284件中 51 - 60件表示
  • 立川談志

    立川談志から見たサイバー大学

    政治家として参議院議員を1期、沖縄開発庁の政務次官を36日間務めた。元サイバー大学客員教授。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見たM-1グランプリ

    もともと大阪勢の芸風と肌が合わず、上述の通り吉本興業に対しては辛辣な面がある。しかしながら、『M-1グランプリ』(朝日放送系列)の第2回大会の審査員も務めている。『M-1グランプリ』での評価の仕方ははっきりしており、秀作には80点、良作には70点、駄作には50点の三段階で採点していた。吉本興業の芸人やタレントに対しては、評価されている人物、批判されている人物、様々である。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た亜紀書房

    落語口演の活字化のほか、落語に関するエッセイ的な考察を多数著している。談志襲名後間もない時期に著した『現代落語論』が代表作と言われるが、「落語」を分析した有名な言葉「落語は業の肯定」はその後の『あなたも落語家になれる』の冒頭の一節である。修業時代から生に接した有名無名の寄席芸人・俳優・歌手・ストリッパーなどの系譜に非常に詳しく、『談志楽屋噺』など芸能史を語る貴重な回想録もある。なお、2012年7月24日、著書の集大成となる、最後の書き下ろし自伝『立川談志自伝 狂気ありて』が亜紀書房より発刊された。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見たTBSラジオ&コミュニケーションズ

    2007年10月6日から2008年3月30日まで、爆笑問題の太田光とともに『立川談志・太田光 今夜はふたりで』に出演。以前は2005年10月6日から、ナイターオフシーズン(10月 - 3月)に放送されていた『おとなの時間割「談志の遺言」』(TBSラジオ火曜21時 - 22時)に出演していた。また過去に、文化放送で放送された『立川談志 最後のラジオ』にも出演していた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見たNHKラジオ第1放送

    2005年4月から、NHKラジオ第1放送で、ラジオ創世記の名番組のリメイク『新・話の泉』(『おしゃべりクイズ疑問の館』の枠で月一回放送)のレギュラーを毒蝮三太夫、山藤章二、松尾貴史、その他ゲストとともに務めた。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た立川談志 (6代目)

    6代目立川談志 - 得意な演目から「反対俥の談志」「俥屋の談志」。性格の良さから「お結構の談志」。5代目三升家小勝の門下。本名、竹内 栄次郎。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た立川談志 (4代目)

    4代目立川談志 - 「釜堀りの談志」。江戸2代目桂才賀の門下。本名、中森 定吉。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た三遊亭小圓遊

    歌:立川談志&笑点グループ(石井伊吉、5代目三遊亭圓楽、桂歌丸、柳亭小痴楽、三遊亭金遊、林家こん平)立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た金原亭伯楽

    川柳川柳の著書によると、談志は脱退した三遊派で構成される『三遊協会』の次期会長は自分だと思い込んでおり、圓生に確認したところ、「次は志ん朝だ」と答えられたため、思惑が外れて計画から手を退いたとある。金原亭伯楽の著書にも同内容のことが書かれている。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た笑福亭松鶴 (6代目)

    上方落語に関しては、もともとはそれほど造詣が深くなく、評価もしていなかったが、若手の頃、志ん朝と仕事で来阪した際に、空き時間にたまたま6代目笑福亭松鶴の「らくだ」を聞いて、2人とも打ちのめされるほど感動し、評価を一変させた。5代目桂文枝を好きな上方噺家の1人として挙げている。立川談志 フレッシュアイペディアより)

284件中 51 - 60件表示

「立川談志」のニューストピックワード