバルと思ったやつはみんな先に死んでしまう。死なれちゃあ、勝てないじゃないか」と彼独特の表現でその死を悼んでいる(枝雀の死因は自殺と言われる。参照:桂枝雀 (2代目))。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た林家彦六

    政治的には保守寄りである。在任中は共産党議員への野次に力を入れていたことにより、共産党支持者の8代目林家正蔵(後の林家彦六)(ただし、共産党のイデオロギーに共感したわけではなく、本人は判官贔屓としている)と、野次があるたびに喧嘩をしていた模様(ただし、彦六は談志の選挙を手伝っており、また、談志も国会の決算委員会で国鉄問題の際に通勤定期を通勤のみに使い、外出など私用な目的には定期を使わずに運賃を払っている人物の例として彦六を取り上げており、議事録にも残っている(昭和51年10月28日、参議院運輸委員会会議録7号29頁))。政界を退いた後も自民党を中心とする保守系政治家との親交が深い。保守系議員の選挙応援などにもしばしば動いている。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た三遊亭圓生 (6代目)

    1978年 - 6代目三遊亭圓生ら三遊派が落語協会脱退。落語協会分裂騒動となる。この脱退については諸説あり、落語史としても今なお、不透明の部分の多い歴史でもある。談志と5代目圓楽を黒幕とする説が多い(5代目圓楽は著書で新協会設立の話を圓生に持ちかけたのは談志であると述べている。また、志ん朝の香盤を下げるために仕組んだとする見方もある)。しかし、反響の大きさに慌てている談志の姿も目撃されてもいる。また、参加しないと思われていた志ん朝が参加してしまったため、慌てて参加を取りやめたとも言われる。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た古今亭志ん朝

    自ら落語立川流を主宰し、「家元」を名乗る。出囃子は『木賊刈』(とくさがり)。5代目三遊亭圓楽、3代目古今亭志ん朝、5代目春風亭柳朝(柳朝死去後は8代目橘家圓蔵)と共に『江戸落語四天王』と呼ばれた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

284件中 31 - 40件表示

「立川談志」のニューストピックワード